Fitteの倉本です。

フィッテは熱き魂を持ったロードレーサー達の為の情報発信基地&「お店」です。
カテゴリーより店舗情報をご確認下さいませ。

Keronite表面処理

2018年04月08日 00時00分19秒 | Vision
PVアクセスランキング にほんブログ村



昨日、ご報告いたしました「Keronite表面処理」ですが、「文献によると50%~95%浸透しているようです。」と表現させていただきましたが、そうでもない様です。

強い皮膜なのは確かなのでしょうけれども、アルミの中まで浸透していない事が判明いたしました。

Keronite表面処理の内容にもよると思いますが、表面処理によってそこまで強くない事がVISION TRIMAX 25KB/シマノ用を調整している時に良く解かりました。

VISIONもMAVICもカンパもFULCRUMもまあ、似たような表面処理ですね。

エグサリットの分、MAVICがブレーキ性能で頭一つ抜けた感じではないでしょうか?

価格を考えるとVISIONに落ち着きそうですが、VISION TRIMAX 30KBが良いような気が致します。

エアロスポークが調整中に供回りをしてしまうので、スポーク抑えを加工したり新兵器(工具)を導入いたしました。



作業性が悪いので3.3mmのスポークレンチ(スパナ型)を探しました。
ICEtoolで3.2mmはあったのですが、3.3mmは存在しませんでした。
と言う事でこれを手に入れました。



本当に手の中に入ってしまいます。(精密モンキーレンチ)

リムに傷をつけないように、下あごの角を取っておきました。



スポークレンチとして使うわけではないので、使い方は企業秘密(vocabularyがないとも言います)ですが、作業性が随分と向上いたしました。



という感じで日々、試行錯誤しながらより良い品にしてお渡しできるよう頑張っております。
よろしかったらポチッとクリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« アルミリムの表面処理につき... | トップ | レースより面白いかもしれな... »
最近の画像もっと見る