MR.コールマンの挑戦日記

セカンドライフを迎えて趣味のランニングや街歩き、スケッチ水彩画、地域活動などの日常のあれこれを綴っています。

ブラ散歩~新宿界隈

2020年01月30日 | まち歩き

新宿で開催された故郷の同期会に出席し、旧友と懐かしい想い出話を楽しんだ後、久し振りに新宿歌舞伎町や新宿中央公園界隈をブラ散歩してきました。
靖国通りから新宿の総鎮守と言われる「花園神社」に向かうと、ビルの谷間の参道入口には狛犬ならぬ雌雄一対の見事な「唐獅子」が参拝客を迎えています

新宿は、都内随一の繁華街となっていますが、かつては内藤新宿とも呼ばれた宿場町で、武家屋敷跡に出来た新しい宿から名付けられ、新宿街の総鎮守として今も信仰を集めているようです。

拝殿には、大きな鈴が吊るされ、倉稲魂命(花園神社)・日本武尊(大鳥神社)・受持神(雷電神社)の神が祀られています。

境内には、江戸時代から新港を集める威徳稲荷神社や芸能浅間神社が鎮座し、この日も多くの参拝者で賑わっていました。

浅間神社には、「圭子の夢は夜光る・・・」の歌詞が書かれた石碑が立てられています

花園神社から新宿ゴールデン街に入ると、約150mの石畳の珍しい緑道があり、レトロな雰囲気が感じます。

想い出多い歌舞伎町の新宿コマ劇場前広場は、シネシテイ広場となり、新宿東宝ビルに生まれ変わり、ビルの壁や屋上に巨大なゴジラが見られゴジラタウンとなっています。

懐かしい商店街を抜けて新宿西口へ向かうと、対照的に高層ビル群が聳えアイランドタワー前には、名物の「LOVE」のオブジェが人気スポットとなっています

更に新宿のランドマークである都庁の展望台に向かい素晴らしい360度のパノラマ風景を望みながら一休みしていました。
この日は富士山は観られませんでしたが、新宿のビル街や代々木公園、新国立競技場、ドコモタワー、東京スカイツリーも輝き東京都心の素晴らしい光景に魅せられていました。

都庁のオリンピック・パラリンピックフラッグ展示コーナーでは、東京五輪まで177日となり、マスコットのミライトアとソメイテイが迎えてくれました。コーナーでは、巨大な縁起の熊手飾りやメダルが陳列されて五輪ムードが高まっていました。

都庁から都庁ビル下の新宿中央公園に出ると、旧淀橋浄水場のあった富士見台には洋風四阿が立ち、文化財となっており、見上げると東京都庁や高層ビル街に生まれ変わり懐かしい想い出が蘇っていました。

公園内には、浄水場の名残として「新宿ナイヤガラ滝」と名付けられた滝が残されています。

中央公園からその一角にある新宿のパワースポットである「十二社 熊野神社」に参拝してパワーを受けていました。

境内の水神の弁財天さま

中央公園から都庁広場に戻ると、平和のシンボルの鳩や花が描かれたハートが描かれた、平和を願う「都民平和アピール」祈念碑やアダムとエヴァの肖像など多くのアート作品が設置されています。

好天に恵まれて久しぶりの新宿界隈を巡っていましたが、半世紀前とすっかり変貌した景観に感動を覚えていました。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 暇な画家の一日~水彩画 | トップ | ブラ散歩~江の島サンセット »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

まち歩き」カテゴリの最新記事