すたこらの雁書

日々の出来事、雑感・・を綴っていきます。

里に咲く・・灯台躑躅(ドウダンツツジ)

2018-04-17 15:46:42 | 日記、雑感

灯台躑躅は、枝分かれした姿が結び灯台の脚部に似ており

そのトウダイが転訛したものです。

秋の紅葉も美しく、季節ごとに楽しめる樹木です。

 

 

ツツジ科、西日本の一部に自生、樹高は1~3メートル、

 

 

開花期は3~6月、花姿は白い壺形で枝から垂れ下がるようにたくさん付きます。

コメント

野に咲く花・・都忘れ(ミヤコワスレ)

2018-04-17 12:53:49 | 日記、雑感

名前は承久の乱で佐渡に流された順徳天皇が、この花を見て都への思いを忘れられる説話から。

都忘れは本州~九州の山地に自生する、深山嫁菜(ミヤマヨメナ)の園芸品種です。

 

 

キク科、日本固有の園芸植物、草丈は20~70センチ、

 

 

開花期は4~6月、花色は濃紫・淡紫・白・ピンクなどがあり、野菊に似た清楚な花を咲かせます。

コメント