陽 気 村

フィーリングを楽しんじゃおうっと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『タオ 老子』

2008-10-27 | 詩集

タオ(筑摩書房)

            『 タオ 老子 』

                   加島 祥造 著 

   加島さんの口語訳の『老子』 です 

   人はなかなか気づかない

固くて強いものが
世の中を支配しているかに見えるがね
本当は
いちばん柔らかいものが、
いちばん固いものを打ち砕き
こなごなにするんだよ。
空気や水のするように、
タオの働きは、隙のない固いものに
滲みこんでゆき、
いつしかそれを砕いてしまう。

何にもしないように見えるが
じつに大きな役をしているのだ。
このように、目に見えない静かな働きは
何もしないようでいて深く役立っている。
これは、この世ではなかなか
人に気づかれないんだが、
比べようもなく
尊いものなのだよ。

 静けさに帰る

虚(うつろ)とは
受け容れる能力を言うんだ。
目に見えない大いなる流れを
受け容れるには
虚(うつろ)で、
静かな心でいることだ。

静かで空虚な心には、
いままで映らなかったイメージが見えてくる。
萬物は
生まれ、育ち、活動するが
すべては元の根に帰ってゆく。
それは、静けさにもどることだ。
水の行く先は-----海
草木の行く先は----大地
いずれも静かなところだ。
すべてのものは大いなる流れに従って
定めのところに帰る。
(そして、おお、再び甦るのを待つ。)

それを知ることが智慧であり
知らずに騒ぐことが悩みの種をつくる。
いずれはあの静けさに帰り
甦るのを待つのだと知ったら
心だって広くなるじゃないか。
心が広くなれば
悠々とした態度になるじゃないか。
そうなれば、時には
空を仰いで、
天と話す気になるじゃないか。
天と地をめぐって動く命の流れを
静かに受け入れてごらん
自分の身の上でくよくよするなんて
ちょっと馬鹿らしくなるよ。

 

  静かなこころでいたいと思うんだな~  

   

              最後まで読んでくださってありがとう 

                               つながっているすべての人にありがとう 

 

                            

コメント

『みんなが幸せになるホ・オポノポノ』

2008-10-18 | スピリチュアル

 みんなが幸せになるホ・オポノポノ(徳間書店)

                         『 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 

                イハレアカラ・ヒューレン著 

 「ホ・オポノポノ」に興味ある方にはわかりやすくていいかも。 

 不幸な記憶をクリーニングして本来の生き方を取り戻す

ハワイ語で、「ホ・オポノポノ」の「ホ・オ」は「目標」を、「ポノポノ」は「完璧」を意味します。すなわち、ホ・オポノポノとは、完璧を目標として「修正すること」「「誤りを正すこと」という意味になります。
物事が完璧でなくなるのは、潜在意識の中の過去の記憶が再生されて、現在に投影されるからです。
 私たちの潜在意識は、宇宙が創生されてからのすべての記憶にアクセスして、瞬間瞬間膨大な記憶を立ち上げています。私たちが認識しているのは顕在意識ですが、その100万倍の記憶が1秒間のうちに潜在意識の中で立ち上がっているのです。
その中の病気や事故、挫折、不幸など、過去のいまわしい記憶が、私たちの人生に反映されて不幸なことを引き起こしているのです。

人は記憶を消去しつづけるために、この世に生まれてくる

人は生まれたときから、潜在意識の記憶をクリーニングするために生きています。人は、消去するための記憶を、潜在意識に膨大にためこんで生きているのです。たとえ赤ん坊でも、まったく記憶が消去されたクリーンな状態で生まれてくることはまずありません。記憶を消去するために、私たちはこの世に生まれてきているから記憶を消去する必要がなければ、そもそも私たちは生まれてきていないはずなのです。

悩みの内容はいっさい関係ない。ただクリーニングするだけ

ホ・オポノポノは、自分の潜在意識の記憶を消去して本当の自由を手に入れ、本来の姿、あり方を取り戻す方法です。これは、誰か別の人の悩みや苦しみを解決する場合も同じです。あくまでも、自分自身の中の記憶を消去するのです。
 ふつうセラピストは、患者の悩みの内容を聞いて、その悩みに対処するアドバイスをしますが、ホ・ポノポノで悩みを解決するときには、悩みの内容はいっさい聞く必要がありません。
 ただクリーニングするだけで、相談やセラピーを受けにくる人の悩みや苦しみの内容は知らなくてもいいのです。たとえ知ったところで、顕在意識の記憶の100万倍もある自分の潜在意識のどこに、その人をくるしめたり悩ませたりしている原因があるか、わかりようがないのです。
 悩みを抱えて相談にくる人と、本当は会う必要もありません。顔を合わせなくても、悩みや苦しみの内容がどのようなものであるか知らなくても、ホ・ポノポノではクリーニングできるのです。

