陽 気 村

フィーリングを楽しんじゃおうっと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

CD『 bivouac 』

2010-11-21 | 音楽

ジャケットイメージ    CD 『  bivouac  』

                   the Indigo 演奏 

 

 the Indigo の4年ぶりになるNEWアルバムです。

今年は、ユニット結成10周年になります。10周年記念アルバムといったところでしょうか。

ビバークとは 登山用語で 休憩を意味するんだとか。

カルは田岡美樹さんの声質が気に入っています。とてもソフトです。

市川祐一さんのギターのカッテイングも はぎれがいい。

はじめて聞く曲でも、前にどこかで聞いたことがあるような感じがしますよ。

今回は 特に5曲目の 「いつの日かまた」がなつかしく感じました。

8曲目は、なんとMJのカバー曲です。

       

  1. One Love         
  2. 君のメロディ       
  3. ビバーク          
  4. 青くきらめく         
  5. いつの日かまた  
  6. おかえり
  7. Morning Sun
  8. Rock With You ~the Indigo Edit~
    the Indigo & REAL

    

    

 

 <Best of the Indigo から マスターミュージック

 

 

  <Feel  like makin love >

 

 

          

       最後までお読みくださいまして ありがとう 

                              つながっているすべての人に ありがとう 

                     

 

 

 

コメント

『神との対話』

2010-11-20 | スピリチュアル
  DVD『 神との対話 』

                    原作 ニール・ドナルド・ウオルッシュ 

 

   ニール氏が『神との対話』するまでのご本人の体験映画です。

ある日突然、交通事故に会い失業してしまいます。やがて家から離れ、ホームレスの生活をします。

「生きていくこと」

「分け合うこと」 

なんだか当たり前のようなことが この映画の中では輝いています。

二人の自分とともに歩くシーンにも 涙 してしまいました~  

 

他人にどう思われるかではなく

自分が自分をどう見るか

それが大切なのです

 

お前のルールを作り

指標を作るのはお前自身だ

 

簡単な質問に答えるがよい

「今 愛は何をするのか?」

 

期待ばかりせず

特定の結果ばかりを求めない

それが自由だ

         (映画の中から)

 

 

 

 

    自分を大切にね

                           
             

         最後まで読んでくださって ありがとう 

                               つながっているすべての人に ありがとう 

 

                            

コメント

『プンダリーカ』

2010-11-12 | スピリチュアル
『 プンダリーカ 』

                  浅野 佳枝 著 

 

   友達に誘われて旅した場所で、過去を言い当てる不思議なおじさんに出会います。そのおじさんは誰にも言えずに胸に秘めていた秘密を知っていました。そして、この偶然の出会いからミソギを体験し、やがて自分から進んでミソギすることになります。本当の自分自身に出会う旅の始まりです。

  

  過ぎ去った過去の

  奴隷にならずに、

  浄化の海に飛び込んで

  深く潜り込み、

  どこまでも泳いでゆけ。

  そして、

  自らを尊び、

  新しいパワーを身につけ、

  人生を新たなる高き視野から見直し、

  それがなぜ、

  そのようであったかを知って、

  戻ってくるがよい。

             ------エマーソン

 

「プンダリーカ」とは、サンスクリットで蓮華を意味します。 

 

私は正月明けに、友達と連れ立って初詣に行った日のことを、おじさんに話した。

その神社は奈良の奥深い山の中にあり、境内まで行くのにかなり急峻な山道を登って行かなければならなかった。たくさん歩いたにもかかわらず、どうしたわけか私はまったく疲れなかった。いきいきとした樹木のエネルギーに触れて、むしろ元気になってしまったくらいだった。それでその時に理解したのは、おじさんとめもちゃんが山で気取りするのって、こういうことかもしれないなぁ、ということだった。
「山には気があふれているっていうのが、その参拝を通して分かりました。以前、おじさんやめもちゃんが、気取りで山に満ちた気をいただくっておっしゃっていましたが、確かにそうだなぁ、自然界から気はたくさんもらえるなぁと思ったんです。


それで、神社に行くと、必ず手水舎(ちょうずや)で、手を洗って、口をすすぐじゃないですか?あれもひとつのミソギなんだって、このあいだ初めて知りました。そっかぁ、今まで無意識にやっていた行為だったけれど、ずっとずっと昔から日本人はこうして神様に会う前に水で身を清めていたんだなって、私は神社でミソギの原風景を見た気がしました。そう考えたら、今まで修行のイメージが強かったミソギが、とても身近なものに思えたんです。これは私にとって大きな発見でした」
そう話す私に、おじさんは黙ってうなずいた。


