陽 気 村

フィーリングを楽しんじゃおうっと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『 すでに目覚めている 』

2015-02-17 | スピリチュアル

『すでに目覚めている』  ネイサン・ギル著 古閑博丈 訳


 「心を躍らせる何か」をずっと探してきましたね~。

満たされない思いを何かで満たそうとする生き方に慣れ親しんできたせいかもしれません。

今ここで 満たされないと思う瞬間にも やすらぎはあり続けているというのに・・・・・・

今回は、Q&AからUPします。

                

Q それでも、ここでこうやって椅子に座っていると、この瞬間に起こっていることについての満たされない感じが生じてきます。人生を通して今までずっといろいろなものをつめ込まれてきました。期待とか、希望とか、道とか、探求とか、あらゆる種類の筋書きとか。でも実際には何もないわけです。そうすると、味気なさだけが残ります。そうですね、実際これはまったくの味気なさです。徹底的な惨めさと言ってもいいくらいです。あまりいいものじゃありません。

 

A あなたが味気なさと呼んでいるものは、じつはやすらぎと気楽さです。それはずっといつでもあったものですが、今はそこから探求、希望、前進、進歩といった「心を躍らせる」何かが抜けています。登場人物としての同一化が完全に崩れるということが起こっていると、最初は、ただあるということにくつろぐだけで十分だと思えないかもしれません。それから、その味気なさには、大海というを航海するスリル満点の探求という冒険を失ったことを悲しんでいるといるという側面もあります。

探求の対象になっているのはここにずっとある気楽さで、それ以外にはありえません。ところが、気楽さとしてくつろぐかわりに、気楽さを対象として探し求めるスリル満点の探求に没頭するということが起こります。

登場人物としての同一化が崩れる際に、場合によっては「私」が完全には見抜かれないことがあって、そうすると「私」があるという思い込みと一緒に不完全さの感覚、全体ではないという感覚が起こります。でも、全体性を探そうとする動きが起こると、すぐにその動きの本質は見抜かれます。全体性を探すなどということがありえないとわかって、「私」はまた崩壊してしまうんです。このことは荒れ野にいる状態と呼ばれたりしますが、まさにその考えに思考が焦点を合わせて、劇の中で待機のゲームが起こります。「私は荒れ野にいるんです」というのは、探求のひとつの形態です。

  

  訳者 古閑博丈氏のブログもおすすめですよ ⇒ http:/resonanz360.com      

 

 

   

 

            最後まで読んでくださって ありがとう 

                                つながっているすべての人に ありがとう 

 

 

コメント

『誰が夢のバスを運転している?』

2014-11-10 | スピリチュアル

DVD『誰が夢のバスを運転している?』

 今年の2月に発売した作品なのでもうすでに観た方もいらっしゃるのでは・・

ここに登場する、ガイ・スミス氏やティモシーフリーク氏の表情がいいですね。

今回はトニーパーソンズ氏のインタビューの一部からUPします。

                

目覚めにはきっかけがある 僕の場合は 公園への散歩だった 新たな視点が開けるんだ

僕は“目覚め”と呼んでる

目覚めまでは真実を探求している状態だ

優れた人物だけが目覚められると思ってる

探求することは 実際には何もない

真実はすでに ここにある

目覚めると そのことに気づく

思考を根本的に 変えるような気づきだ

分離した個人はいない 探求者も存在しない

目覚めのこの段階では 彼らはまだ夢みてる

探求者のままだ

目覚めを経験しても-------------

さらに すべてを感覚として 統合させる必要がある

“自分”と“存在”をね

“自分”は“存在”を所有したがる

でも何もできない

それどころか----

“自分”は“存在”の一部になる

それが“解放”だ

分離した個人という 感覚がなくなる

解放もまた説明できない

ここには誰もいない

ただ“存在”があるだけだ

 

      

        

         最後まで読んでくださって ありがとう 

                              つながっているすべての人に ありがとう 

         

 

 

 

コメント

『 なにが起こっても、「絶対*幸せ」でいる法 』

2014-10-19 | スピリチュアル

『 なにが起こっても、「絶対*幸せ」でいる法 』 

        ロバート・シャインフェルド著 栗原弘美 訳

                  

   

ロバート氏は問いかけてきます。「あなたは、子どもの頃、インナースペースでエネルギーが一定の周波数で動いているのを感じても、それが「良い」ものか「悪い」ものか判断できない時期がありませんでしたか?」と。

  

  

感情のエネルギーの動きや周波数そのものは、私が「純粋な生の経験」と呼んでいるものであり、「これは怒りだ。これは憂うつだ。これはいら立ちだ。これは幸福だ。これは平穏だ。これは静けさだ」などと語りかけてくることはありません。

 

 

エネルギーの動きや周波数そのものは、純粋な生の経験であり、たとえ「ネガティブ」と言われている感情であっても、それが悪いとか、不快だとか、有害だとか語りかけてくることはありません。

 

 

