陽 気 村

フィーリングを楽しんじゃおうっと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『鈴木大拙の言葉』

2010-08-28 | 仏教
鈴木大拙の言葉の画像 『 鈴木大拙の言葉 』

                         大熊 玄 著 

 

   この本は、もともと大熊氏が鈴木大拙(禅)の思想を中学生に分かりやすく伝えるために書かれたようです。たしかに、大熊氏の解説によってわかりやすく  読みやすくなっています。禅の入門書?

   

 
やがて死ぬ けしきはみえず 蝉の声

 

芭蕉の有名な俳句「やがて死ぬけしきはみえず 蝉の声」を見てみましょう。この句は、ふつうは次のように解釈されます。

人生は無常であるのに、それを悟らぬ人々が種々様々の享楽に耽っていることは、あたかも、夏の日に蝉がいつまでも生きつづけてゆくかのように声をかぎりにやかましく啼き立てているようなものだ・・・・。芭蕉はここに具体的な判りやすい例をもって、道徳的な精神的な訓戒を与えている。

つまり、蝉というのは、土から出て啼きだすと、ひと夏も生きることができないほど短い命で「やがて死ぬ」。蝉は、自分がそうした儚(はかな)いものであるとも知らずに、ただうるさく啼いている。やかましく騒ぎまわるやっかい者のようです。さらにいえば、人間の命も、蝉よりは長いとはいえ、やがて失われてしまいます。だから、私達人間も、常に生き続ける者では無いということ(無常)を知って、一時の快楽に身をまかせてはいけない。そうした教訓めいた句になっている、というわけです。
ところが、実は大拙の解釈はこれとは全く違います。大拙によれば、右の解釈は、芭蕉の一番大切なところを台無しにしているというのです。次に大拙の解説を見てみましょう。

 

蝉というものは、まあ、ジュージューと啼きたてて、ずいぶん神経をいらだてるもんだが、面白いといえば面白い。ジュージューと何も惜しまず、あとに残さない力を半分出すなんてことはない。小さな蝉の全部がジューになって出るですな。それを芭蕉が聞いた。聞くと芭蕉は理屈をいう。蝉はやがて死ぬのだが、今日死のうが、そういうことには蝉は頓着しない。持っておる全部を吐き出して、ジューとやるところに、いわれぬ妙がある。それを芭蕉が見たに相違ないのです。

 

蝉は、「やがて死ぬ」などという先のことに気をとらわれないで、ただ今ここで自分が持っている全てを出し切っている。今に精一杯生きて、小さいながらも自分の存在を宣言する蝉、芭蕉はそこに着目した。これが大拙の解釈です。同じ俳句のはずが、「解釈」によってだいぶ印象が変わってきます。この解釈は、一章一節「大拙の若い頃」で紹介した「小さいは小さいながらに、大は大ながらに、その持っているすべてを表現すればよいのだ、これがシンセリティ〔sincerity誠実〕だ」という言葉とつながっています。

 

われを忘れる

 

集中しない、一つのことに心を止めないということは、手足という身体の部位に限りません。身近な例で、野球のバッターを想像してみましょう。今まさにピッチャーがボールを投げようとしているのに、バッターがさっきの打席で三振したことばかり気にしていれば、打てる球も打てなくなります。この場合、心が止まっている所は、手でも足でもなく、「さっきの三振」です。また、テストの真っ最中に、この前の点数が悪かったことを思い出すという場合も同じです。あるいは、人前で話をすると必ずあがってしまうという人がいます。もしかしたら、その人は、無意識のうちに「この前、失敗して笑われた」とか「自分はあがる性格なんだ」あるいは「もっと自分を良く見せたい」という一つの思いに心が止まっているのかもしれません。


実は、私達の心を一つの所に止めてしまう、最大の関所が自分なのです。人には必ず「自分をもっと認めてほしい」、「自分を大事にしてほしい」という思いがあります。この思いがあること自体は、とても自然なことで、正常なことです。でも、この自分にこだわりすぎると、やはり何事もうまくいかなくなります。時には、あえて自分を投げ出すことで自分を生かすことが可能となります。
私達は、人前で話すにせよ、野球をするにせよ、程度の差はありますが、やはり対立の世界に生きています。では、その対立の中で、いかに自らを生かせばよいのか。生きるか死ぬかの剣の立ち合いという極限の「対立の世界」を参考にしてみましょう。

 

