陽 気 村

フィーリングを楽しんじゃおうっと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『自分をいかして生きる』

2011-06-07 | エッセイ

 『 自分をいかして生きる  』

                     西村佳哲 著

                 

   働き方研究家である西村氏。

就活している方や仕事をしている方にもおすすめですよ。

「正しい答え」なるものは、あるのか? 問いかけてきます。

     

仕事は「選ぶ」もの?

 仕事を「見つける」とか「与えられる」、仕事に「就く」、会社に「入る」といった言葉。
ここには、それを語る人の仕事観があらわれる。
中でも「選ぶ」という言葉には少し気になるものがある。仕事は「選ぶ」ものなんだろうか?

以前、ある企業の人事採用プログラムに関わって、就活中の学生たちと話を交わす機会があった。その際に驚いたのは、
就職活動をまるで成人の儀礼のように捉えている人がいたことだった。複数の内定を手に入れながら、「わたしはまだ『就活』を深めきれていないんです」と真剣に悩んでいる人が何人かいた。
各社が条件や理念と自分を照らし合わせながら、迷い続ける姿は、本人たちに申し訳ないが「間違いのない買い物」をしたがる消費者の姿と重なって見えなくもない。
いやこれは言いがかりで、むしろ問題は、大人がその時期の学生たちに供給している自己分析や適正診断プログラムにあるのかもしれない。要らぬ迷いを増やすような効果を、あれらは持っている気がする。通過儀礼を失った社会にも問題の根はあるのだろう。

正解を求める心の動きはどのように形成されるのか。間違いのない買い物や、損のない買い物、賢い買い物をしたいという感覚も。「深めきれていない」という言葉もそうだが、その辺りにはなにか強迫観念のようなものが透けて見える。
賢さや間違いのなさを求める観念には、人を、今この瞬間から引き剥がす作用があるように思う。いつもなにか他に、どこか余所に、正しい答えが、もっといいものがあるんじゃないかと気を散らす。

20年前に参加した勉強会で、あるマーケティング・プランナーが「現代人の人間の創造性は消費行動に集約できる」といった話を熱心に語っていた。
人間とはすなわち消費者であるということ。素直に頷きたくない話だが、言わんとするところはわかる。現代の人間、なかでも資本主義的な文化圏で生きているわたしたちは、豊富な選択肢の中から欲しいものを選び、手に入れるという作業を日々くり返している。テレビで、インターネットで、本屋さんで、スーパーマーケットで、セレクトショップで。(中略)


選択可能な現実がほかにもあると知ることは、精神の自由を可能にする。そのための知力や気力はあった方がいいと思う。
が、選べないことが貧しさになってしまうのは、選ぶことを課せられたゲームの中での話だ。そもそも、与えられた選択肢の中から選ぶことが、豊かなのかどうか。
カタログ化した社会で、価値をつくるのではなく選んだり買ったりして生きること。自分に合わせて選んでいるように見えて、実は与えられた枠組の方に自分を合わせているような事態が、頻繁に生じていると思う。

高度に情報化した社会には、読み応えのあるアウトドア雑誌のような可笑しさがある。さっさと出かければいいのに、その前に美しい自然の写真を眺め、他人の旅の逸話に目を通して、豊富な二次情報を摂取する。普段着でも山歩きはできるのに、間違いのないウェアやギア選びに時間をかけたり。
これと似た状況は、仕事や働くことの模索においても生じやすいはずだ。

選ぶ過程を通じて、自分が本当に欲しているものがわかってくるという側面はあるだろう。選んだり探す行為自体の面白さもわかる。たとえば子どものことを考えて慎重に重ねられる親の熟考を、間違いのなさや賢さへの強迫観念と同列にして語るのも失礼な話だ。
しかし人の弱みや、不安な気持ちの足元を見るようにさまざまな商品が差し出されていることや、人間が自ら積み上げた二次情報の厚い壁の内側で生きているような今の社会に、品定めのような情報処理を延々とつづけさせる環境特性があることは心得ておきたい。

