陽 気 村

フィーリングを楽しんじゃおうっと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『宇宙の約束』

2009-05-24 | エッセイ
『 宇宙(そら)の約束 

                  山元 加津子 著 

 

 宇宙に存在するものが、すべて必要なら、
  私はどうして私として生まれてきたのでしょう?
  私は私であるために、どんなふうに生きていったらいいのでしょう?
  運命っていったいなんなのでしょうか?
  私たちは運命をどうやって受けとめて生きていくのでしょう?

  
  「本当のこと」を求めイスラエルの旅へ出た かっこちゃん
 〝もの〟や〝ひと〟や〝こと〟にも意味があることに
  気づかされるんだな~

 

 

   どうしてひとりでは完全じゃないの

 

 村上和雄さんは、宇宙のすべてのもの、人間の遺伝子やなにもかもを、宇宙のなりたちを作っている大きな力であるサムシング・グレートが設計したのだと言っています。すべてのものが、むなしく生きなくてすむように、ちゃんといろんなことがうまくいくようにこの宇宙を作っているということなのだと思います。


人間において、遺伝子というものは、きっと顔かたちだけでなく、得意なこと、不得意なこと、身体の作り方、病気のかかりやすさ、そして、ものの考え方、ありとあらゆるその人自身を作り出しているものだと思うのです。


ところでなぜ、その大きな力である〝神様〟は、人間を、誰の助けも借りずに一人だけで生きていけるような完全な存在にしなかったのでしょうか。


それは、私は、大きな宇宙は何もかもすべてのひっくるめて、全体でひとつの命だからじゃないかなと思うのです。人だけでなく、自然や物や事柄などがお互いに補い合って、全体でひとつの命だからなのじゃないかと思うのです。そして、私たち一人ひとりを含めて、どれもが、その大きな命の大切な一部なのだと考えるのです。

 

吉野弘さんが書かれた「生命(いのち)は」という詩があります。

 

生命は

生命は

自分自身だけでは完結できないように

つくられているらしい

花も

めしべとおしべが揃っているだけでは

不十分で

虫や風が訪れて

めしべやおしべを仲立ちする

生命は

その中の欠如を抱き

それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分

他者の総和

しかし

互いに欠如を満たすなどとは

知りもせず

知らされもせず

ばらまかれている者同士

無関心でいられる間柄

ときに

うとましく思うことさえも許されている間柄

そのように

世界がゆるやかに構成されているのは

なぜ?

花が咲いている

すぐ近くまで

虻(あぶ)の姿をした他者が

光をまとって飛んでくる

私もあるときは

誰かのための虻だったろう

あなたも あるとき

 

私のための風だったかもしれない

                (詩集「北入曽」青土社)

 

この詩で表されているように、出会った人間同士だけが補い合うというような狭い意味じゃなく、空間も時代も超えて、あらゆるものがひとつの命として、宇宙の設計図は組み立てられているのだと思うのです。この宇宙に存在するものそれぞれが補い合って、助け合って、ひとつの命として生きていく・・・・だからこそ、存在するものすべてが、とても大切で必要なのですね。

 

お坊さんやサムシング・グレートが教えてくれたことは、世界のいろいろなところへ出かけても同じでした。ペルーに出かけたときも、ネパールやバリ島にでかけたときもみんなだれもが、私が、何も尋ねていないのに、同じことを言いました。

 


どんなことにも、理由があり、意味がある。〝もの〟も〝こと〟も〝ひと〟も、みんな意味なく、そこにあるのではない、すべてのものが大切だからこそ〝神様〟が用意をし、だからこそ存在するのだというのです。

 

 

     ひとりひとりが 宇宙の約束  とつながっているね・・・・・・・・・ 

 

                    

           最後までお読みくださって ありがとう 

  

           つながっているすべての人に ありがとう 

 

 

                                                    

コメント

『「自分」を浄化する座禅入門』

2009-05-09 | 仏教
 『 「自分」を浄化する座禅入門 』

                  小池 龍之介 著  

 

