陽 気 村

フィーリングを楽しんじゃおうっと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『サーファー・ショーンの教え』

2010-09-27 | 物語
 『 サーファー・ショーンの教え 

                        セルジオ・バンバーレン 著 

                      山川紘矢・山川亜希子 訳 

 

 オーストラリア生まれの主人公彼が忘れていた「真実のことば」を思い出す物語です。ある日彼は六十代かと思われるショーンというサーファーに出会います。ショーンは「真実のことば」を取り戻すための道具を彼に与えます。それは、『海辺で考えたこと』 という一冊の手書きの本でした。12の教えが書かれています。今回は、魂のサーファーショーンの12のメッセージからです。 

 

ショーン、春のうねり 2001年  

 

 もし、私にとって人生で一番大切なことが一つあるとすれば、それは、愛する海の広がりの中で、たった一人で波に乗り、波の中にいる瞬間だ。


波のてっぺんに乗っているとき、私は純粋にスピリットと光とエネルギーそのものになる。他のことは一切、問題ではなくなる。なぜなら、私は私であり、あるべき私だと知っているからだ。魂は私だけの幸せ
に歓喜し、私は海とひとつになる。私は自分が何者であるかを恐れず表現する。なぜなら、海の静けさが、心に人生の本当の意味をささやきかけるからだ。そのとき、私の思いを支配する何の規則も存在していない。自分の中に住む子供を指図しようとする法則も、そこにはない。突然海の深みから現れて、私と一緒に波と遊ぶイルカのように自由なのだ。   


私は、自分をしばっていたすべての制限や恐れを取り外す。すると、壁につき当たったという感覚がまったくなくなる。突然、私の魂からエネルギーがどっと押しよせ、私の心を真実で照らし出す。私はもう宇
宙のはてしない大きさを恐れない。なぜなら、この宇宙の中で自分の居場所を見つけたからだ。私は自分を完全に自由に感じる。


波がやってきて、私をその塩からい感触で包み込み、私が知らなければならないことを教えてくれる。魔法のような心のやすらぎが私の命を充たしてゆく。すると突然、これまでの日々の生活でとても重要だ
と思えたものが、少しも重要ではなくなる。宝物は私が持っている物の中にあるのではなく、できるだけ物を所有したくないという気持ちの中にあることが、今、わかった。


大切にしたいものはただ一つ、こうした真実の黄金の瞬間の記憶だけなのだ。そして、私自身のこの部分につながればつながるほど、自由の本質をより深く理解できるのだ。しかも、人生のあらゆる面で、よ
り幸せになれるだろう。 

 

ショーン、夕陽の波 2001年 秋  

 

波はゆっくりと私をつつみこむ。すると、まわりを全部水にかこまれて、私は一瞬、見えなくなる。そのとき、今日が何月何日なのかも忘れてしまう。この瞬間だけを覚えている。これこそ私がいつも〝そうなりたい〟と願っている瞬間だ。なぜなら、この瞬間は一時のものであるけれど、その記憶は永久に消えないからだ。


私はチューブをぬけ、波の上で何回かボードをターンさせた(カットバックした)あと、波を降りた。そしてボードを引きよせて、その上にまたがった。そのとき、真の自分とは自分が見つけるものではないことが
わかった。それは自分が作り出すものなのだ。


私たちは、自分がスピリチュアルな存在だと気がつく世代に生まれていると信じている。それは必ずしも、宗教を信じるということではない。教会の中に神を見つけるだけでなく、自分の心、まわりにいる人、大
自然の美しさ、そして波頭の中にも神を見つけることを、私は学んだ。


海と接することによって、私の心は霊的なエネルギーに満たされる。ずっと以前は重要だと思っていたことが、今はもう重要ではなくなっている。支払請求書、新しい車、一生かかって支払う家のローンなど、
もう重要ではない。今思えば、何か物を手に入れようという衝動が、私の人生の一番大切な時間を奪ってしまったのだ。


私が〝生きている〟と感じるためには、波と夕陽だけがあればよい。こうしたすばらしい瞬間は、いつも起こっている〝永遠のもの〟であり、見のがさずにしっかりと捕まえるように私をうながし、待っていてく
れるのだ。

 

 

   「真実のことば」を思い出す旅は続きますね 

                    

         

           最後までお読みくださって ありがとう 

              つながっているすべての人に ありがとう 

                                                  

コメント

『びんぼう神様さま』

2009-04-20 | 物語
 『 びんぼう神様さま 』

                    画・文 高草洋子 著  

            