「なんのために働くのか」とか「どう生きるのが良い」といった意味や目標を、わかりやすく提示してくれる本や職場には引力がある。
しかし、そもそもそれは、誰かほかの人間に提示してもらう類のものなんだろうか。
目的が最大利益の追求であれ、社会的公正の実現であれ、他の人がつくった問いを手にして、いそいそとそれに取り組んでいる姿は、解き甲斐のある問題を前にして腕をまくっている生徒のようだ。

現代国語のテストで見かける、「前後の文脈を理解して文中の空欄を埋めよ」といった問題に答えているより、出題に使われるような文章を、自分の物語として丸ごと書き下ろしてゆく方が面白いんじゃないか。そうでないと、生きていることが、どこか答え合わせのようになってしまうようにも思う。

 

 

   ベストなものを選んだつもりでもこんなはずじゃなかったっていう体験ありませんか?

 

                            

         最後まで読んでくださって ありがとう 

                               つながっているすべての人に ありがとう 

 

                            

コメント

『あらたなる世界』

2010-10-15 | エッセイ
  『 あらたなる世界 』

                     MARTH 著 

                Ma Dhyan  訳 

 

    著者 MARTH 氏はダニエル・コビアルカ他のヒーリングアーティストのプロデューサーであり作曲家です。
今から十数年前のこと。愛する人が末期のガンになってしまいました。ある時、必死で助けたい思いから
彼女が聞きたい話をすることになりました。
それは 「宇宙の話」、「未知の話」、「死が存在しない」という話でした。

私たちは 今もこの瞬間も 本当は
未知なる 神秘なる はかりしれぬところにいる

からはじまります。
ポエムのような短いエッセイなのですが
読んでいくうちに
はじまりも おわりもない世界 の物語のように思えてきますよ。
本の中にある写真のようなグラフィックのような 風景にも
癒されます。



今 本当はどこなのだろう・・・・
人の名づけた地名ではなくて
人の決めた国名や地球ではなく
その当のものはどこなのだろう
それは  人が決めるだけで
永遠にどこかわからない
と ・ こ ・ ろ ・・・・・・

 


もし私達が、思考というものを身につけなかったとしたら
未知から未知への変化の旅となるといっても過言ではないでしょう
ですから、思考がない動物達と呼ぶ未知である彼らは
私が察するに、とてつもないところから
とてつもないなかに出てきて
そしてまた、違ったとてつもないなかへ戻っていく感覚を
もっているのではないかとまで察するのです
逆の言い方をすれば、私たちの、この存在のすべては
とてつもないなかから、とてつもないなかを旅している
そのようなものではないでしょうか
そしてかつ、それらの万物のすべてはひとつであり
一体であり、つながっているともいえます
それが真の科学的事実ではないでしょうか

 


名をつけることで、何か私たちはわかったような気がします
しかしながら実際は
それはいぜん未知のまま、神秘のままです
これから人類が大切にしなければならない
その名づける以前のもの
名づけてはいるけれどもその当のもの
意味づけてはいるけれどもその元のもの
真のリアリティー(現実)であるところの
神秘、未知性などであり
そしてまた、その機能を知るということも大切であり
それこそが、真の科学ではないでしょうか

 


これは個人的な体験ですが
私たちが名づけているその名称をはずし
その当のものである
未知や神秘、とてつもないもの自体をみるようにしたなら
もっといえば
私たちが名づけた、その名称を超えて
その当のものをみることができたならば
それは、とてつもなく美しいものになることでしょう

 


私達は「この世」とか、「あの世」とかいったような
言葉を使いますが
正確に言えば、それは、はかりしれないある次元と
またちょっと違った
はかりしれない別の次元であるといった違いであり
ただの次元の差だけではないかと感じてやみません


本当はどちらも少し変わった形ではあるけれども
とてつもない神秘のなかであることに変わりはないでしょう

 

         
 秋を感じるこの頃です。 山で 見つけた 栗 食べてま~す。

   神秘の世界に  
 

   

              最後まで読んでくださって ありがとう 

                               つながっているすべての人に ありがとう 

 

                            

コメント

『心のままに生きてごらん』

2010-04-25 | エッセイ
『 心のままに生きてごらん 

              リチャード・ウィルキンズ 

             大西 央士 訳

                 

    150のとても短くて 深遠なメッセージ集です。

   短くても しっかりハートに届きます。 

   その時々で、響く言葉は違うでことでしょう。

   

   

 鳥はよけいなものを背負わない。だから飛べるんだよね。

 

 くらべたら、勝つか負けるかしかないんだよ。

 

手をひくのは

なげだすのとは違う!

