すたこらの雁書

日々の出来事、雑感・・を綴っていきます。

里に咲く・・花蘇芳(ハナズオウ)

2018-04-21 15:06:56 | 日記、雑感

花蘇芳は、花色が蘇芳(スオウ)の材を煮出した液に似ていることから。

蘇芳は、奈良時代に渡来した真紅の染料です。

 

 

マメ科、古くに中国から渡来、樹高は3~5メートル、

 

 

開花期は4~5月、花色は赤紫色で、葉の付け根に蝶型の花が数輪まとまって咲きます。

コメント

里に咲く・・黄水仙(キズイセン)

2018-04-21 12:57:47 | 日記、雑感

黄水仙は細く丸い葉は直立し、イグサ状から糸葉水仙とも呼ばれます。

強い香りがするので、匂い水仙とも言われています。

 

 

ヒガンバナ科、ヨーロッパ原産で江戸時代に渡来、草丈は20~40センチ、

 

 

開花期は3~4月、6枚の花ビラとカップ状の副花冠は鮮やかな黄色で

花を横向きに付けます。

コメント