陽 気 村

フィーリングを楽しんじゃおうっと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『幸福の探求』

2010-10-27 | 仏教
『 幸福の探求 

                        マチウ・リカール  

                           竹中ブラウン・厚子 訳 

 

 分子生物学者でありチベット仏教僧である著者。いかにも、論文って感じです。読んでいくうちにおもしろくなりますよ。内面的な「幸福」を求めている方にはおすすめです。きっと賢者の生き方に喜びを感じることでしょう。 

 

  深刻な肉体的、感情的苦痛を感じると、その苦痛の経験が心を虜にしてしまう。体が麻痺しそうな激痛を経験するとき、痛みの色や形その他に不変の特徴があるか、じっくりと考えてみるといい。苦痛だけに焦点を合わせると、それまでのピントがぼやけ始め、最終的には、苦しみの後ろ側が見えるようになる。そして、痛みや喜びの向こう側には、純粋無垢で不変の意識が存在していることに気づくだろう。このレベルに到達したら、心をゆったりとリラックスさせ、その意識の中に苦痛を休ませることができるようになる。そうなると、苦痛に消極的に服従する、惨めな犠牲者として存在することの無益さに目覚め、心が痛みで荒廃するのを拒否または保留することができる。

~中略~

ダライ・ラマの主治医であるテンジン・チャドラクは、中国政府による1959年の侵略の後に、100人ほどの同胞と共にチベット北東部の強制労働収容所に送られた。この収容所を生きて出られたのは彼を含むわずか5人だけだった。20年間、各地の収容所をたらい回しにされたが、その間、自分も飢えか拷問で死ぬだろうと覚悟していたという。同医師を診察した外傷後ストレス障害専門の精神科医は驚愕した。チャドラクには、心的外傷の兆候が見られなかったのである。恨みや怒りは微塵も感じられず、穏やかで親切心に溢れ、不安や悪夢といった通常の心的外傷患者の抱える問題がまったく示されていなかった。チャドラクは、「確かに拷問者に対して嫌悪を感じたことは時たまあった。だが、平安と思いやりの心を保つための冥福訓練を日課としていた」と述懐している。生き延びる希望をつなぎとめ、最終的に彼を救ったのは、こうした訓練に他ならない。

 


もう一つ、チベットの王女で尼僧、そして反乱軍の戦士という激しい生涯を送った、アニ・パチェンの例を紹介しよう。21年間の投獄生活を終え、ほっとしたのも束の間、またもや9カ月間独房に閉じ込められたのだった。そこは、鳥のさえずりだけが昼夜を告げる暗黒の世界だった。だが、バチェンは強調する。「幸福という言葉のもつ一般的ニュアンスの状態だったとは決して思わないが、スカの本質的側面を見失うことはなかった。心の内側を見つめ、瞑想の習慣を忘れず、精神的指導者の教えを繰り返し繰り返し思い起こした。そして、因果の法則と世の無常を熟慮し、憎しみ、貪欲、思いやりの欠如がもたらす破壊的な結果をはっきりと意識し続けた」。

 

次は、ヒマラヤを控えたブータン国のブムタン地方で20年間過ごした、生まれつき四肢のない男性の話である。40年前にチベット難民の仲間に担がれながらチベットからこの村外れのちっぽけな竹の小屋に移り住んできた。以来そこに住みつき、一度も外出したことはなく、床に敷かれたマットからもほとんど移動したことがない。彼が生存できたこと自体が驚異という他ないが、それにもまして、喜びに満ち溢れた表情には、いつも感動させられる。穏やかで素朴で優しい雰囲気はまったく変わることがなかった。友人仲間が、食料、毛布、ポータブルラジオなどを持参すると、「どうぞ構わないでください。欲しいものなどありませんから」と笑顔で告げられるのだった。
その小屋には、水や食事を携えた老若男女が、村のゴシップを土産に訪ねてくるのがお決まりだった。村人たちは、彼と一緒に過ごす時間が自分に有益だ、と考えているのである。彼の助言はいつでも役に立った。村に問題が起こると、その解決法を求めて彼を訪ねるのだった。

 

筆者の精神的指導者、ディンゴ・キェンツェ・リンポチェもその村を通過するときは必ず彼を訪問した。この障害者が師に祝福を依頼するのが常だった。しかし師は、他の村人に比べれば、祝福を必要とする問題が何もないことを熟知していた。障害者は、心の奥に幸福を発見し、何ものもそれを奪うことができないのである。