  なぜ、自己観察しなきゃならないの?なんて思う方々が多いのでは。
   残念ながら、やってる方でないとわからないですね。


   そのへんを、小池住職はとてもわかりやすく伝えてくださってます。
   おまけにお稽古CD(約74分)までつけてくれてます。
   これが ありがたいんだなぁ~

 

 空の味

 

 

心を空っぽにする瞬間ッ。

私たちは、心のなかに散らかった雑念を空っぽにして何かに打ち込むときに充実感を感じます。雑念のない空っぽの状態の心は、余計な情報処理の負担から解放されるので、頭も冴(さ)えてくるという具合です。この空っぽこそが、「空」と呼ばれるものの本義(エッセンス)にぞありけるッ。


呼吸に集中することで、「空」の清々しさを味わってまいりませーう。
すこしなりとも心がぴったりと呼吸に寄り添いはじめると、その分、頭のなかで発生していたごちゃぎちゃとした雑念、怒りの雑念、迷いの雑念、そういった煩悩のエネルギーが発生する余地がなくなるからです。


それにともない、煩悩の汚れの幾分かが心の表面から取り除かれ、すこしずつ空っぽになってまいります。


空っぽになればなるほどに、じつは私たちのエネルギーは満ちあふれ、空っぽに近づけば近づくほど充実し、非常に強いクリアな明晰な判断力、意識状態が形作られてまいります。


そのような状態になったら、その状態を注意深く観察し、その風味を感じとってください。このように空っぽになること、それはいわゆる「空」そのものではなくても、「空の味見」とでも申せますようなものなのです。レベルは低くても、空の親戚と申してよろしいでしょう。

 

 

 身体感覚に立ち返る

 

 

か・・・・・ツ、渇あぁぁーーーツ!汝の身体は、ここにありッ。
全身の感覚を意識するお稽古は、日常のさまざまな場面で、ハッと我に返るために役立てることがかないます。


つい心が浮き足だってしまいますとき。心が焦ってしまっていますとき。なんだかイライラしてしようがありませんとき。相手に自分のことを認めさせようと自慢話をする欲望に負け、醜くも平常心が崩れてしまいそうなとき。


そういったとき、「いま、自分はここにいるのじゃよーツ」という全身の感覚や、「いま、自分の足はここにあるのじゃよーツ」というリアルな感覚をしっかりと感じとりますこと。「いま、手はこの本をこんな感じにつかんでいて、そこにはこんな感覚を見出しにけりッ」と。
「胴体はここにあるッ」「頭はここにあるッ」「手の指はここにあるッ」「足の指はここにあるッ」


そういったリアルな感覚に立ち返ると、心のざわめきは徐々に静まってまいります。そのことによって、余計な雑念や煩悩がなぎ払われれば、必ずや充実した落ち着きが返ってくることでしょう。


こうして繰り返しお稽古することで、自らの身体にしっかりと心をとどめる能力を高めていくことができるでしょう。 

 

 

  普段、自分の身体に意識を置いてないのがよくわかるんだなぁ~

 

 

         今日も最後までお読みくださいまして ありがとう 

 

                                つながっているすべての人に ありがとう    

 

コメント

『豊かに成功するホ・オポノポノ』

2009-05-05 | スピリチュアル
『 豊かに成功するホ・オポノポノ 

                  イハレアカラヒューレン

               インタビュー 河合政実 

 

  ホ・ポノポノをビジネスで展開していくプロセスが語られていますよ。

  具体的に説明されているのでわかりやす~い。

  Q&Aでは

  ・ノルマをこなすには?
  ・モチベーションを上げるには?
  ・売り上げでナンバーワンになりたいが?
  ・年収を上げたいが?
  ・やりがいのある仕事はどうやって見つかる?
  ・会社の将来を考えると不安。業界自体の将来性が感じられないのですが?
    etc・・・・・

  今回はインスピレーションについてです。

 

  直観とインスピレーション 

 

ホ・オポノポノでは、インスピレーションをとても大切にしています。インスピレーションがやってくる、すなわち光が届く悟りの状態こそホ・オポノポノが理想とするゼロの状態です。