 『読書のすすめ』さんに行ってきましたよ。
  ここをはじめて訪れたらまず読む本と
  おすすめしていたのが
  今回、ご紹介する本です。

  ある時、松吉の家にびんぼう神が住み着きました。
  ところが松吉一家は悲しむどころか
  びんぼう神をありがたく拝みはじめるんです。
  びんぼう神はだんだん居心地が悪くなり悩みはじめた。
  そう、びんぼう神が悩むんです。

 

《なんでわしは、神様って呼ばれるんじゃろう?》


この家に来てからというもの、今まで考えたこともないことでびんぼう神は悩んでおった。
それまでのびんぼう神は、自分が来たことでその家が貧乏になってゆくのが楽しみで、貧乏への不平不満、愚痴を聞くのが大好きじゃった。ところがどうじゃ!この家のもんときたら・・・・・。

 

「うちにはびんぼう神さんしかおらんようじゃが、うし松が贅沢も言わんでなんでも喜ぶのは、もしかしたらびんぼう神さんのお陰かもしれんねぇ。」


などと言い出し、古材を拾ってきて、あれよあれよという間に、なんともみすぼらしい神棚を作ってしもうた。びんぼう神があっけに取られて口をポカンとあけている間に、夫婦とうし松の三人は、神棚の前に座り、神妙にパンパンと柏手(かしわで)を打って、


「びんぼう神さん、びんぼう神さん・・・・」


と始めたではないか!びんぼう神は、つい、ダダダッと神棚に駆けていってちょこなんと座ってしもうた。夫婦は


「お陰さんで、うし松も元気に育ってくれとります。贅沢(ぜいたく)一つ言うわけでもなく、稗(ひえ)も粟(あわ)も栗の実一つ、ドジョウ一匹、うちじゃぁみんな宝物ですだ。これも、びんぼう神さんのお陰ですだ。これからもどうぞよろしゅう、お願えします。」


と言うではないか!びんぼう神は生唾をゴクンと飲み込んで、目をくりくりさせるばかりじゃった。


それからというもの、親子三人、貧しい食事の中からびんぼう神にお供えして、毎日毎日、神妙に拝むのじゃった。びんぼう神はいたたまれんかった。

 

今までのびんぼう神は、家の屋根裏部屋の片隅で、ただごろごろとして、その家が貧乏になっていくのを楽しんで眺めておれば良かった。ところが、こうして、感謝されると、この家族が神棚に向かうたんびに、自分も神妙にせないかんような気がして堅苦しゅうてならんかった。まして、子供の紅葉(もみじ)のような手でビシャピシャ柏手を打たれたひにゃぁ、たまったもんじゃなかった。しゃんと背筋を伸ばさなならんわ、尻はもぞもぞするわ・・・・・。

こんな毎日を送っているうちに、びんぼう神はだんだん憂鬱(ゆううつ)になってきた。そして、こんなことを悩むようになった。

 

《なんで嫌われもんのわしを、ただ神さんちゅう名前がついとるちゅうだけで、この家のもんは神棚にまつるんじゃろうか?そもそもおるだけで不幸になることしかしてやれんわしが、なんで神さんて呼ばれるんじゃろう?》

 

こうして、今日もびんぼう神は神棚の上で、フゥーと大きなため息をつくのじゃった。

 

 

 実はこのお話の中では、福の神も悩んで登場します。

「福の神と言われてはいるものの、どうもこのごろどこの家に行っても、願いを叶えれば叶えるほど人間の顔が妙にギラギラして、人相まで悪くなるような気がして、すっきりせんのじゃ」と言って。

やがて松吉どんが住む村に、飢饉がやってきます。
その時、びんぼう神様がとった行動とは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

目に見えない世界がとても身近に思えてくるんだな~

 

 

 『読書のすすめ』さんに行って気がつくことたくさんありました。このお店にある本は本当に生きています。とても不思議なのですが、そんな風に思えるのです。

     

 お店の前で出迎えてくれたプーサン 『本を読むと財布の中は寒くても心の中は温かくまります』と書いてます.

ピースの方は、今回、カルちゃんに感動を与えてくださった読すめの小川さんです。一度、お会いしていただければきっと、小川さんの熱い魅力を感じていただけるかと思います。本当、ツイテルやつです。『いいと思ったら即行動』がモットーのよう。きっと何か起こしてくれるでしょう。一度会っただけでファンになりました~。

小川さんって最後まで喜ばしてくれるんだな~。感激   の涙です。

本当、ありがとう。また、会いに行きますよ~ 

 

          

 

  今回2日間お世話になった堅実な山さん、相談にのっていただいた素敵なNさ ん、柔和なTINKERさん お会いした皆さん本当にありがとう この場をかりて  

     

            また、よろしくね!

 

        今日も最後まで読んでくださって ありがとう  

 

                       つながっているすべての人に ありがとう    

 

コメント (2)