 

スカとは・・・・・ジョージ・ベルナノス[20世紀前半フランスのカトリック作家]はこう述べている。「まるで、嵐の真っ只中にあっても、静まり返っている巨大な湖の底のように、何ものもそれを変えることができない」。安らかで心地よいこうした状態にある幸福感をサンスクリット語で「スカ(安楽)」という。

 

    紅葉のピークもそろそろかな~  

                    

         

           最後までお読みくださって ありがとう 

              つながっているすべての人に ありがとう 

                                                  

コメント

『なぜ人生は、うまくいかないのか?』

2010-10-22 | 仏教
 『なぜ人生は、うまくいかないのか?

                        アルボムッレ・スマナサーラ 著  

 

 感情は1500種類もあるのだそうです。  

「私」ってなんだろう?という問いに 長老が答えます。

 

「名前」も「私」もラベルです。「名前」は自分の意志と関係なく他人が付けるラベルで、「私」は自分で自分に付けるラベルです。


ものにラベルを付けて区別する場合は、決まりがあります。「ラベルと、ラベルが示す中身は同じでなくてはならない」というルールです。ビンにワインとラベルを付けたならば、そのビンの中の液体はワイン
でなくては困ります。灯油を入れたボトルに「ワイン(赤)」とかいうラベルを貼って売るのは違法です。


しかし人の名前の場合は、いかがでしょうか?
赤ちゃんという人間も、一太郎。中年男性という人間も、一太郎。棺に入れて火葬場に運んでいる遺体も、一太郎。中身はすっかり変わっているのに、当たり前のように同じものだと誤解するのです。
「私」というラベルの場合も同じです。赤ちゃんも私、中年も私、老年も私、なのです。「私」と自分で言わないのは死体だけです。それで我々は、「私」というラベルは同じなので、断定的に中身も同じだと思い
込むのです。


しかし事実は違います。だまされています。
「私」というラベルは同じであっても、その中身は瞬間、瞬間変わっていて、別なものなのです。だから理性ある人は、中身が絶えず変わる「私」というラベルは、何の根拠もない、何も指さない架空のものだと
知るのです。


大豆は実物としてあるから、豆乳にもなるし、豆腐にもなる。おからにも、納豆にもなるのです。中身が変わるたびに、見事に名前も変わるのです。買ってきた豆腐は、3日4日で腐ってカビが生えて、生ゴミ
になります。実物だから、変化するのです。


しかし名には、実体がありません。幻覚です。「豆腐」という名称は、残念ながら変わりません。「豆腐は新鮮だ」「豆腐はしなびている」「豆腐は腐っている」と言うのです。


子供も青年も中年も老年も、「私」という名でまとめて認識する。けれどもそれは「名」であって、幻覚です。実体がない幻覚だから、変わることがありません。それでお釈迦さまは、「人の身体は朽ちていくが
、名は朽ちていかない」とおっしゃったのです。


「知る」場合、我々の立場は、「私は見る、私は聞く、私は嗅ぐ、私は味わう、私は感じる、私は考える」となります。常に主語は「私」です。その「私」は、ただのラベルで、実体がありません。「無我」です。そ
れなのに幻覚である「私」というラベルを主語にして、「知る」とか言っているのです。 

 

    音楽CDをプレイヤーで聞いていたのですが、PCに落としたら、聞く機会が減りました。同じ音楽なのにね~。ヘッドホンにしたら聞けるんですよね~。  

 

              

           最後までお読みくださって ありがとう 

              つながっているすべての人に ありがとう 

 

 

                                     

コメント

『あらたなる世界』

2010-10-15 | エッセイ
  『 あらたなる世界 』

                     MARTH 著 

                Ma Dhyan  訳 

 

    著者 MARTH 氏はダニエル・コビアルカ他のヒーリングアーティストのプロデューサーであり作曲家です。
今から十数年前のこと。愛する人が末期のガンになってしまいました。ある時、必死で助けたい思いから
彼女が聞きたい話をすることになりました。
それは 「宇宙の話」、「未知の話」、「死が存在しない」という話でした。

