MR.コールマンの挑戦日記

セカンドライフを迎えて趣味のランニングや街歩き、スケッチ水彩画、地域活動などの日常のあれこれを綴っています。

ぶらり散策~大磯城山公園

2016年01月29日 | まち歩き
春を感じる散歩日和で大磯散歩の後半は、東海道松並木から太平洋岸自転車道を歩き城山公園へと向かいました。
旧東海道松並木では、かつて大磯宿があった名残りを残し旅人の憩いの場だったのでしょうか?
巨大な樹齢300年のクロマツなどが保存されていました。


路上に見つけた大磯町のマンホールも彩り豊かで松並木が描かれています。


大磯城山公園の旧吉田邸地区に着くと、火災で焼失した旧吉田邸は再建工事が行われており、完成間もないようでした。
現在はまだベールに囲まれていましたが、完成予想図を見ると素晴らしい景観で、一般公開が待ち遠しいですね。


園内には、多くの梅の木があり、この日の春の気配を感じて白梅もほころび始めていました。


丘の上の散歩道を行くと、最頂部には吉田茂元首相の銅像が立ち、日米講話条約締結の地サンフランシスコを眺めているそうですが、今の日本の世相をどう思っているのでしょうか?
”バカヤロ~”と声が飛んできそうでした・・・・・

毎朝、愛犬ポチを連れて園内を散歩しておられたようで、園内にはあちこちにポチの墓標も立てられていました。

丘の上からは、西湘バイパスや相模湾を一望することが出来ました。

吉田茂邸公園を後にして、旧三井別邸地区へ向かい、園内をぶらついて「関東富士見百景」に選ばれている展望台に立つと、期待していた富士山は既に霞隠れており、箱根連山や相模湾、真鶴半島など素晴らしい風景を一望できました。



素晴らしい展望に酔いしれた後、大磯郷土資料館に立ち寄ると、館内には高来神社大祭に曳かれる「祭り船」が陳列されており、その豪華な飾りに魅入っていましたが、大磯の歴史を感じるひと時でした。


帰路には、散策路のあちこちで小鳥のさえずりも聞こえて見上げると、色々な珍しい野鳥の姿も見られ、歴史や自然を感じる大磯散歩でした。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ぶらり散策~大磯照ケ崎海岸 | トップ | 日本一短い手紙~第23回一... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アルルkan)
2016-01-30 11:35:29
さすが吉田邸、素晴らしいですね。
子供の頃から、元首相には何か独特のオーラを感じましたね。そんな方がだんだんおられないのが…
旧吉田茂邸 (korman)
2016-01-30 14:27:28
アルルkanさん
実は焼失した1週間前に吉田邸を訪れていたのです。
直後の事でしたので、ビックリでした。
年度内に完成して年内には一般開放されるそうで、楽しみにしています。

コメントを投稿

まち歩き」カテゴリの最新記事