剣を把(と)って立ち合うというのは命のやりとりになるのだから、一刻も自分を忘れなどしたら、命丸出しになる話でなければならぬ。危険千万な心がけである。ところが実際の上では、自分のことを考えていると、そこにそれだけの隙(すき)が出てくる。ちょっとの隙でも隙が出れば、そこに相手の剣を招くことになる。それで命を落とせば事実は自殺したのである。剣刃上の試合は電光石火で、「私」を容れる余裕がない。ところが、命の取り合いという際(きわ)どい間際に自分をどうして忘れうるか。ここに人間心理の極微が窺(うかが)われるのである。事実「捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」というのである。ここを悟るのが剣の極意である。剣の妙である。人間万事の上について、ことごとくこういえるのである。

 

自分を大切に思うことは正しいことです。むしろ、自分を大切に思えない人の方が危ういといえます。でも、その今大切にしている「自分」は、生きた全体としての自分なのでしょうか。「全体が見えなくなる」(五章四節)や「『集中』しない」(六章三節)で見たように、部分的に限られた自分の一部を大事にしすぎて、その結果逆に自分を損なうようであれば、結局は自分を大切にしていないことになります。本当の意味で自分を大切にするためにあえて「自分」へのこだわりを捨てること、さらにいえば、自分と相手(主と客)の境目を無くすこと、これが「無心の心」です。

 

 

 今朝、キアゲハがさなぎから無事 誕生しました。しばらく 生まれたところ(鉢植え)のまわりを飛んで 旅立っていきましたよ(写真とれなかったです)。もう ここに戻ってくることは ないでしょう。元気でね!!

            

            

             

       

       最後まで読んでくださって ありがとう 

                               つながっているすべての人に ありがとう 

 

                            

コメント

『 ふたりのジョー 』

2010-08-24 | アニメ
ふたりのジョー 1  DVD『 ふたりのジョー ROUND1~6

    原作 木村光一
    原案 梶原一騎
        真樹日佐夫              
               

 

    久しぶりにスポ根アニメを見ました。

  『あしたのジョー』の原作者である、梶原一騎の遺作原案をもとにした 作品です。

  渋谷のカリスマDJ 結城 譲 (ゆうきじょう)と 沖縄生まれの 赤嶺 丈(あかみねじょう)

  ふたりのジョーが ボクシングで激闘します。

  勝つことにとことんこだわる 結城 に対して、勝敗にこだわらず自分との戦いに固執する赤峰。

  そんな 赤嶺を 

  「現実から逃げているだけだ」と 

  結城は認めず

  ラウンドを重ねるごとに 赤嶺を とことん うちこんでいきます。

  

  追いつめられた 赤嶺の自問自答 

  「負けたくない・・・・・」

  「負けたくない・・・・」

  「俺は負けてしまうのか?・・・・」

  「ちがう ちがう そんなことのために 戦っているんじゃないんだ・・・・・」

  そんなときにセコンドから

  赤嶺を指導する 滝沢会長の セリフ に注目です

 

  「 この世は すべて 幻影だ

   存在することに執着すれば 自分を見失う

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

    己を捨て 無心に帰り 人を知る

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 」

 

    赤嶺の時空間を支配する戦いも必見ですよ。

    さて、このふたりの勝敗は ?

 

    

          

          最後までお読みくださって ありがとう 

 

           つながっているすべての人に ありがとう 

                                            

コメント

『 ごえんの法則 』

2010-08-18 | 生き方
  『 ごえんの法則 

                        小林 正観 著  

 

 正観さんが、入院中に「語り下ろし」でできた本です。

5つの「えん」の意味を解いています。

『 縁・円・援・宴・園 』 それぞれのえんをテーマに、流れよくまとまっています。

今回は 援 から の一節です。

 

  一塊の雲にひとつの魂

 

動物から雲への生まれ変わりについてもう少し詳しく説明します。
前節でも触れたように、動物で10万回の転生を経ると、次は空の雲として10万回の生まれ変わりを繰り返すらしい。


雲は生まれてから数分で消えます。そのひとつの塊が、実はひとつの魂なのです。目の前の雲が消えた瞬間に、魂が消えると考えるといいでしょう。


雲と人間の魂は魂同士のなのでコミュニケーションが取りやすい。
「安心して消えてください。ありがとう」
と感謝の言葉を口にすると、雲はすぐに目の前から消えてしまいます。


私は初めてツアーに参加した人たちと一緒に空を眺めて、目の前で雲を消してみせることがよくあります。五つくらい雲がぽっかり並んでいる空を見上げて、
「それでは今から左から二番目の雲を消します」
と宣言し、
「安心して消えてください。ありがとう」
と唱えます。そうすると、その二番目だけが二、三分で消失するのです。何も難しくありません。感謝の言葉を魂に投げかけるだけです。


これは余談ですが、雲の消し方をみなさんが知ってしまうと、道路の大渋滞も苦にはなりません。車内から空を見上げて「今度はあの雲を消してみよう」と熱中し、時が過ぎるのを忘れるからです。
しかし、節度は守ったほうがいい。輪廻転生の一環としての雲なので、無意味にその魂を消すことは避けてください。
「雲に想念を送ることで魂と通じ合い、雲が消えて生まれ変わる」
という因果関係を理解することが大切です。

