MR.コールマンの挑戦日記

セカンドライフを迎えて趣味のランニングや街歩き、スケッチ水彩画、地域活動などの日常のあれこれを綴っています。

ぶらりJOG~藤沢新林公園

2014年06月23日 | ジョギング

蒸し暑い夏日が予想されていたので、早朝ランで引地川から新林公園へと向かいました。

新林公園は、川名清水谷戸に連なる緑豊かな自然公園で藤沢市の花菖蒲の名所ともなっており、公園について真っ先に湿地帯へ向かうと、あまり広くはないが、白・紫の花菖蒲が濃い緑の森林の中で色鮮やかに映えていました。

Img_6959 

花菖蒲の隣には、ハンゲショウ(半夏生)の葉が白く変色が始まっており、ドクダミ科の一種だそうで、正に白粉塗って半化粧している様子ですね・・・

Img_6960
湿地帯の奥には源流の「川名大池」があり、鳥獣保護地域となっておりバードウオッチングのスポットにもなっているようですが、鳴き声はすれど姿は無しでした・・・

Img_6961
大池の脇から自然散策路への登り道があり、トレイルランのトレーニングにはいい雰囲気でしたが、この日は富士山が望めるみはらし台まで上ってみたが、残念でした 

Img_6963

折り返して降りてくる途中で、タイワンリスが足元から木の上に逃げて行きましたが、ラッキーにシャッターチャンスを得られました。

Img_6966 Img_6967

湿性池周りには、巨木のラクウショウ(落羽松)の気根がニョキニョキと沢山顔を出しており、説明によると、根っこで呼吸をしているそうで、何とも奇妙な姿ですね。

Img_6968
また、湿地帯や古民家の周りには、数は多くはありませんが、見事な紫陽花が色鮮やかに咲いていました。

Img_6970

帰路に藤沢駅から湘南通りに来ると、「六本松古戦場跡」の案内板があり、頼朝が鎌倉へ討ち入りする際に、大庭影親の軍勢と激戦を交わした跡だそうで、住民たちが討死した兵士を供養した塚として保存されているそうです。
小さな一角には、近くから集められた道祖神や庚申塔が並んでいますが、地元の皆さん以外は余り知らない隠れスポットでしょう。

Img_6971
引地川親水公園に戻って遊歩道を走ると、小さな白い花丸くまとまり畑一面に咲いていましたが、名前は判りませんが、珍しいですね・・・・

Img_6974

親水公園内の湿地植物園には、ガマの群生が生育しており、すっかり夏の風景になっていました。

Img_6978 Img_6979

この日は、森林公園や水辺公園を巡っての朝のジョギングでしたが、花や鳥の鳴き声、森の緑など自然の息吹を五感で楽しむことが出来ましたね~

コメント   この記事についてブログを書く
« 地域交流室内ペタンク&スポ... | トップ | 美空ひばり命日墓参 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ジョギング」カテゴリの最新記事