Fitteの倉本です。

フィッテはロードバイク好きの方々の為の「お店」&イベント出発地点です。
カテゴリーより店舗情報をご確認下さいませ。

最強山岳ホイール!

2010-05-26 19:55:20 | 自転車パーツ
1226g(前後セット)重さだけを見ればたいして軽くない。

まぁ、充分に軽いともいえるが現在最軽量ではない。

十分な剛性とブレーキ熱にも負けない強いカーボンによる耐久性の高さが売り。

ハブの優秀さについては語りつくせないほど素晴らしい。
カンパ譲りです。

メーカーのコピーの「ホイールに使用される新しいベアリングシステム、CULTテクノロジーを採用。リングを腐蝕から守るためのグリスを必要としない、高い強度と腐蝕耐性をもった高品質のセラミックボールベアリングが最小の回転抵抗を約束します。このシステムではグリスの代わりに潤滑油を使います。」なんてところは言うほどではない。(本当は手を入れればチョットだけすごい事になるが、、。)

スポーク素材:ステンレス エアロスポーク(F:22/R:24)

R:24この部分が私が凄いと思うところだ。

出処が同じカンパニョーロのHYPERON ULTRA TWOよりフリー側のフランジが大きい。

フリー側が16本のスポークで32H相当の剛性を持たせている所がHYPERON ULTRA TWOより優れている。
フリーと反対側は8本のスポークで左右のスポークテンションが均一に近くなるようにしている。
フリー側はねじれるようにトルクが掛かるのでこの考え方は理にかなっている。

前後で設計の異なるリム ・左右非対称形のリアリム・はHYPERON ULTRA TWOと同じ。

・左右非対称形のリアリムによるいわゆるオチョコ量の少なさは耐久性にも多いに有効性を感じる。

HYPERON ULTRA TWOの一番残念なところはG3構造でなかったところ。
二番目に残念な所はフランジ部分までカーボンを使用した事(リアフリー側を除く)により中心部分はホンノ6g程位軽くなったがお財布の中身がRACING LIGHT XLRに比べて50,000円ほど軽くなってしまう事。

以上の理由により私はRACING LIGHT XLRが風にハンドルを取られにくいロープロファイルホイールにおいて最強の山岳ホイールだと思う訳です。


FITTEでも在庫しております。通常特価¥286,000です。まあ通常は、、、。
この記事についてブログを書く
« 重要連絡事項(追記) | トップ | NEW KURAMOTO »
最近の画像もっと見る

自転車パーツ」カテゴリの最新記事