陽 気 村

フィーリングを楽しんじゃおうっと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『Debussy A melody in the memory』

2008-11-24 | BGM
 Debussy A melody in the memory 

                   ピアノ演奏:ウォン・ウィンツァン 

  ウォンさんの新作です。今回は、クラッシックですね。

       ドビュッシーの曲がたっぷりです。

   これまで何度も何度も弾いてきたことでしょう。

   録音も何度しなおしたかわからないということですから。

 

「ドビュッシー」、、、この優美で官能的な名前を想い浮かべるとき、

記憶の向こうにしまい込んであった青春時代の、ある種の苦々しい気分が

わき上がってきて、なにか自己憐憫とでも言うものが漂ってしまう。

私の「青春」は、言葉が持つ明るい春のイメージとはほど遠かった。

打ちのめされ、闇の中でうずくまりながら、

孤独とやり場のない怒りをかみしめている、

それが私の青春時代だった。

しかしそんな中、音楽に目覚め、音楽の世界に分け入っていく。

すがるように聴いていたのが、

ドビュッシー、ラヴェル、ストラヴィンスキー、我満徹などの印象派以降の音楽

そして、ビル・エヴァンスやマイルス・デイヴィスなどの新しいジャズの流れだ。

薄暗い自室のベッドに横たわりながら音楽に身を浸すその時だけ、

魂を解き放ち、悦楽の中で自分を取り戻すことが出来たのだろう。

これらの音楽に私は、今風の言葉なら「癒された」と言うことになるだろうか。

                                 ライナーノーツより

 とても幻想的で繊細ですね~  

カルちゃん的には、ベルガマスク組曲のプレリュードなんかいいですね~

何かが動き出しそうな予感めいたものを感じます 

       興味ある方はちょっとだけ視聴できます 

       CDショップブルームーンHP

               http://www.sound-ware.com/shop/shop.cgi?mode=p_wide&id=347             

             最後までお読みくださいましてありがとう

                                     つながっているすべての人にありがとう

                     


コメント   この記事についてブログを書く
« 『レッドクリフPart1』 | トップ | 『5次元世界への超扉』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

BGM」カテゴリの最新記事