ところが、わたしたちは「直観」と「インスピレーション」をよく混同してしまいます。それどころか、その区別もつきません。


直観はインスピレーションに近いもの、似ているものとつい考えてしまいますが、実は情報(過去の記憶)の再生からきているものなので、インスピレーションとは対極のものなのです。つまり、直観とインスピレーションは「似て非なるもの」なのです。


ゼロからやってきているインスピレーションのことをホ・オポノポノでは「霊力」とよんでいます。記憶の再生である直観とは完全に区別をしています。


ここで、少し直観の話をしましょう。
わたしたちは寝ている間に夢を見ますが、夢に関するスピリチュアル系の本を読むと、あたかも夢はインスピレーションの分野のことのように思いがちです。


ところが、実は、夢は過去の記憶の再生にすぎません。夢も潜在意識のなかの情報から現れるものなのです。
ハワイでは「同じ夢を3回見たら気をつけろ!」という警告の意味のことわざがあります。なぜならば「夢が自分をやっつけることになる」と信じられているからです。
このことわざはおそらく、「直観は潜在意識のなかからきている、過去の記憶の再生=古い情報なので気をつけなさい」ということを意味しているのだと思います。


これに対して、「神聖なる存在(Divinity)」からくるものは「インスピレーション=霊力」であって、「霊力」は過去の記憶でなく、これまで記憶に存在したことのない、まったく新しい情報なのです。
この世に存在したことのない初めての情報として現れるものなので、無限(ゼロの状態)からやってきたものなのです。


ところが前述したように、わたしたちには何が直観で何がインスピレーションなのか、その違いを知ることができません。区別をすることができないのです。実は、これが非常にやっかいなことなのです。


直観とインスピレーションの区別すべき最大のところは、「どこから生まれるか」です。直観が潜在意識の情報の再生から生まれるのに対して、インスピレーションは「神聖なる存在(Divinity)から生まれてきます。


では、どうやって区別したらいいのでしょうか。過去の記憶と新しい情報といわれてもその違いがよくわからないかもしれません。
ヒントはあります。こんなときはインスピレーションと考えられます。


例えば、何か行動を起こして数日後に過去を振り返ってみて「ああ!すごいことをやってしまった!一体どうやってできたのだろう!」と思うことが気づかぬうちに起きていたり、ビジネスのうえで自分が必要とする、これ以上ないほどぴったりな人材が偶然現れて、仕事が完璧に行われたりしたときなどです。

とにかく努力も何も必要ありません。苦労して得た結果だとしたら、それはインスピレーションの結果ではありません。
宇宙は、わたしたちが宇宙の流れと一致しているとき、完璧な贈り物を届けてくれるのです。
結果として、自分の生き方の流れに沿っているもので、よくよく考えてみると自分のためにも周囲の人のためにもなる行動をしていたということになるものです。しかも、今までの行動からは考えられないこと・・・・・・なのです。


こうして考えてみると三つのキーワードが浮かんできます。
すなわち「努力なし」「予想外」「無意識」です。


この三つのキーワードからもわかるように、わたしたちにはインスピレーションを起こそうとして起こせるものではないことがわかります。


ですから、わたしたちは「神聖なる存在(Divinity)」からインスピレーションがいつでもやってこられるように、常に情報を消去(デリート)し続けて、自分自身を光が届く、ゼロの状態にしておく必要があるのです。

 

 

  私たちの顕在意識は、1秒間に15~20ビット、潜在意識のなかには1秒間に1100万ビットの情報が立ち上がっているという。潜在意識のなかでどのようなことが起きているか想像すらつかないですね。

                    

          

          最後までお読みくださって ありがとう 

 

           つながっているすべての人に ありがとう 

                                                    

コメント

『神よりしあわせ』

2009-05-01 | スピリチュアル
  『 神よりしあわせ 』

                   ニール・ドナルド・ウォルシュ著 

               吉田利子訳  

 

    『神よりしあわせ』すごいタイトルですね。

それぞれの章が短くまとめられていてとても読みやすい。

今回は27章の「神より幸せ」になる17のステップから

第5のステップです。

17のステップだけでも読みごたえありますよ。


 

