陽 気 村

フィーリングを楽しんじゃおうっと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『生きる勉強』

2011-03-25 | 仏教

  『 生きる勉強 』

                     アルボムッレ・スマナサーラ

                香山 リカ 

 

   スマナサーラ長老と精神科医 香山リカさんとの対談です。

「こんなはずじゃなかった」「私はこんなことをしている人間ではないはずだ」とか

「何をしたいのかわからない」「打ち込めるものがない」という問いに長老は答えます。

大事なのは「今の瞬間」なんですよ。「今をしっかり生きよう」と。

     

スマナサーラ 私だけにしかできないこととか、死んだときに多くの人に泣いて惜しまれたいというのは、結局はすっごいエゴでしょ?

香山 まあ、そうです。

スマナサーラ つまりは「エゴ」っていうのはどれほど人を破壊するのかということですね。そういう人々はエゴをなくさなきゃいけない。巨大な、妄想的なエゴをもっていて、何ひとつやらない。結果はゼロ。水一杯もろくに飲めない。テレビ番組ひとつもろくに観られない。新聞・雑誌・漫画も読めない。外に行っても、たとえば花が咲いているのに、それを見て「ああ、きれいだな」という感じが出てこない。おもしろくすればなんでも世界がおもしろいんですよ。ところがうつなどで精神科へ相談に来て「こんなはずじゃなかった」「替えのきかない人になりたい」とか言うのはね、あまりにもエゴというすごい妄想で、恐ろしいことになっている。現代の知識ではエゴはそれほど大きい問題とはみていないかもしれませんけど、仏教からみればエゴはとんでもない病気だとします。ものすごく恐ろしい病気です。すべて失いますからね。

香山 すべて失うのと反対の「よく生きる」というのが、「今、この瞬間を生きる」ということになりますよね。長老がおっしゃる「今、この瞬間を生きる」というのは、エゴという恐ろしい病気への有効な対処法だということですか?


スマナサーラ 狙いはあります。「今、この瞬間」に集中すると、※渇愛が働くだけの時間的余裕がなくなるんですね。渇愛が働きだすまでには長ーい計画が必要ですから、その時間がなければ栄養失調状態で渇愛は働きません。だからテレビを観ることでもいいんですよ。「今、忙しい」と、目の前のこと自体で満足していれば。それに充実感を感じて、脳がいろいろなエネルギーを出してくれる。そうなれば「あえて楽しもう」とか「退屈だ」とか思う暇もなくなるんです。

香山 ああ、なるほど。脳が忙しくしていると。

スマナサーラ 脳には「充実感」というフィードバックが栄養なんです。「楽しみ」も必要なフィードバックですけど、そこにはちょっと注意が必要なんです。楽しければなんでもいいというものじゃないんです。パチンコ中毒でいいわけじゃない。楽しみには正しいものも、よくない危険なものもあります。そこにちょっと学ばなくちゃいけないんです。

香山 その充実感というのは、正しい楽しみ、つまり限度を越えると中毒になるような楽しみではなくて、好きだったり興味をもてる何かをやることですか?

スマナサーラ いえ、もっと単純に「しっかり行う」ことですね。別に充実感を狙って頑張るわけじゃないですから。歯を磨くのもきちっと意識を集中して行う。テレビを観たり漫画を読むのも、きちっと集中して観たり読んだりする。誰かの話を聞く場面ではしっかり聞く。そういう・・・・・瞬間、瞬間。どうせ死ぬまで生きているんだから、瞬間、瞬間を無駄にしないで生きましょう、というだけのことなんです。

 

*「渇愛」には3種類あります。ひとつは五感から刺激を受けること。食べたり、映画を観たり、結婚して家族をつくったりして楽しむ世界。で、そのために生きてみるということ。二番目は存在欲です。とにかく生きていきたい、死にたくない。というね。三番目は破壊欲なんです。殺してしまいたい、という。ひとつの言葉で三面です。三面のプリズムみたいなものなんですね。渾然一体で、同じものの三つある側面がかわるがわる現れる。立体の三角錐みたいなもの。

 

   「 今ここで 」 生きる勉強ですね。

 

                            

         最後まで読んでくださって ありがとう 

                               つながっているすべての人に ありがとう 

 

                            

コメント

『こだまでしょうか』

2011-03-21 | Weblog

    こんばんワニ!!