純粋な生の経験は、そのままのもの-----エネルギーの周波数-----であり、良くも悪くも快くもつらくもないのです。

そして、もちろん、逆もまた真実です。

 

 

純粋な生の経験の中には、その動きや周波数が良いとか悪いとか語りかけてくるものはありません。

 

 

あらゆる名前や判断は、私が「『マインド・マシーン』から叩き出された大いなる嘘や幻想、ストーリー」と呼んでいるものに過ぎないのです。

 

 

 

   いつの間にか自動的に、機械的に、瞬間的に、

     判断してしまうように学習してきてしまったんですね~

  

 

           最後までお読みくださって ありがとう 

              つながっているすべての人に ありがとう 

                                       

コメント

『愛とは夢から目覚める力です』

2014-04-07 | スピリチュアル

   『 愛とは夢から目覚める力です 』

                     香咲 弥須子 著 

                  

   一日の終わりに 開いて 

自分の心を見つめるきっかけに

したいと思える一冊です。    

   今日、印象に残った言葉をUPします。

 

 

 

「わたしはこんな思いを望んでいません。代わりに安心を選びます。」

これは、いちいちやる作業です。一つひとつ訂正します。

自我の声を軽く見ないでください。自我のおしゃべりに気づいたら、

その都度、ほんとうの思いを確認します。

 

 

 

何を忘れて、代わりに何を思い出すかをはっきり決めたいです。

それが心の明晰さです。

「忘れる」と「思い出す」は同時になされなければなりません。

 

 

 

気づきがあると、心は傷ついていないことがわかります。

わたしたちは心です。わたしたちは、誰でもありません。

それに気づくことをゆるしといいます。

 

 

 

裁き、批判、非難、判定、断定。それが、わたしたちが日常で行っていることです。

それらの自分の解釈を、全部、そして、いちいち訂正すること。それが、ゆるしです。

 

 

 

苦悩とは、自分の居場所がない感じがすること。自分の居場所はあります。

そこを留守にしているとき、他の人が代わりにそこに来るわけにはいきません。

そこはあなたの場所で、その場所にいることが、あなたなのです。

 

 

 

夢はすべて、過去の再生です。

いのちが見えるのは、現在だけです。

 

   今日も一日、いろんな思いがありますが

  手放して、ゆだねましょうね。 

 

                 

           最後までお読みくださって ありがとう 

              つながっているすべての人に ありがとう 

                                               

コメント

「エンライトメント」

2014-03-06 | スピリチュアル

 『エンライトメント人生の目的~

                   エックハルト・トール   

 

 目の前にあるコップの水とひとつになって味わう

  ただそれだけのことなのに・・・・

  なぜ それができないのか?

  コップの水の例えのお話からUPしますね。

    

 私は水を飲みます

 これが私の目的です

 今度はコップをテーブルに戻すこと

 これが私の目的です

 これが自分の目的だとわかっていて行うのと

 他のことを考えながら行う

 普通のやり方と何が違うのでしょうか

 

 

 普通の水の飲み方というのは

 コップを手にした時には

 コップを口に持っていこうと先走り

 そして水を飲んでいる時には

 水をお腹の中に入れようと先走り

 コップをテーブルに戻す時も

 コップはまだここにあるのに

 早くテーブルに置こうと 先走っているのです

 これは ほんの一例ですが

 人々は 一生こんな感じで過ごしているのです

 

 

 すべての行為が

 目的のための手段となっているので

 やっていることそのものに

 意識が向いていないのです

 つまり人々はみな

 第一の目的を

 まったく満たしていないのです

 すべてを見逃しているのです

 

 

 あなたの行動のほとんどは

 それが95% 99%・・・・

 たとえ90%だとしても

 あなたのすることは何もかも

 目的のための手段となっているのです

 それが人間の成れの果て

 全人類の宿命です

 中には そこから

 抜け出し始めた人々もいますが・・・

 

 

 そのような状態で 

 生きているということは 

 かなりイライラすることです

 不満はとどまることを知らず

 ストレスは溜まり

 心配事は増え 恐れは募ります

 

 

 すべては第一の目的である

 「今しかない今とひとつになること」を

 満たしていないことが原因なのです

 「今」していることや 現状を

 変えようとするのではなく

 内面的に「今」とひとつになるのです

 思考に振り回されて

 いつも上の空で

 生きているのではなく・・・ 

 取り組んでいることに 

 100%没頭していなければ

 行為は目的のための手段に

 過ぎなくなってしまうのです

 これが思考に捕われている

 人間の宿命的な現状です

 

 

 思考に捕われているために

 常に「次のこと」のために 

 生きているのです

 「次のこと」というのは

 単なる思考なのです

 

 

 ですから あなたの目的は 

 「あるがままの今と

 調和して生きること」です

 そうすればあなたのすることは

 何ひとつとして 目的のための手段と 

 なることはなくなります

 それ自体が目的となります

 

 

 それが第一の目的です

  

 

    第二の目的は もちろんDVD でね 

 

                   

           最後までお読みくださって ありがとう 

              つながっているすべての人に ありがとう 

                                           

コメント