陽 気 村

フィーリングを楽しんじゃおうっと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『人生をやり直せるならわたしはもっと失敗をしてもっと馬鹿げたことをしよう』

2009-06-24 | スピリチュアル
 人生をやり直せるならわたしはもっと失敗をしてもっと馬鹿げたことをしよう 

                  ラム・ダス 著 ヒューイ陽子訳  

 

  老年期の方に読んでいただける内容のように思えるのですが

 それだけではなかった。なぜならば老いや死に対する不安や恐怖は

 多くの方が通過するだろうから。老年期から自分を探るには

 とても参考になるのが本書です。
   

 

  「あること」と「すること」

 

人は老いるにつれて、自分の行動と自分の本質とをこれまでいかに混同してきたかに気づくようになる。


役者である自我は、人生で自分が果たしてきたさまざまな役割が自分だと信じ込んで、社会的な業績や地位に自分の価値を見出すようになる。


産業革命以後に発達した物質主義的な社会においては、生産性が特に重視される。そこから生まれるのが、定年退職への怖れだ。それはまるで、生産活動をやめて業績を上げなくなったらその人の存在価値もなくなると信じているかのようだ。


子供の頃、学校の成績がよいと母は冷蔵庫に貼った紙に金色の星のマークをつけてくれた。こうして、星の数が増えると私の価値も上がると教えられて私は育った。ほとんどの人が似たようなメッセージを親から与えられて育ち、それを一生涯抱えて生きる。だとしたら、年老いて業績を上げる機会を社会から奪われた時に、生きる目的を失って呆然とするのも不思議ではない。

ほとんどの人間は自分のすることが自分というものの正体だと信じていて、自分のすることは自分というもののほんの一部にすぎないということが分かっていない。


年をとって生活が大きく変化し、業績を上げたり褒められたりする機会が減るにつれて、毎日が退屈になったり憂鬱になったり絶望したり無力感を感じたりする人が出てくる。

 

好きなことをして時間を過ごすこと----例えば、木の下にじっとすわっていたり、静かに音楽を聴いたりすること----はつまらないことであり、いけないことだという感覚がつきまとって離れない。

自分は役に立つよい人間だとまわりから思われたいという、中毒患者にも似た気持ちが強いので、仕事を辞めて業績といえるものがなくなるとどうも落ち着かない。

このような状況は居心地が悪いかもしれないが、旧式の幻想から自分を解放するための絶好のチャンスだ。子供が巣立った後に〝空巣症候群〟を体験した女性の多くが証言しているように、長期にわたる母親の役割を失って感じる空虚感や落ち込みは確かにつらいのだが、そうした喪失があったからこそ、彼女たちは新しい生き方を始めようという気になったのだ。


自我はそれまで自分にアイデンティティや存在価値を与えてくれた生産的な役割を失う。それが自我にとっては苦しみとなる。あなたが自我を不快にさせたとしたら、その時こそ、魂のレベルで学ぶチャンスだ。自分を役割と同一視しなくなると、自我をそれ以上太らせない。

 

--------------------------------------------------------------------


人が年をとるにあたって、正しい老い方や間違った老い方があるわけではない。正しい老い方さえ分かったら老いても苦しまなくてすむという考えがあるようだが、それこそが私たちの社会で見られる苦しみの大きな原因であり、多くの人たちが年をとるにつれて悩む原因となっている。


結婚や子育てや仕事などの面でこれまで努力し成功してきたのと同じように、正しく老いることに成功しさえすれば、予測できない問題にぶつかってあわてふためくこともなく穏やかに老いを迎えることができるだろうと多くの人が信じている。けれども年を重ねるにつれて自分がどのように生きてどのような役割を演じるかを決める時に、正しいとか間違い、または成功とか失敗などという発想は無関係であるべきだ。

 

私たちはやっとこの年になって〝間違い〟を犯す自由を得たのだ。老人になって古い役割から解放され、自分らしく生きるチャンスが与えられたのだから、直感に頼って行動したり、大胆なことを実験的にやってみたり、またはまったく何もしなくてもよいのだ。

