陽 気 村

フィーリングを楽しんじゃおうっと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『リトルターン』

2009-08-30 | 童話
『 リトルターン 』

                  ブルック・ニューマン作 

              五木寛之訳 リサ・:ダークス絵

  

 絵本のように読みやすいのですが、考えさせられるんだな~。

この物語の主は一羽のアジサシ。ある日、突然、飛べなくなってしまう。

さて、このアジサシくんは、また飛べるようになるだろうか?

そして彼が気づいたこととは?

 

  

ある朝、太陽がのぼって海岸の上に輝くと、ぼくは自分の影がぼくのすぐそばにあることに気づいた。


以前から影はあったのだろうけれど、その朝まで、そんなことにぼくは気づいたことがなかったのだ。


物がそこにずっとありながら、まったくそれに気づかないことは、何と奇妙なことだろう。

影を見た瞬間、ぼくにはそれが大発見に思えた。

それは海岸に埋まった繊細なウニの一種を見つけ出すのと同じだった。
それはぼくにとって簡単な仕事ではない。

それは、大変むずかしいことだ。


ハリケーンの季節にウニを見つけ出すのは厄介な仕事だ。


太陽がギラギラ輝いている時にそいつを見つけ出すのも厄介だ。


風が吹いている時には厄介だ。


ひょうが降っている時にウニを見つけ出すのは厄介だ。


高波の時にも厄介だ。


海岸を稲妻が襲った時は厄介だ。

とても寒い時は厄介だ。


とても暑い時も厄介だ。


海岸に人間がいる時は厄介だ。


海岸にたくさんの犬がいる時は厄介だ。

または馬がいる時。


または羊がいる時。

 

ところが、ウニを見つけ出すのが大いに厄介な仕事であるように、影というやつも、いちど発見すると、最初から簡単に見つけ出せるものよりも、さらに大きな価値がある。


すごいことだ、とぼくは考えた。この影はずっとそこにあったのだから。

きっと失われていたのではなく、ただ、置き忘れていたのだ。この影はこれまで、見えず色もなく、目的も、本当の個性もなかったけれど、いまは見事なまでにしっかりと存在しているではないか。


ぼくは影のことを考えた。飛んでいる鳥のそばに影がないことを考えた。着地した時にだけ、鳥は自分の長く伸びた黒い存在を思い起こすことができる。


影は、そこにはなくても存在するものを思い起こさせるのだ。その時までぼくは、自分の影の存在に気づかず、その意味ではすべてのものたちの影の存在に気づいていなかった。


鳥は、その羽や翼がどれほど価値があり素晴らしいかを知らなければ、本当に飛ぶことはできないのだ。高い空を飛ぶために、鳥は翼の下にあるすべての本質を見る必要がある。


そうでないと、惑星の上をただ無目的に飛んでいるだけにすぎない。

 

 

    この影ってなんだろう?飛んでいる時でもきっとどこかに影はうつしだされているだろう・・・・・

子供の頃、地面に飛行機の小さくなった影が動いているのをみて

驚いたことを思い出すんだなぁ~    

 

 

                 今日も最後までお読みくださいまして ありがとう 

                                      つながっているすべての人に ありがとう    

 

 

 

コメント

『センタリング・ブック』

2009-08-27 | 心理
 『 センタリング・ブック  

           ゲイ・ヘンドリックス著 ラッセル・ウィルズ著 手塚郁恵訳 

 

   心地良さを感じている時、僕たちは、自然にセンタリングしているようです。
  
  今回は、巻末のストーリーテリングのお話からです。
 
 

 

    砂の話

 

川は、ぶくぶくと白い泡を立てながら、砂漠に着きましたが、砂漠を渡ることはできないということに気づきました。


水は、細かい砂の中にどんどん消えていってしまいます。
川は、大きな声で言いました。「私は、この砂漠を渡りたいのですが、どのようにして渡ったらいいのか、わかりません。」


砂漠の声が、隠された自然の言葉で答えました。

「風は砂漠を渡ります。だから、あなたにも渡れるはずです。」


「でも、渡ろうとすると、私は砂の中に吸い込まれてしまいます。全速力で砂漠にぶつかっても、ほんのわずかな距離しか進めません。」


「風は、砂漠の砂に全速力でぶつかることはしませんよ。」砂漠の声は言いました。
「でも、風は飛ぶことができますが、私はできません。」 


「あなたの考え方は、まちがっています。自分の力で飛ぼうとするのは、ばかげたことです。風にあなたを運ばせるのです。」


「でも、どうしたらそんなことができるのですか?」


「自分を風に吸い込ませるのです。」  


川は、そんなふうにして自分の存在を失いたくないと言って、反対しました。もしそんなことをしたら、二度と存在することができなくなるかもしれません。


その声は言いました。「風は、水分を吸い込むと、砂漠の上を運んで行き、ふたたび、雨として水分を落とします。雨は、ふたたび、川になるのです。」


「でも、それがほんとうだということは、どうすればわかるのでしょうか?」川は尋ねました。


「これはほんとうのことなのです。信じなければなりません。さもなければ、あなたは、砂に吸い込まれて、数百万の後に、沼地になるしかありません。」


「でも、もしそれがほんとうだとしても、私は、いまと同じ川になることができるでしょうか?」


「どちらにせよ、あなたは、いまと同じ川であり続けることはできません。それに、この選択は、あなたにまかされているのではありません。


選べるように見えるだけなのです。風があなたの本質を運んでくれるでしょう。それは、あなたのすぐれた部分なのです。あなたが砂漠のかなたの山々で
ふたたび川になったとき、人々はあなたを違う名前で呼ぶかもしれません。

