すたこらの雁書

日々の出来事、雑感・・を綴っていきます。

湿地に咲く・・半夏生(ハンゲショウ)

2018-07-10 15:19:38 | 日記、雑感

名前は雑節の一つ、夏至から11日目の半夏生の頃に、花をつけることから。

花期になると上部の葉の表面が白く変色し、半化粧や片白草とも呼ばれています。

 

 

ドクダミ科、日本各地の水辺や湿地に生育、草丈は70~200センチ、

 

 

開花期は6~8月、長さ10~15センチの穂のような形をした総状花序を出し

白い小さな花をたくさんつけます。花期に葉が白くなるのは虫を誘うためです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 庭に咲く・・柳花笠(ヤナギ... | トップ | 草原に咲く・・アルストロメリア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記、雑感」カテゴリの最新記事