 

なにもおわりはしない。ただかわるだけ。

 

なんでもわるいのは他人と考えるひともいれば

なんでもわるいのは自分と考えるひともいて、

なにもわるくないと考えるひともいる。

 

しあわせは自分のなかでかなえるもの!

 

ひとつ、しあわせに条件をつければ、

ひとつ、なやみのたねをまいたことになる。

 

   喜び方も人それぞれですね。

    『喜び』を自分の中に見出せればいいよね。それができれば、 いつでも笑えるでしょ !

 

                    

          最後までお読みくださって ありがとう 

              つながっているすべての人に ありがとう 

                                                   

コメント

『宇宙の約束』

2009-05-24 | エッセイ
『 宇宙(そら)の約束 

                  山元 加津子 著 

 

 宇宙に存在するものが、すべて必要なら、
  私はどうして私として生まれてきたのでしょう?
  私は私であるために、どんなふうに生きていったらいいのでしょう?
  運命っていったいなんなのでしょうか?
  私たちは運命をどうやって受けとめて生きていくのでしょう?

  
  「本当のこと」を求めイスラエルの旅へ出た かっこちゃん
 〝もの〟や〝ひと〟や〝こと〟にも意味があることに
  気づかされるんだな~

 

 

   どうしてひとりでは完全じゃないの

 

 村上和雄さんは、宇宙のすべてのもの、人間の遺伝子やなにもかもを、宇宙のなりたちを作っている大きな力であるサムシング・グレートが設計したのだと言っています。すべてのものが、むなしく生きなくてすむように、ちゃんといろんなことがうまくいくようにこの宇宙を作っているということなのだと思います。


人間において、遺伝子というものは、きっと顔かたちだけでなく、得意なこと、不得意なこと、身体の作り方、病気のかかりやすさ、そして、ものの考え方、ありとあらゆるその人自身を作り出しているものだと思うのです。


ところでなぜ、その大きな力である〝神様〟は、人間を、誰の助けも借りずに一人だけで生きていけるような完全な存在にしなかったのでしょうか。


それは、私は、大きな宇宙は何もかもすべてのひっくるめて、全体でひとつの命だからじゃないかなと思うのです。人だけでなく、自然や物や事柄などがお互いに補い合って、全体でひとつの命だからなのじゃないかと思うのです。そして、私たち一人ひとりを含めて、どれもが、その大きな命の大切な一部なのだと考えるのです。

 

吉野弘さんが書かれた「生命(いのち)は」という詩があります。

 

生命は

生命は

自分自身だけでは完結できないように

つくられているらしい

花も

めしべとおしべが揃っているだけでは

不十分で

虫や風が訪れて

めしべやおしべを仲立ちする

生命は

その中の欠如を抱き

それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分

他者の総和

しかし

互いに欠如を満たすなどとは

知りもせず

知らされもせず

ばらまかれている者同士

無関心でいられる間柄

ときに

うとましく思うことさえも許されている間柄

そのように

世界がゆるやかに構成されているのは

なぜ?

花が咲いている

すぐ近くまで

虻(あぶ)の姿をした他者が

光をまとって飛んでくる

私もあるときは

誰かのための虻だったろう

あなたも あるとき

 

私のための風だったかもしれない

                (詩集「北入曽」青土社)

 

この詩で表されているように、出会った人間同士だけが補い合うというような狭い意味じゃなく、空間も時代も超えて、あらゆるものがひとつの命として、宇宙の設計図は組み立てられているのだと思うのです。この宇宙に存在するものそれぞれが補い合って、助け合って、ひとつの命として生きていく・・・・だからこそ、存在するものすべてが、とても大切で必要なのですね。

 

お坊さんやサムシング・グレートが教えてくれたことは、世界のいろいろなところへ出かけても同じでした。ペルーに出かけたときも、ネパールやバリ島にでかけたときもみんなだれもが、私が、何も尋ねていないのに、同じことを言いました。

 