『 自分は自分の「物語」ではない 』

 

自分の幸せを妨げずに、起こる出来事を経験するには、たぶん自分の物語を捨てなければならないだろう。
あなたの「物語」とは、人生で起こった出来事や自分という人間やほかの人びとについて自分が実現してきた現実、そしてどうしてそうなったかについて収集してきた全データである。

 


たとえば、わたしは八歳のときに溺れかけた。まだ泳げなかったので、浮き輪をつけて遊んでいたのだが、大きないじめっ子たちが浮き輪をひっくり返してわたしを沈めたのだ。彼らはわたしが泳げないのを知らなかったが、わたしは知っていた。息ができなくてじたばたする。背すじも凍る恐怖がたちまち激しいパニックに変わる。あの恐ろしさをわたしは決して忘れなかった。長いあいだ、おとなになってからでさえ、わたしは水に近寄らなかった。少なくとも背より深いところには。

 


誰にでもこういう物語はあるし、それもたくさんの物語がある。わたしたちはそうした出会いの総和である-------そうでない場合はべつとして。そしてある時点で、それまで自分と他者についていだいていた考え方を手放すかもしれない。そうしないと生きていけないと思うからだ。

 


幸せは物語のなかに決して見つからない。自分と他者についてのいちばん新しくて大きな決断のなかにしか見つからない。これは、いままで起こった多くの事柄について「あのときのあれはあれ、いまはいま」と自分自身に言い聞かせなければならないことを意味している。過去の出来事はひとつとして、この瞬間に起こっていることとは関係がない。

 


ある少年が高圧的で要求がましくて批判ばかりしている母親に育てられる。少年が何をしても母親は満足してくれない。少年は一八歳になると母親のもとを離れて自立し、新しい人生にとてもうまく適応しているかに見える。二三歳で恋に落ち、結婚する。
数ヵ月後、新妻はちょっと気に入らない夫の行動にぶつかる(これはささいなことかもしれない。実際、ほんの小さなつまらないことだろう。たとえば歯磨きチューブのフタをいつも閉め忘れるというような)。妻が夫に注意すると、夫は爆発する。「なんだと!おれのことは放っておいてくれ!とにかく、おれのことに口を出すな・・・・」

 


妻は仰天して夫を見る。どうしてそんなに大騒ぎするのか、と。
理由は彼の心が反射的に反応したからだ。だが変わろうと思えば、創造的な心が必要になる。自分自身をこれまでとは違ってまったく新しく、自分がこうありたいと思う方向につくり直すのだから。たとえ、いままでの自分にはそうなって当然な理由があったとしても、である。

 


潜在意識は「あのとき」と「いま」の区別ができないことを理解しなくてはいけない。潜在意識はすべてのデータを時間のない場所にためこんでいる。だから二〇年前の出来事を夢に見ても、冷や汗でびっしょりになる。潜在意識は(これが身体システムの大半をコントロールしている)、いま思い出していることは現実に起こっているのではないということがわからない。

 


反応する(react:ふたたび行動する)という言葉はまさにそのとおりのことを意味している。「もう一度、以前と同じに行動する」のだ。これは確実に不幸に続く道である。なぜなら、最も大きな幸福とは、反応(reaction)ではなく、創造(creation)にあるのだから。

 


わたしがここで言っているのは、生命/人生はあなたに、あなた自身を経験しなさいと促している、いつどんな場所に生きていようと。それまで経験してきた自分ではなく自分が経験したいと思う自分を経験しなさいと促している、ということである。

 


あなたはこれまで思っていた自分を捨て、自分自身についていだいている最も中心的な考え方を手放し、たったいま人生が始まったつもりで生きることを促されている。少なくとも真の自分は何者でどう生きるかといういちばん大事な決断については、まったく新しい人生を生きることを促されている。ある集団のひとたちはこれを「再生(born again)と呼ぶ。

 

 

    〝反応〟と〝創造〟の世界 楽しみましょうね

      

           

        今日も最後まで読んでくださって ありがとう  

 

                       つながっているすべての人に ありがとう    

 

 

 

コメント