MR.コールマンの挑戦日記

セカンドライフを迎えて趣味のランニングや街歩き、スケッチ水彩画、地域活動などの日常のあれこれを綴っています。

初日の出・初詣~江ノ島稚児ケ淵

2020年01月01日 | まち歩き

新年あけまして おめでとう ございます

昨年は、多くの皆さんにアクセスいただきありがとうございました。
新年も、湘南の地から地域の話題などを書いてまいりますのでよろしくお願いします。

令和初の初日の出を見に江ノ島へ恒例の初日の出&初詣に出かけてきました。

快晴の天気予報でしたが、日の出時間の7時前は、東の三浦半島上空は重い雲に覆われており、江ノ島では、初詣客と日の出観客で大混雑でした。

下道を経て稚児ヶ淵に向かうと、日の出時刻の約30前でしたが、既に岩場には多くの人々で埋めつくされていました。

稚児ケ淵では、波も少なく多くの観客が岩礁に出て今か?今かと、日の出を待ちますが、重い雲は中々晴れてくれず、ヤキモキしていましたね~

湘南の日の出時間6時51分でしたが、やく10分前から東の空が明るくなり雲間から光が漏れ始め、今年の日の出シーンは、がっかりでしたね

日の出時間が過ぎて、日が昇ると多くの観客は新年に対する思いを胸に稚児ケ淵を離れ江の島神社へ初詣に向かいます。

江の島岩屋(本宮)とライオン岩の光景ですが、新春の富士山も雲に隠されています。

江の島神社の奥津宮にある「竜宮大神」は岩屋の真上に位置し、江の島のパワースポットとなって、新年の安全・安心を祈願していました。

奥津宮は、本宮御旅所と言われていますが、再建された今も壮麗な社殿が見られました

恋愛成就の中津宮に参拝

中津宮の展望テラスから三浦半島を望むと、葉山方面の上空に陽が上り雲間から朝陽が漏れて雲もオレンジ色に染まっています。

大堤防や白灯台付近からの初日の出のサンライズシーンです。

堤防の先の岩の上には、多くのカワウ達も集い初日の出を祝っていましたね

今朝の片瀬西海岸もほとんど波もなく多くのサーファーも波待ちしていましたが、令和2年の湘南の元旦風景を見て帰路につきました。


コメント   この記事についてブログを書く
« 富士山女子駅伝2019 | トップ | 令和新年の描初め・書初め »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

まち歩き」カテゴリの最新記事