どんなことにも、理由があり、意味がある。〝もの〟も〝こと〟も〝ひと〟も、みんな意味なく、そこにあるのではない、すべてのものが大切だからこそ〝神様〟が用意をし、だからこそ存在するのだというのです。

 

 

     ひとりひとりが 宇宙の約束  とつながっているね・・・・・・・・・ 

 

                    

           最後までお読みくださって ありがとう 

  

           つながっているすべての人に ありがとう 

 

 

                                                    

コメント

『まず自分の力で歩いてみなよ!』

2009-02-27 | エッセイ

   『 まず自分の力で歩いてみなよ! 』

                 清水 克衛(かつよし) 著 

 

<著者紹介> 東京生まれ。書店「読書のすすめ」店長。コンビニエンスストアの店長を10年間勤めたのち、大学の先輩が建てた東京都江戸川区篠崎の建物のテナントに先輩からの一言で入ることになり、ただ「本が大好きだ」という理由だけで書店を開店。考え抜いた末に名づけた店名が「読書のすすめ」略して「読すめ」。

 

 読書好きなある方から譲っていただいた一冊です。どうも、ありがとうございます。不思議なご縁を感じてま~す。

閉店後、シャッターを半分だけ閉めた店の中で、一杯飲みながら、お客さん相手に語り出す『清水店長の闇がたり』。その語りの中から喜んでもらえるような内容がまとめられていますよ。清水店長さんの、お人柄が伝わってきます。こんな本屋さんが近所にあったらな~

     

  

  いびつなまんまが、素晴らしいんだよ

 

人ってね、アメーバみたいな形をしているんだよ。
ぐちゅぐちゅして、曲がったり、でっぱったり、凸凹(でこぼこ)している。
ひとりひとりが、みんな、いびつな形をしていて、
それがそのまま、素晴らしいんだよね。
長所短所じゃないんだよ。

長所短所って、人間が勝手に作ったものさし。

そうじゃなくて、
ぐちゅぐちゅ、凸凹は、個性なんだ。
人のひとつひとつの凹凸(おうとつ)に、ピッタリ、
自分の方から、形を合わせていくんだよ。
ちょっと遠回りに思っても、
その人の流れを大切にして、
その人が、
自分の凸凹を「活かせる」方向に向かうまで、
手伝ってあげるのさ。
ツキのサイクルに乗せてあげるんだ。

時間はかかるかもしれない。
でもね。その凸凹がピタッと合ったとき、
そこに人生の喜びが生まれるよ。

 

 

    成功法則本の弊害 

 

成功法則の本を読んだとたん、
「人と比較しだして」
「自分を責めだす」
そんな人を、ここんとこ、ゴマンと見ている。

人と比較すること・・・・・・、ここが不幸の始まりさ。

本を出したい!とか、
絶対に週末起業するんだ!とか、
自分のことだけにがんばりすぎちゃってる人は、
みんな顔がこわいんだよ。
読んだ本や人の、

奴隷になっちゃってるんだよね。

本当はね、

本を読んだら、人が好きになるはずなんだ。

人の良い所を見つける達人になって、
どんどん笑顔になる。
人を癒すことのできる人になる。

心をスッキリさせてニコニコしていよう。
いつの間にか知恵も湧くし、情報も集まってくる。
自然に応援してもらえるようになるよ。

 

------------------------------------

 

≪巻末 お・ま・けから~≫

 

『いい本は、単なる本を超えているものです。
単なるデータ、情報、知識として以上のものが、
そこにはあるといっていいでしょう。

そういった本は、叡知であり、人生でもあるのです。
たくさんの人生が、そこには詰め込まれています。

本を読むことは感じることであり、考えることであり、
感動することであり、生きることなのです。』

 

なっ。いい話だろ。
本屋のルーツってのはお寺なんだぜ。
「本」って漢字には「宇宙」って意味があるらしい。


昔むかしお寺で写経したり、
お坊さんの有り難いお説教を聞かせていただいたりしてな、
知恵ってなものをつけていったんだ。


 

   「 読書の輪 」 ひろがれ~

    

     「読すめ」HP  ⇒http://dokusume.com/modules/store/

 

        

         今日も最後まで ありがとう 

 

                  つながっているすべての人に ありがとう    

 

コメント