            「あいさつの魔法」と放送されているTVCMに

    「こだまでしょうか」があります。

    見ていると  しだいに

    子供の頃 を 思い出します。

    誰にでも ある シンプルな世界

    いつの間にか

    屈折させて難しくしてしまっていたかもしれませんね。

   

         

             

  

   『東日本大震災に関して』 チャネリングによる

   エクトンからのメッセージを スピリチュアルTVで見ることができま

   す。(1h21m) 

   興味ある方はどうぞ  ハートがあったかくなりますよ! 

       http://www.stickam.jp/video/180770776

   

          震災の影響は、色々とでていますが 

             一人一人が一日も早く元気になりますように                         

          

            

          最後までお読みくださって ありがとう 

          つながっているすべての人に ありがとう 

 

 

 

コメント

『ありのままの自分を生きる』

2011-03-17 | スピリチュアル

『ありのままの自分を生きる』

             ニール・ドナルド・ウォルシュ 

          編・訳Nana&Joe  

 

  友達が貸してくれた3冊の中のライフレッスンシリーズ③からです。このシリーズは、ニール氏の1999年にカリフォルニアであったセミナーを基調に翻訳されていますよ。

  

今日の社会で、いや人類の歴史の始まりからずっと、本当の自分の素晴らしさのすべてを生きることは、とても難しい。

なぜなら、人々は「恐れ」にとらわれているからだ。それぞれレベルの違いはあったとしても、たいていの人間がなんらかの「恐れ」によってうごかされている。

対話のなかで神は、すべての考え、言葉、行動-----私たちが思い、言い、行うことは、『愛』か『恐れ』のどちらかから発していると言っている。

そしてほとんどの人間の多大なる時間は『恐れ』に支配され、彼らの考え、言葉、行動は『恐れ』によって創造されていると。

だから『恐れ』から抜け出すことは、自分の全体を生きるための重要なステップのひとつだ。

FEAR(恐れ)とは、“False Evidence Appearing Real”(偽りの証拠が本物のごとく現れる)の頭文字だ。

しかし、こうとも言える。

“Feeling Excited and Ready”(ワクワクする興奮と次のレベルへ進むための準備が整ったという感覚) 

「ニール、『恐れ』を『冒険』とよんでごらん」すてきな言い方だと思わないかい? 

 

これは、ひとりの偉大なマスターが教えてくれた心に残る言葉だ。

  様々な情報が錯綜しています。

 不安、心配な気持ちを起こさせます。そこには、ある種のパターンがあります。

 自分の中にあるつながりをみてみることも大事なことですね。

         

           最後までお読みくださって ありがとう 

              つながっているすべての人に ありがとう 

 

 

                                     

コメント

『考えない練習』

2011-03-03 | 仏教

『 考えない練習 』

                  小池龍之介 著 

 

   丁寧に生きることで得られる かすかな世界に気づかせてくれますよ。

  

  「さあ頑張ろう」と決めたはずが、心が勝手に「でも失敗したら嫌だしメンドクサイからやーめた」と考えてしまったり。忘れたい出来事を心が勝手に「ああ、今日は嫌な一日だったなあ」と何度も考えてしまったり。あるいは10分休憩するつもりが、心が勝手に「このまま一時間さぼちゃおうかな」と考え始めたり。

 

こうして並べてみるだけでも、いかに私たちの意識が行う思考というものが不自由で、私たち自身の足を引っ張るものであるかがわかることでしょう。考えに邪魔されて、思い通りに生きられなくなるのです。

 

裏を返しますと、心の内で勝手にピコピコと動き続けて私たちを支配する「思考」さえストップできるようになると、自らの心を思った通りに操縦しやすくなります。

 

 
 外だけに向けてきた思い通りの世界

   でも、内側にもその世界は  ある なんて

   おもしろいですね!!

 

 

   

              最後まで読んでくださって ありがとう 

                               つながっているすべての人に ありがとう 

 

                            

 

  

 

コメント