私たちは 今もこの瞬間も 本当は
未知なる 神秘なる はかりしれぬところにいる

からはじまります。
ポエムのような短いエッセイなのですが
読んでいくうちに
はじまりも おわりもない世界 の物語のように思えてきますよ。
本の中にある写真のようなグラフィックのような 風景にも
癒されます。



今 本当はどこなのだろう・・・・
人の名づけた地名ではなくて
人の決めた国名や地球ではなく
その当のものはどこなのだろう
それは  人が決めるだけで
永遠にどこかわからない
と ・ こ ・ ろ ・・・・・・

 


もし私達が、思考というものを身につけなかったとしたら
未知から未知への変化の旅となるといっても過言ではないでしょう
ですから、思考がない動物達と呼ぶ未知である彼らは
私が察するに、とてつもないところから
とてつもないなかに出てきて
そしてまた、違ったとてつもないなかへ戻っていく感覚を
もっているのではないかとまで察するのです
逆の言い方をすれば、私たちの、この存在のすべては
とてつもないなかから、とてつもないなかを旅している
そのようなものではないでしょうか
そしてかつ、それらの万物のすべてはひとつであり
一体であり、つながっているともいえます
それが真の科学的事実ではないでしょうか

 


名をつけることで、何か私たちはわかったような気がします
しかしながら実際は
それはいぜん未知のまま、神秘のままです
これから人類が大切にしなければならない
その名づける以前のもの
名づけてはいるけれどもその当のもの
意味づけてはいるけれどもその元のもの
真のリアリティー(現実)であるところの
神秘、未知性などであり
そしてまた、その機能を知るということも大切であり
それこそが、真の科学ではないでしょうか

 


これは個人的な体験ですが
私たちが名づけているその名称をはずし
その当のものである
未知や神秘、とてつもないもの自体をみるようにしたなら
もっといえば
私たちが名づけた、その名称を超えて
その当のものをみることができたならば
それは、とてつもなく美しいものになることでしょう

 


私達は「この世」とか、「あの世」とかいったような
言葉を使いますが
正確に言えば、それは、はかりしれないある次元と
またちょっと違った
はかりしれない別の次元であるといった違いであり
ただの次元の差だけではないかと感じてやみません


本当はどちらも少し変わった形ではあるけれども
とてつもない神秘のなかであることに変わりはないでしょう

 

         
 秋を感じるこの頃です。 山で 見つけた 栗 食べてま~す。

   神秘の世界に  
 

   

              最後まで読んでくださって ありがとう 

                               つながっているすべての人に ありがとう 

 

                            

コメント

『ナイト&デイ』

2010-10-07 | 映画



『 ナイト&デイ 』 

 監督

   ジェームズ・マンゴールド

 
原題

  KNIGHT AND DAY 』

  出演

  トム・クルーズ(国家のお尋ね者スパイ,ロン)
  
  キャメロン・ディアス(陰謀にまきこまれるジューン)
  
  他

     

 

   久しぶりの映画です。

危機的場面で毎回ロンは笑わしてくれます。

ユーモアたっぷりな上に、ラテン系の音楽が

さらにテンポよくしているような。

ノリがいいですよ。

キャメロンディアス役のジューンが

しだいに強くたくましくなっていくのも必見です。

冒頭で2人が出会った時にロンがジューンに言ったセリフが
印象に残りました。


「いつかは、危険な言葉だ。

         なぜなら永久に実現しないから・・・」


このあと2人の展開は 劇場でね!





          <Ducati Hypermotardに乗ってウィリーします>

   公式HP

        http://movies.foxjapan.com/knightandday/

    

      

           最後まで読んでくださってありがとうございます 

 

                 つながっているすべての人にありがとうございます 

 

 

 

コメント   トラックバック (1)

『大いなる存在からの教え』

2010-10-04 | スピリチュアル
  『 大いなる存在からの教え 

                    佳川   奈美 著

                              

    とても読みやすい文庫本です。

     立ち読みできますね。

     一度、読んでOKという人。

     繰り返し読む人。

     とわかれそうです。

     著者曰く、「この本は 何かを教えるものではなく

           あなたがあなたの中にあるものに気がつく

           きっかけにすぎない」と。

   

 人生の中の不本意なものに対する反応をやめる

 