 


85歳になるナディーン・ステアという女性が書いたものだ。

 

人生をもう一度やり直すとしたら、今度はもっとたくさん失敗したい。

そして肩の力を抜いて生きる。もっと柔軟になる。

今度の旅よりももっとおかしなことをたくさんする。

あまり深刻にならない。もっとリスクを冒す。もっと山に登ってもっと川で泳ぐ。アイスクリームを食べる量は増やし、豆類の摂取量は減らす。


問題は増えるかもしれないが、想像上の問題は減るだろう。

というのも、私は毎日常に良識ある人生をまともに生きてきた人間だからだ。


もちろん、ばかげたことも少しはやった。もし生まれ変わることがあったら、ばかげたことをもっとたくさんやりたい。

何年も先のことを考えて生きる代わりに、その瞬間だけに生きたい。


私はどこに行くにもいつも万全の準備を整えて出かけるのが常だった。体温計や湯たんぽ、レインコートなしにはどこにも行かなかったものだ。


人生をやり直すとしたら、もっと身軽な旅行をしたい。


もう一度生き直すとしたら、春はもっと早くから裸足で歩き出し、秋にはもっと遅くまで裸足でいる。

もっとたくさんダンスに出かける。

もっとたくさんメリーゴーラウンドに乗る。

もっとたくさんのディジーを摘む。


それぞれの瞬間をもっとイキイキと生きる。

 

 

  身軽に生きる なんかいいんだな~  

 

 

         今日も最後までお読みくださいまして ありがとう 

 

                                つながっているすべての人に ありがとう    

 

 

 

 

コメント

『ハンドメイド』

2009-06-22 | Weblog

  こんにちは 

あると何かと役立つポッケットティッシュですが

さらにケースがあると持ち歩きが楽ですよね

 

ブルー系のケースが欲しくなって

店を見て歩いたのですが なかなか置いてなくて

いっそ、自分で作っちゃえ~ということで

ハンドメイドしてみました!

え~カルちゃんが縫い物するなんて どーなってるの~

けっこう自分がおもしろ~い  

ハギレの生地選びから始まって、裁縫道具をそろえたり~女の子みたいでしょ(キモイ~)

サイズは持っていたケースの寸法で作ってみました

時間の合間で作っていたので日数かかりましたよ

 

 

今回も気づきがたくさんありました

 

<プロセスで味わう感覚

いつ頃からか 

すっかり 

忘れられてしまったようです

何をしていても

どこにいても

誰もが 

感じることができる 

もともとある感覚を・・・・・>

  

 

 静かに揺れる感覚を感じている方へ

 

 hitomitoi  LIVE

 http://www.youtube.com/watch?v=JEmLFKsAPak&feature=related 

 

 

       今日も最後までお読みくださいまして ありがとう 

 

                                      つながっているすべての人に ありがとう    

 

 

 

コメント (4)

『山頂の風』

2009-06-11 | Weblog

  

  こんにちは 

山に登りたくなって

行ってきました   

うん十年ぶりです

まさかカルちゃんが山に登りたくなるなんて

思ってもいなかったです

海にはフィッシングでよく行くのですが・・・・ 

 

たくさんの気づきがありました

一歩一歩   

ただただ登っているだけなのに

平地を歩く時よりも

はるかに実感できるんです  

身体

思考

マインド

“なんのために山に登っているんだろう?”

時々湧いてくる思い・・・・・・

こたえは自ずと実感できますよ~

 

山頂で出迎えてくれたのは

小さなかみきり虫でした(なぜかいたよ)

冷たい風

眺めの良い景色

ん~ 全てGOODです

今回、共に登ってくれた仲間に感謝

次の山はもう決めてます

一緒にどう?