続いて私は、お参りのあとに友達と交わした会話を再現して話した。
それは、日本人の宗教観に関しての話だ。

「古来、日本人は木や滝、岩といった自然の中に神を見たっていうじゃないですか。
アニミズムと呼ばれるこれらの自然崇拝は、現在の宗教学では〝原始信仰〟とみなされているけれど、私はアニミズムは原始信仰などではなく、古代に生きた人々の正しい直感だと思うんです。だって、きっと彼らは今の私たちなんかよりも万物に宿る生命のもと、〝気〟を感じとる力に長けていたに違いないから。自然の中に渦巻くエネルギーを敏感に感じ取り、そしてそれを畏れ敬ったにすぎないから。
意識するしないにかかわらず、私たち日本人は古来から万物に生命は宿るということを知覚して生きてきた。


山の中を歩いていると、明らかに霊気が漂ってる場所ってありますけど、そういう場所に人は神を見たわけですよね。今では神社って形骸化しているけど、形じゃなくて、目に見えない何かを感知して、そこを神域とした。目に見えない力を感知し畏怖する能力に長けていたからこそ、古代の日本人は偶像を持たなかったんじゃないかと思うんです。

だって、神社にあるのって、あの丸い鏡だけですもん。でも、あの鏡っていうのも、すごいですよね。映っているのは、光だけ。でも、仮に覗いたら、映るのは自然であり自分である。これって、すごい真理ですよね!?」

おじさんは、私とのセッションで、初めてにこやかに微笑んだ。

「そのとおりだ。神社のあの丸い鏡は、明鏡といって、自然界を映し出すものだ。
いわば、目には見えない神様を映し出している。鏡を覗くと、映るのは自分自身とあさのは言ったが、そのとおりだ。自然界にいる自分を照らし出してくれるのが、あの鏡だ。鏡は磨かなかったら真っ黒けだ。ミ
ソギは、この明鏡と一緒なんだよ。

~中略~

ミソギは、人の心を輝かせるものなんだよ。
ミソギは心についた汚れを落とし、本来の心の働きを取り戻してくれるんだ。
さっき、あんたは手を洗って口をすすぐのもミソギだと言ったけど、日常的に顔を洗ったり歯を磨いたり手を洗ったりするのも、ミソギなんだよ。毎日顔を洗ったり風呂に入って汚れを落とし、浄化して、それで命の蘇生をはかっているんだ。わしらはそれを死ぬまでやってる。体が汚れているのに、風呂にも入らないで寝たら、気持ち悪いだろう?風呂に入ってきれいになりたいって思うだろう?ミソギは本能的に遺伝子の中に組み込まれているものだよ。だから、無意識だけれど、人間は毎日ミソギしているようなものなんだ」

面白いなぁと思った。おじさんも鎌倉の宮司さんとまったく同じことを言っている。

 

 
 普段 飲んだり 洗ったりする 水 に感謝ですね。

   

              最後まで読んでくださって ありがとう 

                               つながっているすべての人に ありがとう 

 

                            

コメント

『 紅葉Ⅱ 』

2010-11-07 | Weblog

  紅葉も終盤になりました。

     

  前回と同じ山ですよ。

  

  まだ歩いたことがないコースを登りました。

 

     

    

    落ち葉の道です。

    さくさくといい音がします。

    

    ほーら クリが落ちてます。 

    

    中はもうないで~す。

 

    

    

    見上げると 迫力あるんだなぁ~。

 

    

    

    輝いてます 

 

    

    

    今回は、ペットボトルを持ってきましたよ。

 

    

    

    名水と言われる湧き水で  コーヒータイム!!(準備いいでしょう 

    

    

    

    聞こえてくる

    沢の音

    外も  

    内も  

    静か な

    静か な

    ひととき ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

        

    コーヒー  おいしかった~  

   

           

    「 今日も あ・り・が・と・う 」

    

    

         今日も最後までお読みくださいまして ありがとう 

 

                                      つながっているすべての人に ありがとう    

 

 

コメント

『 紅葉 』

2010-11-01 | Weblog

  山に登ってきました。

     

  ここでは、紅葉はまだ少し早かったようです。

  

  風の音は晩秋ですね。

   

      

  

    毎回 どんなことが起きてくるのか

    楽しみながら登っています。

    さっそく出迎えてくれたのは 「モコモコ?」でした。

 

    

    

    ずいぶんあったかそうですよね?

    しっぽのようなものもあります。

    近づくと警戒してか「モコモコ」はカルを避けようとします。

    いがいと足が速いんです おもしろ~い。

   

    こんな色もいいよね

 

    

    

    真っ赤な手の平を 太陽に 透かしているような 

 

    

    

   つづいては何気なく撮った写真に 

   笑う葉っぱちゃんが ! 

 

   

  

  手前の紅葉した葉っぱちゃん

  なんか笑っているように見えませんか(それも美人のような)?

  ここの山は、湧き水があるところなので

  水だけを求めてくる人もいるようです。

  自然の湧き水を味わうのも いいですね~。

  今度来る時は、ペットボトルを持って紅葉(来よう)っと 

 

         

    「 今日の無事に あ・り・が・と・う 」

    

    

         今日も最後までお読みくださいまして ありがとう 

 

                                      つながっているすべての人に ありがとう    

 

 

コメント