でもあなたの山々でふたたび川になったとき、人々はあなたを違う名前で呼ぶかもしれません。                                                                                                     


でもあなた自身は、本質的に同じ自分であることがわかるでしょう。いま、あなたは、自分を何々川と呼んでいます。


それは、その川のどの部分が、いまでもやはり、自分の本質であるかを、あなたが知らないからなのです。」  

 

そこで川は、迎え入れてくれる風の腕の中に昇って行き、砂漠を渡りました。風は、川をゆっくりと、ていねいに集めて、高いところに引き上げました。


それから、遠い山々の頂上に、やさしく、しっかりと降ろしました。「いま、私は、自分のほんとうの正体がわかりました」と、川は言いました。


しかし、川は、疑問に思っていることがありました。それは、飛んでいるときにわいてきた疑問でした。

「私はなぜ、これを自分で考え出すことができなかったのだろう?
もし、砂の言うことに耳を傾けなかったら、どうなっていただろうか?」


突然、小さな声が、川に話しかけました。その声は、一粒の砂から聞こえてきました。


「砂だけが知っているのですよ。砂は、それが起こるのをこれまでずっと見てきたからなのです。その上、砂は、川から山までずっと続いています。
砂は、結び合わせる役目を果たしているのです。
すべてのものが果たすべき役割をもっているように、砂も、もっているのですよ。


生命の流れが、その道のりをどのように旅してゆくか、そのありさまは砂の中に書かれるのです。」 

 

 

     生命の流れ 常に姿, 形を変えながら旅をしているような・・・・・・・・・ 

 

                    

           最後までお読みくださって ありがとう 

  

           つながっているすべての人に ありがとう 

 

 

                                            

コメント

『 うた魂 』

2009-08-22 | 音楽

うた魂(たま)♪_フル!!!  DVD『 うた魂(たま)♪フル!!! 』 

 

出演:夏帆/ゴリ/石黒英雄 ほか
監督:田中誠
脚本:栗原裕光 ほか

【ストーリー】
北海道のとある町。七浜高校合唱部のソプラノパートリーダー・荻野かすみ(夏帆)は、歌声とルックスに異常なまでの自信を持つ女の子。ある日、イケメン生徒会長・牧村から「歌っている姿を撮りたい」と写真のモデルを頼まれ、「私のことが好きなんだ!」と有頂天に。ところが写真には予想外の自分の姿!ショックのあまり退部を決意したかすみの前に、番長の権藤が率いる湯の川高校合唱部が現れる。彼らの熱くソウルフルな合唱に大感激したかすみは、自分に足りない“大切なもの"に気付き、ついには“合唱"の真のすばらしさに目覚めていく…。

合唱、なつかしいですね  

 

ソプラノが風の音のように響いていたなぁ~ 

 

みなさんも歌ってましたか?

 

みんなで歌うっていいですね 

 

でも歌っている時の顔ってどこかおもしろい?  

 

   

 

      主題歌はゴスペラーズ  『青い鳥』

      湯の川高校         『15の夜』  

      七浜高校合唱       『あなたに』

      *おまけ          『ひとり大地譛頌』

 

     

     

                最後まで読んでくださって ありがとう 

 

 

                       つながっているすべての人に ありがとう 

 

 

 

コメント

『 ザ・ムーン 』

2009-08-15 | 映画

 

   DVD『 ザ・ムーン 』 

 

    監督 

    デイヴィッド・シントン

    原題

    IN THE SHADOW OF THE MOON


 

    NASAの秘蔵の映像と宇宙飛行士のインタビューのドキュメンタリー作品です。

     宇宙飛行士の言葉が印象に残ります。

 

ロケットに乗ったことのない人は、どうしてみんな聞くんでしょうね。
「怖くなかったですか?」って。怖くなんかないですよ。
何かが起きてはじめて怖くなるんですよ

                                        バズ・オルドリン

 

座っていればいい、座っていれば勝手に
飛んで行くと思っている人が大勢いますが、
それは違う。1秒1秒がとても重要な時間なんです。

                                         ディヴ・スコット

 

窓の外を見るとそこに信じられない光景があった。まん丸い地球があったんだ。
海は、クリスタルブルーで、陸は茶色、雲と雪は純白だった。
宝石のような地球が宇宙の闇に浮かんでいた。