 

 

 

 風を感じている方へ

 BLOW  山下達郎

 http://www.youtube.com/watch?v=IYHAPvLiHQU&feature=related

 

 

       今日も最後までお読みくださいまして ありがとう 

                                      つながっているすべての人に ありがとう    

 

コメント (4)

『スタートレック』

2009-06-07 | 映画

『 スター・トレック 』 

 

監督 

J.J.エイブラムス

出演:

クリス・パイン(ジェームズ・T・カーク)
ザッカリー・クイント(スポック)

ゾーイ・サルダナ(ウフーラ)
カール・アーバン(マッコイ)
アントン・イェルチン(チェコフ)


     『 -----宇宙、そこは最後のフロンティア----- 』

 

     それはまるで子供の頃、本で見た未来世界を見ているかのよう・・・


宇宙は、とてつもなく広く無限な世界のはずが『スタートレック』では

より、近くに感じられのはなぜ?

映画館にいながら、宇宙に放り出されたように感じるのも

この映画ならではです   

 

少年の頃の ジェームズ・T・カーク が車のハンドルを握り

猛スピードで断崖まで走るシーンにドッキリ 

 

タイムトラベルとパラレルワールドの世界を

存分に楽しめます   

       

       公式HP

     http://www.startrekmovie.com/intl/jp/

      (TRAILER 特報 1 にて 

      少年の頃のジェームズ・T・カークの車のシーン見れます)

    

 

     

                最後まで読んでくださってありがとう 

 

 

                       つながっているすべての人にありがとう 

 

 

 

コメント

『植松努信じる力』

2009-06-01 | 講演
『 植松 努 信じる力 

                  NPO法人 読書普及会 

 

 

 植松 努氏の講演録です。
株式会社 植松電機は、北海道の赤平(あかひら)で、宇宙開発という仕事もやっています。
宇宙ロケットの仕事ができるまで時代の〝変化〟に対応してきた様子が伝わってきますよ。

 

 

  お金で買えない喜びは、最強で最高の価値観

 

 

今、僕らはいろいろなことを企画しています。
「手作りの飛行機を作って、アメリカで販売しようか」
「手作りの車作って、ヨーロッパで販売しようか」
「それらを作っている所とか撮影してディスカバリーチャンネルに売りもうか」
いくつかは現実に近づいています。

 

映像編集できるマックも二十六台、新規に入れました。税理士さんに怒られました。
「なんで、社員の数より、たくさんパソコンがあるの」って。
「それは・・・・、職場体験とかで来た子に、映像編集教えようと思って」と言ったら、
「なんのために」と言うわけです。
「ひとりぐらいスピルバーグ生まれるかもしれないでしょ。誕生したら大儲けだよ」って言うと・・・。
「そんなありえないでしょ!」といわれました。
それは間違っています。子供たちに教えているうちに、キラッと光る子が必ずいるんです。
そういう子に、「次、学校祭でドラマ作って、放送してみないか」と言ってチャンスを与え続ければ、スピルバーグになるんです。

 


種をまいて、「なんで生えないのよ!」と言ってはいけません。
生えるための努力をしなければいけません。
人が持つ輝きを見つけて、それが伸びるように手助けすることを、お互いにやれば、人の可能性はまだまだいくらでも伸びると思います。

 

欲しいなと思うものは、必ず誰かが作っています。
この世にないものは、自分で作るしかありません。
ロケットも売っていませんでしたから作るしかありませんでした。
作る喜びを知り、お金で買えない喜びを知れば、お金なんかどうでもよくなります。
お金よりも、能力の方がはるかに大切になります。
誰かが適当につけた値段に支配されてはいけません。
自分で価値を見出すべきです。
値段と価値は決定的に違います。だから値段に一喜一憂してはなりません。

そして『学ぶ力』です。
今よりどれほど変われるかという、未来への可能性の価値なんです。
『学ぶ力』は、可能性の価値です。
テストごときでつけられた点数に支配されてはなりません。

 