それ自体の意識に任せて執着を捨てれば、すべて上手くいく

この世の中の存在は、人間だけでなく、ほかの動植物も、さらに小さな文房具やネジやピンの類まで、誰にも依存しないで自立しています。
ですから私は、自分の家や車、さらに冷蔵庫などにもクリーニングの仕方を教えています。
たとえば、、車が故障したりするのは、自分の中の記憶がそうさせているので、自分の外では何も起きていないのです。だから車に何か異常があったとしたら、自分の意識と車がつながっていて自分の意識が投影されているのです。
私たちがふつう意思をもたないと思っているようなものも、ちゃんと意識をもっているのです。

100パーセント自分の責任と考えないと何ひとつ解決しない

 精神障害の犯罪者の収容施設で成功したのは、結果がどうなるかなど考えず、ただクリーニングしつづけたからです。どんなことに関しても、すべての原因が全部自分の中にあると気づいて、クリーニングする人だけが、自分本来の生きる価値を取り戻すことができるのです。
 潜在意識の記憶は、誰かがクリーニングしてくれると思って他人任せにしていると、いつまでも消えません。
誰でもできることを誰もやらなかった結果、みんなが人を責めるだけで終わってしまいました。
 このように、みんな自分の問題と考えないで、そのままにしてしまうのです。どこかで、100パーセント自分の責任だと考える人がいなければ、問題は何ひとつ解決しないのです。

ゼロの場に立てれば、本来の姿、役割がまっとうできる

 すべては、ゼロから始まります。最近の科学者の中には永遠があることを突き止めて人たちもいますが、科学者は答えを出そうとするので、考えた時時点で記憶となってしまいます。
 また、もし何か意図したり、こうしたいと思うのは、ゼロではないということです。潜在意識の中の記憶の再生が、欲望や願望となって表れているのです。
 ですから、野球選手になりたいとか、宇宙飛行士になりたいとか、そういう目標があったら、過去の記憶の再生による欲望なのでゼロではないということなのです。
ゼロの軸に立てば、努力などとは関係なく、起こるべきことが勝手に起きてきます。富をはじめとして、必要なものはゼロのところにしか本当はないのです。
 自分自身の中にある神聖なる知能が、自分にとってもっともふさわしいものや人との縁をつくってくれて、必要な場所に自分を連れていってくれるのです。
 私はこうなりたい、こうありたいというのは〝命令〟です。しかし神聖なる知能は、そんな小さなものより、もっと大きなものをあげたいと思っているのです。仏陀は、「空」になったら悟りがあると言っています。ゼロになれば、必要なものはすべて与えられるのです。
でも、、ゼロにならないかぎり、自分にとってふさわしいものが何かすらわかりません。たとえば、入学試験に合格したいという願望があったとしても、それが本当にその人のあるべき生き方に導いてくれるかどうかはわかりません。

潜在意識をクリーニングするオ・ポノポノの方法

ありがとう(Thank you)
ごめんなさい(I`m sorry)
許してください(Please forgive me)
愛しています(I love you)

これらの言葉で、自分の潜在意識の中の記憶に感謝し、インナーチャイルドを慈しむのです。
しかし、難しく考える必要はありません。この四つの言葉すべてでなくても、「ありがとう」と「愛しています」の二つの言葉だけでも、もっと簡単には「愛しています」という言葉だけでも構いません。
「愛しています」という言葉には、「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」という気持ちが入っています。

   ただただクリーニング(潜在意識の中の記憶を消去する)なんですね~ 

                     

              最後までお読みくださって ありがとう 

                   つながっているすべての人に ありがとう 

             

                         

コメント (2)

『Kさんのイラスト展』

2008-10-14 | Weblog
 

   今回は、Kさんのイラスト展に行ってきたので

     何点かご紹介したいと思いま~す

     Kさんの了解済みだよ~ん

     今回のために準備した数は200点あまりだそうです

     しおり、ポストカード、B5版イラスト全部手書きだから

     いいんだなぁ~

               

    『 ちょっとしたことや

    ふとしたことに

    しあわせ者(もの)なんだなぁ・・・てっ

    感じるで

    ゴザルよ。 』

    

会場に来ていたおばちゃんが

若いのに悟ったようなこと書いてるな~

なんて言っていたけど

Kさんの言葉ってハートからでているような

気がします

ハートからハートへつながろうとしているような・・・・

Kさんはプロのイラストレーターではないんです

好きだから描いているような方です

メッセージはどんな時にでるの

ってカルちゃんが聞いたらば

『絵を描いている時かな~』

やっぱり~ ですね

 

右側のチョコパクッのメッセージは

『 好きなものは好きなんだ

 理由なんてないよ 』

そういえば誰かがKさんのしおりを使うと

本が楽々読めるんだな~とか言ってたなぁ~

Kさん 素敵な絵を ありがとう

   

             今日も最後までお読みくださいまして ありがとう 

                                      つながっているすべての人に ありがとう    

 

コメント (2)

