すたこらの雁書

日々の出来事、雑感・・を綴っていきます。

生け垣に咲く・・枳殻(カラタチ)

2018-04-11 15:12:53 | 日記、雑感

和名の由来は、唐の国から来た橘の意味で⇒縮小されたものです。

花後に球形の緑色した果実をつけます。秋にはオレンジ色に熟します。

 

 

ミカン科、古い時代に中国から渡来、樹高は2~4メートル、

 

 

開花期は4~5月、葉の出る前に白い5弁花を咲かせます。

コメント

山野に咲く・・蕗(フキ)

2018-04-11 13:19:47 | 日記、雑感

名前は冬に黄色の花を咲かせる⇒冬黄⇒フキになったもの。

早春、葉の伸出より先に花茎が伸び出す⇒フキノトウと呼んでいます。

 

 

キク科フキ属、野生種は全国の山野に自生、草丈は5~10センチ、

 

 

開花期は2~4月、雌雄異花で、雌花は受粉後花茎を伸ばし

タンポポのような綿毛をつけた種子を飛ばします。

蕾の状態で採取され、天ぷらや煮物・フキ味噌に調理して食します。

コメント