                                        チャーリー・デューク

 

地球はとてもやすらかで静かで穏やかで、でもとても もろく見えた。
それが自分でも以外だったが、地球の姿を見て一番強く感じたことだった。
あの物体はなんて小さくもろいんだろうって・・・・・・。

                                           マイク・コリンズ


月を研究することは、実は、地球への理解を深めることでした。
遠く離れた月で親指を立てると地球はすっぽり隠れてしまいます。
すべてが姿を消してしまう。
愛する人達も仕事も地球自体の問題も。親指の影に。
我々がいかに小さな存在かと思い知らされます。
同時にいかに恵まれた存在であるかということも。
この肉体を持って生まれた人生を謳歌できるのですから
しかも地球という素晴らしく美しい場所で・・・・
                                            

                                            ジム・ラヴェル

 

最高の喜びは帰路に待っていました。コクピットの窓から2分ごとに
地球、月、太陽 360度の宇宙空間のパノラマが見えたのです。
それは圧倒されるような経験でした。
そして突然気づいたのです。
おのれの肉体の分子も宇宙船の分子もクルー仲間の肉体の分子も
その原型ははるか昔に宇宙で創られたものだと。
それはすべてがつながっているという一体感でした。
他人も自分もなく万物は全てがつながっていて同じひとつのものなのです。

                                         エドガー・ミッチェル

 

 あれから私は天気に関して不満をこぼしたことは一度もありません。
天気の変化がうれしくなった。渋滞も気にならない。
人は多いほうがいい。
地球に戻って真っ先に出かけたのはショッピングセンターでした。
ただブラブラとアイスクリームを食べながら、人が行き交うのを見て
そして気づいた。地球に生まれて良かったと・・・・・。
なぜ、みんな不平を言うんだろう。
エデンの園に住んでいるというのに・・・・・。

                                           アラン・ビーン

       

       公式HP

       http://themoon.asmik-ace.co.jp/   

 

 ザ・ムーン   

 

     

                  最後まで読んでくださってありがとう 

 

 

                               つながっているすべての人にありがとう 

 

 

 

コメント

『 こころの洗濯 』

2009-08-11 | 仏教

 『 こころの洗濯 』

                   A・スマナサーラ 著 

                 

 

    こんにちは、

『こころの洗濯』は、スマナサーラ長老の悩みをなくす7つの玉手箱シリーズ№3です。

法話を活字にしているせいか、とても読みやすいんだなぁ~。

今回は、「やさしい」についてとりあげてみまーす。

 


 

『 万能洗剤は「やさしさ」 』

 

 

 こころを洗うための一番簡単な方法は、「やさしさ」なのです。


常にやさしい人間でいる。なぜ、これが簡単かというと、他人にやさしくすると、どこか気分がいいのですよ。気分がいいですから、やりつづけるのです。楽で気分がよくなるところから始めるのは、よいやり方だと思います。


仏道修行で真剣にがんばりたい、という気持ちにはなれない人たちにも、お釈迦さまは「だったら、みんなにやさしくしなさいよ」とおっしゃっています。
あらゆる人に薦められる方法です。


どんなにもやさしくすることを試してみると、なんだかどこか気分がいい。
なぜ気分がいいかというと、やさしくされた人も、すごくにこやかに反応するからです。イヤな反応はしません。


相手が喜ぶと、自分もうれしいのです。そうすると、「じゃあ、もう一回やりましょう」という気持ちになります。


そういうふうに、まず、やさしさということを実践してみるのです。それを実践すると、ゆっくりと、こころのわがままと無知が消えていくのです。


消えていって、毎日毎日、人生は幸せになるのです。

 

 

『 やさしい人は花をも咲かせる 』

 

 

こころの底まで、完全にやさしくなった人の思うことは、ほんとうになんでもそのとおりになるのです。私は、いろいろ見たことがあります。


ほんとうにやさしい人びとが、なにか種を植えると、その種が見事に成長するのです。植物のことをよく知っているプロが、「こんなところでは、この木は生きられませんよ」と言っても、植えた人がすごくやさしい人だったら、なんのことなくその木は反応してくれるのです。だから、植物さえも、やさしい人にはずいぶんやさしく反応するのです。


「この枝に花が咲いたらいいなあ」と思ったら、ちゃんと咲いてくれます。なんの不思議もないのです。その気持ちは、木さえもわかるのです。


「あ、この人はこのへんに花が咲いてほしいと思っているんだな。では咲いてやるぞ」ということで。


こんな話は、花咲爺さんの御伽噺(おとぎばなし)みたいで信用できないでしょう。でも、これはできることなのです。

 

 

   「やさしい」のなかにある不思議な種  あると思います  

      

           

 

 

        今日も最後まで読んでくださって ありがとう  

 

                       つながっているすべての人に ありがとう    

 

 

 

コメント (2)