風のなかで・・・山里・海辺・清流

四国山地南側の山里・海辺・清流等を歩き・写真を撮り、ローカルの生活を報告します。

源流・・・市民社会の・・・

2016年01月13日 20時40分26秒 | 日記
私たちの日常の「源流」は何所に在るのでしょうか!!
国民主権・基本的人権・自由平等は市民生活=日常生活の空気と同じ様に
存在しているのでしょうか?

わが国の伝統文化の主柱は「天皇尊重」文化であったように思います。
源頼朝の鎌倉幕府(1192年)も徳川家康の江戸幕府(1603年)も
天皇より征夷大将軍(=将軍)に任命されて、スタートです。
この国を長期間、実質支配してきた武士階級は伝統文化=天皇尊重を
守っています。
これは、今日の「象徴天皇」と同じ様に思います。

イギリスの「The King reigns,but does not govern」
=「国王は君臨すれど統治せず」(1689年以降)に
比して、勝るとも劣らない「伝統文化」であったように思います。

この素晴らしい「伝統文化」は明治の藩閥少数指導者によって「伝統の権威」
に置き換えられ、利用されました。その結果は太平洋戦争です。

太平洋戦争の軍人死者は約240万人、その内約7割が餓死です。
今日でも約113万柱の遺骨が海外に放置されています。

戦争の出来る国にしては「イケナイ」と思います。

江戸時代に完成した封建制度の下では、庶民は家族の「命」を
守るために「土」に生きたのです。
自由や平等の「種」も存在しなかったのです!!
このような歴史の中で「帝国憲法」制定。
さらに、太平洋戦争の敗戦・市民社会の大混乱の中、市民不在の
「日本国憲法」の成立(1946年)。

汚れた黒いマナイタ(=国会)に「憲法改正」が上げられようとしています。
政治ヤサン達の党利党略にお任せするわけにはイケマセン!!

憲法改正については、国民一人一人が議論の中心となり、
全ての項目について「国民投票」で決定すべきであると思います。
今日のコンピューター社会では可能だと思います!!


この若い親子の「明日」は、「夢や希望」が生きる日常であることを祈っています!!


ラオス・ルアンパバンの旧正月。やわらかい母の手・力強い父の手、幸せへの約束!!

        
          鏡 川 の 自 然


  美味しいそうだネ~ みんな仲良し!!(ヒドリカモとオオバン)


どこに行くんだい、美味しいモノがあったらオシエテ!!(バンとカイツブリ・13日撮影)

        
         鏡川上流・何かオカシイ!!




10日、先輩と二人で午前中、鏡川ダムと支流にある「平家の滝」歩いてきました。
写真は「平家の滝」で撮ったものです。
紅梅は満開後で元気ナシです。白梅はコレカラヨとチラッと笑顔デス。
自然も少しヘンです!!
コメント   この記事についてブログを書く
« I have a dream・・・今も昔... | トップ | 川風のなかで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事