風のなかで・・・山里・海辺・清流

四国山地南側の山里・海辺・清流等を歩き・写真を撮り、ローカルの生活を報告します。

椿山の新緑と花々

2014年04月29日 20時41分50秒 | 日記
山里のやわらかい緑とやさしい花々

4月27日(日)は曇りではあるが雨の心配は無しとの天気予報でしたので「椿山」を歩いてきました。(日曜日に行くのは、山道の土木工事が休みで工事用車両の通行が少ないから)
この山里は、私の青春である「昭和」を心の中にたぐりよせることが出来る「風と空気」が流れています。
ここの住民は2世帯2人ですが、小道と家々は新緑につつまれ、庭先の花々はハードな野良仕事を終えて帰ってくる主を今でも、待っている様に想えます。
新学期が始まり、新しい教室でのことを、父母に聞いてもらいたくて家に走った、あの子供のころが甦ります。





「風呂場」の窓から目に入る花は、ツカレに良く効く「センジ薬」でした!!




家と家を結ぶ通路では、花々が知り合いの顔を待っているようでした。


この里で生まれ育った姉弟が、休みが取れると自宅に帰り、父母が残してくれた山畑で汗を流しています。今日と明日は「三椏蒸し」ですと話してくれました。
二人の活動は、この山里で生まれ・育て・守ってきた「文化」の保存です。
多様な生活文化の図書館です。
どこかで目にした「美しい日本」「日本を取り戻そう」という意味不明で空虚なポスターとは全く質を異にしています。新しく出発し、家族全員で生き抜いた、美しい「戦後の昭和」という「時」が存在したことを、次の世代に伝えようとしている様に私は思いました。姉弟仲良く、楽しく流す「汗」は、中身が濃く真の重さが感じられ、「心」から感動しました。
また弟さんは、この山里で数百年にわたり受け継がれてきた「太鼓踊り」の継承にも努力しています。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 春風のなかで | トップ | 四国の屋根 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
椿山の新緑と花々 (Unknown)
2016-05-12 03:37:33
素晴らしい写真と文章、日本の風景・日本人の暮らし、改めて日本人とは?・・・考えさせられます。来し方行く末に少し目を向けて、今の世の中これで良いのか、今何をしなければいけないのか・・・少し立ち止まって考えて見る時かもしれません・・・
速すぎる流れ (MUGAKU)
2016-05-14 08:58:02
Unknown様
自然に対しては、私たちの便利や生活安全のために、大きな負担をかけています。例えば、鏡川上流域のダムや砂防堰堤。川の中流域は荒れ・やせ細り、重傷です。
青少年に大きな影響与えている、各種の電子機器。この分野については、特に大人社会は有効な対応策を持っていません。流れが速すぎます。
老若男女関係なく、「時」の流れに、対応できる、やわらかくて温かい「人間力」を身に着けることが必要であると思います。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事