『奇跡の習慣』

2008-10-09 | スピリチュアル

奇跡の習慣(ビジネス社)

                        『 奇跡の習慣 』

                ソンドラ・レイ著 野崎友璃香 訳

 アロハスピリットがたっぷりですぅ~。「alo」は開花、何かを心に届ける感覚、または心とともにはぐくぬもの、「ha」は神の吐息をあらわすのだそうです。

      賞賛と批判 

 最初にマウイの洞窟を訪れたころ、私はサージャ・キングという素晴らしいカフナと出会いました。彼の著書の大半は、賞賛と批判について書かれています。アロハスピリットのこもった彼の本では、賞賛は善をもたらし、増加、成長させるが、その一方で、批判は関係を破壊、悪化させると協調しています。
「あなたが自分自身を批判するとき、あなたの「ku(男性的な遺伝子パワー)が攻撃下にあると感じ、筋肉を硬直させることで身を守ろうとし、ストレスを生み、明晰さ、記憶、エネルギーの流れを抑制し、そしてあなたを弱らせ、やがて病気やアクシデントにつながっていきます」とキングは言います。彼はさらに「自己感謝はこれらの筋肉の緊張を解き、エネルギーを増加させ、あなたを強くする」とも言っています。
彼はもう一つ、重要なメッセージを伝えています。
「他を批判するとき、あなたの「Ku」はそれを個人的に受け取り、体が緊張します。他を賞賛するとき「Ku」はあなたに感謝の言葉を述べ、あなたの体はリラックスします」とも言っています。
私がキングから学んだもっとも価値あるレッスンは、批判が減少するにつれ、愛は増加するということです。

  あなたの未来は変えられる

ブラッド・ステイガーはカフナについて「未来は、高次元の自己によっては眠っている間に作られる」と主張しています。
私が起きているとき、一日のうちに何度も気持ちが変わり、そのために日常における試行錯誤、幸運悪運といったものがごちゃ混ぜになっています。
高次元の自己が未来へのはっきりした方向を見出すのに苦労するのも無理はありません。もし私たちがしっかりした決意を保ち、いつでもそれに一途に向かって行くことができるならば、高次元の自己は、私たちがどんな未来を望んでいるかを知ることができ、その望む未来を作り上げていくために従うことができるのです。
それはゼリーの作り方にちょっと似ています・・・・・かき混ぜてはいけない!ということです。

  カフナマスターの明示

明示というのは、カフナにとっては簡単な科学なのですが、世界ではまだまだ革命的とも言える知識です。カフナにとっての明示は、リラックスした、苦労を必要としない、とても簡単な試みなのです。

  1. あなたが幸福ですっきりした気分のときに、あなたが望むことをはっきり述べなさい。
  2. 明確な映像とともにゴールに集中し続けなさい。心の目で見、やり続ける間、その映 像を変えてはいけません。
  3. あなたの中にある反抗や否定をすべて解放しなさい、あなたの心の目に映っている映像に忠実でありなさい。
  4. あなたが描いているものは、他人には影響しないことを確信しなさい。
  5. あなたが映像化しているものを既に持っていると感じ、あなたが生きていくうえであるべき状態を感じなさい。例えば、お金を具現化したいなら、すでに持っている自分が何を感じるかを想像するのです。
  6. 深呼吸してマナを集めなさい。
  7. あなたのゴールを実践するために低次元の自己にあなたの高次元の自己へマナを届けるよう協力を依頼しなさい。
  8. どのようにそれがもたらされるのかなど決して疑問に思ってはいけません。そしてそれがやってくるのかと疑ってもいけません。
  9. 何をしているのか、決して他人に話してはいけません。もしそのことに協力的ではない人たちにあなたが話してしまったとしたら、彼らの否定的感情と疑念が否定的な影響を与えてしまいます。
  10. 宇宙は無限なる供給であり、あなたが必要なものは、すべて引き寄せることができると知りなさい。

息は祈りの燃料であることを覚えておいてください。マナを集めるためには、意図的にゆっくりとした深い呼吸をします。
マナは詳細に述べられた目的のために高次元の自己へと捧げられ、そしてマナによって現実化されます。

高次元の自己はあなたが助けを求めない限り、どんなにあなたが人生の混乱の中にあったとしてもあなたの行っていることに干渉することはありません。


   ちょっと内容が引き寄せっぽくなりましたね。

最後に、『奇跡の習慣』の中で見ぃ~つけた祈り?詩をギフトします。

私は私

私は無から光に生まれ
私は生を潤す息なのです。
私はあらゆる意識を超越した空なる存在です。
私はすべて。
私は海に虹の矢をいる
尽きることのない思考、
私は入ったり、出たりする息なのです。
目には見えず触れることもできない
言葉で表現すらできない
創造の原子
私は私。

それではまた、お会いしましょう         

 

             今日も最後までお読みくださいまして ありがとう 

                                      つながっているすべての人に ありがとう    

 

コメント