 

雲を何十回何百回も眺めていると、気がつくことがあります。そのうち何回かはイヌ、ネコ、ウサギなど動物の姿に見えることがあるでしょう。
私は、苦しそうな、辛そうなマイナスの印象を与える〝動物雲〟とめぐり合ったことがありません。面白いことに、みんな楽しそうに飛び跳ねていたり、笑顔で疾走していたりと、ハッピーなものばかりです。
どうも、雲に入っている魂は楽しかった時のことしか思い出さないらしい。  


なぜなら、空に浮かんでいる雲の魂は、人に喜ばれるように設定されているからです。


雲になるのは人間と一緒に生きた動物たちなので、「癒す」「喜ばす」魂が息吹いている。
苦しいことや辛いことは思い出さないのです。  

 

 

    「雲を消す」お話は当時、仲間うちで流行しました。きっと皆さんも一度は試してみたことがあることでしょう。

カルも試してみたことがありますが、消えてくれなかったことを覚えています。

最近、「走るダックスフンド」「天かける馬」「笑うドラゴン」のような雲を

見ることが あり  ひとりで 面白がっています。

今日、どこかの誰かが ハッピーな雲を見ることができるかもしれませんね 

 

      ラピュタの龍の巣みたいな雲?

      http://www.youtube.com/watch?v=RUDMD9FLHJU

 

         

           最後までお読みくださって ありがとう 

              つながっているすべての人に ありがとう 

 

 

                                            

コメント

『 鐘の音 』

2010-08-13 | Weblog

 

  暑い日が続いています。

   お変わりありませんか?  

 

   カルは、短い時間でしたが山登りです。  

   山頂 付近には 鐘がありました。

   たいがいの山には、祠やお地蔵さんがあったりします。

   

   鐘 があるときは 必ず鳴らしてみます。

   耳を 澄まして 音をききます。

 

   もう一回 鳴らしたらば

   静かに  合掌 ・・・・・・・・・

    

   お参りでは ないですよ(笑)

  

   

  

   聞こえますか?

 

       今日も最後までお読みくださいまして ありがとう 

 

                                      つながっているすべての人に ありがとう    

 

 

コメント

『なぜこんなに生きにくいのか』

2010-08-10 | 仏教
『 なぜこんなに生きにくいのか 

              南 直哉  著

                              

    世の中の「常識」や「思いこみ」、そして自分を制限してきた価値観

    いろんな事が 重なって 生きています。

    「正解」を求めることも とらわれ?

 

   

 人生に「正解」などない

 

問いを問題に構成し直す、言語化する、というときに常々難しさを感じるのは、人間、自分の問題になかなか向き合えないということです。

 

「問題に向き合えない」と言ってしまうと、向き合う余裕があるのに向き合わないように聞こえてしまいますが、選択の余地があるわけではないのです。もう向き合う力がないということです。向き合いがたいというか、それこそ「生きがたい」のでしょう。

 

自分が抱えている本当の問題というのは、どうしても隠したがります。ごまかしてしまうのです。いじめに遭った子供がいじめられていることを親に言わないのと似たようなものかもしれません。向き合うのがつらいのです。

 

先にお寺に来て泣いていた男性の話をしましたが、問題がリストラされたということであれば、話はもっと簡単です。しかし、彼のいちばん大きな問題は、その事実を家族にも言えないということです。言えないということには、なんらかの理由があります。

 

この男性は、自分の問題に向き合うと、すべてが失われるような気がするのではないかと思うのです。その上、彼に限りませんが、この世に正しい状態や正しい答えがあると思い込んでいる気がします。


しかし、それは誤解です。私に言わせれば、正しいことというのは当座の話であって、ある一定の条件で成立する正しさに過ぎません。無条件に正しいことなんて世の中にないし人生に正解なんてものはないのです。


誰も人生のプロではありません。みんなわからなくて、なんとか見当をつけながら生きているだけです。世の中の常識、「当たり前のこと」などというのは一種の物語で、賞味期限のある話なのです。本当に「当たり前」なのかどうか、ときどき味見してみるべきでしょう。

 

 

   自分と向き合うことって  勇気がいりますよね。

     「あたり前」が「あたり前」でなくなったとき

     楽になるような・・・・・・・

 

     暑い夜が続いています  夜中 カルは自転車に乗って

     近所を ゆっくりゆっくり 走ってます

     とても 気持ちがいい  

     でも なんだか あやしい ですね  

           

                    

          最後までお読みくださって ありがとう 

              つながっているすべての人に ありがとう 

                                                   

コメント (2)