『夢と仕事』というものをしっかり考える必要があります。
今、子供たちをダメにする一番いいセリフはこれです。
『将来、何になるの?』
これが、人間の可能性を奪い取ります。なぜかというと、
『将来、何になるの?』と言われた子供たちは、『夢』と『仕事』が一つになってしまうからです。
決して『夢』と『仕事』は一緒にしてはいけません。
なぜ、いけないかというと、根本的に違うものだからです。
『夢』とは大好きなことです。
『仕事』とは社会に役立つことです。
ここで気をつけないといけないことがあります。
好きでもない『夢』と、社会に役立たない『仕事』です。
夢を就職情報誌の中から選ぶこと。
そして、仕事とは支払いのために、いやいや働くこと。
『夢』と『仕事』が一つになった瞬間に、悪い方向でそれが成立してしまいます。
「みなさん何のために働いていますか?」
「支払いのためですか?」
「生きていくためっていいながら、実は支払いじゃないですか?」
「誰かにお金を貢ぐために働いているんじゃないですか?」
気をつけなければいけません。
学歴も、勉強も、お金も、会社も、すべてはやりたいことを実現するための手段でしかありません。
世界一のお金持ちになっても、お金の使い道がなかったら何の役にも立ちません。(-----中略)

 

本当にやりたいことがなかったら、お金なんて何にも意味がないんです。
だから、お金は間違っても目的ではありません。
やりたいことがなければいけないのです。
でも、「夢中になって楽しんでいたら、いつのまにかビジネスになっていた!」というのは、とてもいいと思います。(----中略)

 

僕の部屋がプラモデルでいっぱいになったのもムダではありませんでした。
今、DSソフトの開発の企画とか、プラモデルの企画がきています。
好きでのめりこんでやってれば、良いことが必ずあります。

 

僕は、中学生のとき、マンガを書くことに熱中しました。Gペンとか丸ぺんとか買って、一生懸命覚えました。無駄な努力だったと思っていました。
植松電機のパンフレット類は、すべて自分たちで作っています。外部委託してません。イラストもすべて自分たちで描いています。ということは、外部への支払いが発生しませんから、すでに数百万、節約していることになります。
僕が描いていたマンガの労力は、数百万の値を生んだということになるわけです。
マンガだけで食うのは難しいかもしれないけれど、その能力をうまく活かすとちゃんとお金になるのです。(-------中略)

 


もう一つ気をつけなくてはいけないことがあります。
最初にも少しお話しましたが、今流行っている仕事は十年後にはありません、ということです。
流行の仕事を目指してはなりません。
「給料が多いかな」
「休みが多いかな」
誰かに何かをしてもらえることで仕事を選んではなりません。
「してもらおう」と思っていたら、されるんです、嫌なことも。
「何がしたいかな」「何ができるかな」と人生を選んでいかなければいけません。
いい仕事を見つけるために、世の中のことをたくさん知ればいいんです。
「なにがおかしいのか」
「解決したいな」
「どうすればいいかな」
そしてそのことを学べばいいのです。
そして夢を見つける必要があります。夢はたくさん必要です。

 

そのためには、感動できなきゃいけません。
「おもしろそう!」
「やってみたい!」
「すごい!」
こんなワクワクをもてると、より楽しくなります。
「ウザい」「無理」「関係ね!」とかスカしていると、一生夢とは出会えません。
夢はちょっと不安なことでも、やってみたくなる行動の原動力です。
感動すれば必ず夢は見つかります。
そしてその夢は必ず実現します。
なぜかというと、感動という言葉の中に、実は秘密があったのです!

 


『感動!』の意味は、


〝CAN DO!〟だったのです。


〝YOU CAN DO IT〟

 

 

    この小冊子の最後に『どーせ無理』禁止条例の署名があります。今後一切「どーせ無理」を使いませんというものです。反した場合は罰則もあります。それは「どうすればできるかを考える」こと。署名しませんか? 

  

    

    株式会社カムイスペース HP 植松さんの考え方・感じ方が伝わってきますよ

      ⇒ http://myhome.cururu.jp/camuispaceworks/ 

 

    植松努応援サイト HP  http://www.uematsutsutomu.com/ 

    株式会社植松電機 HP ⇒ http://uematsu-electric.fte.jp/

 

    

              

           最後までお読みくださって ありがとう 

 

 

           つながっているすべての人に ありがとう 

 

 

                                                    

コメント