たとえば、何かのピンチに立たされなくても、人は日常の中でも、
「なぜ、いま、こうなってしまったのだろう?」
「この先、どっちに進めばいいかわからない」
「何を信じればいい?」
「自分はどこへ向かって何をしようとしているの?」
「本当の答えがほしい」
と、立たされた状況に困惑したり、迷ったり先が見えなくなったり、自分を見失ったりすることがあるものです。
あるいは、
「こんな生活はもういや」
「ここからなんとか抜け出したい!」
「こんな同じことの繰り返しは、まっぴらだ」
と、繰り返しやってくる不本意な毎日に嫌気がさしたり、現状を打破したいと悶々としていたりすることがあるものです。

そうして、そんなとき、自分ひとりでは解決を見出せなくて、誰かに相談に行ったり、カウンセリングを受けたり、何かさらに調べたり、求めたり、得ようとしたりして、出口を見つけようと、必死になるときがあります。
しかし、そうすることが、ますますの混乱を呼んでしまうということがあるものです。
そして、私もまた、あるとき、そんな境地にいたのでした。
「大いなる存在さま・・・・・・。私はいま人生の分岐点にいるような気がします。これからどの道に向かって進めば良いのかわかりません。このままの道で、このやり方で、この人たちといることが本当にいいのかどうかとか、あらゆることに、悩んでいるのです。

そんな中、人は、いろんな言葉を無責任に投げかけてきます。
〝もっと、こうしたほうがいいよ〟
〝他の人はこうしているよ〟
〝みんなはこんなふうだよ〟
〝あなたもそうするのがいいわよ〟などと・・・・・・。
また、
〝人生そんなものだよ〟
〝人生なんて同じことの繰り返しさ〟
〝運命に従うしかないのさ〟と。
それを言う、その〝人〟の中には、自分自身も入っているのですが・・・・とにかく、考えれば考えるほど、答えがつかめなくなって・・・・・・。そんなとき、どうやって、正しい答えを手にしたらいいのでしょうか?」
大いなる存在は、私を見て、少し笑みを浮かべたような顔をして、こう話されたのです。

「人はみんな、反応しながら生きる生き物なのです。自分の目の前に、毎日に次々にやってくる情報や状況や出来事に、瞬間、瞬間、反応を繰り返して人生を連鎖反応的につくりあげているようなところがあるのです。
それはまるで、ゲームセンターのドライブゲームのようなものです。あなたが車に乗り込んで、進もうとアクセルを踏むと、画面から道が現れ、限りなくあなたを翻弄させるというあれです。
(中略)
では、なぜ、あなたは反応することをやめられないのでしょうか?
それは、〝すでにつくられてしまっていた道〟がやってくるからです!
そこにある道こそが社会に対する順応そのものだと思っていて、それをすることでのみ、自分の人生が安全に進んでいるからです。

決められた道が、決められたコースが、そこにあって、あなたに迫ってくることを、あなたは、拒否することを考えたこともなかったことでしょう。
そして、その道に沿っていくことのほうがある意味、楽だからこそ、反応をやめずに毎日を暮らしているというわけなのです。

では、なぜ、そのほうが楽だと感じることがあるのでしょうか?
それは、反応をやめたら、道がこなくなるからです。つまり、ゲームオーバーが、怖いのです。
ここにコインを入れて、画面を映しだし、道さえ出てきてくれたら、あとはうまく合わせるだけでいいと、思っているのです。
もし、そうしないというのなら、あなたの前に道は映しだされないからです。道がないと、不安になるのです。

(中略)

それまで実は、人は頭の中で、ほとんどいつも何かを考えている状態なのです。何も考えていないということはなく、つねに、何かが目に飛び込んできたり、耳に入ってきたり、肌に触れるだけでも、頭の中や心の中では何かを感じてしまっているのです。それが軽くあっても、重くあっても、です。

もしかすると、目の前のことに反応しているつもりが、その反応をきっかけに、3日先の予定だとか、1週間後のことだとか、1年先の判断だとか、10年後のことまでも、そういうことまで、何かしら、含めて考えているわけです。

さて、そんなとき、どうやって、そこから自分を立てなおすといいのかというと、〝自分の道をつくれるということに目覚められるかどうか〟ということなのです。
その、きっかけとして、一時的に、情報遮断をするということもありなのです!
すると、すべてが空になったところから、必要物が与えられるのです」

 

   反応っておもしろいですね。どんな反応ゲームをしていますか?

           

             

            

          最後までお読みくださって ありがとう 

              つながっているすべての人に ありがとう 

                                             

コメント