terrible えぶりでぃ

日々雑感 (婆の孫育て日記&音楽&食べ物)

ご来訪ありがとうございます。

潤いの季節になろうとしています。
みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

相変わらず双子の孫の話メインですが
お暇な折にお立ち寄りいただければ嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

スマホのカメラ良いよね

2018-06-14 23:43:50 | + 雑 +
こんばんは
今日は双子が林間学校へ行っていて
珍しく静かな夜です。

こんな時こそゆっくりブログを書けば良いのだけれど
こんな時しか出来ないことも色々あって、なかなか落ち着いてパソコンの前に座っていられません(;^_^A

取り敢えず
遅れに遅れている薔薇写真を予告で一枚だけ上げておきます。


明日は何枚か出せると良いなぁ



みーの怪我でアップする機会を失ってましたが
明日こそ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電車に乗る

2018-06-09 21:15:36 | 孫。
こんばんは。
今日の婆地方は、夜に入ってから雨になりました。

関東甲信越まで梅雨入りしたようですね。
来週はまた晴れ間がありそうですが、さて、小学生は夏休み前に何回プールに入れるでしょうか?
尤も、先日怪我をしたみーは今シーズンは水泳禁止のようです…

梅雨入りのあとはあっという間に夏休みですね。
その夏休みに備えて、今日はふたごに電車の乗り方を教えるべく
電車で出かけて来ました。

婆地方の移動手段は自家用車がメインで、公共交通機関は極めてお粗末です…
双子も生まれてこの方両手(もしかしたら片手?)で数えられる程しか電車に乗った事がありません。

今日は切符の買い方から電車の扉の開け方(自動で開きません)
乗り換えの仕方など懇切丁寧に教えました。
「車内放送を良く聞いてね、必要な事は教えてくれるから」
と説明したのでみーが真剣に耳を傾けます。
むーは地理関係わりと強いらしく、乗り換えもすんなり理解しましたが
同じ双子でも得手不得手が全く違い、みーは四苦八苦。
車内放送聞いたみーの言葉に、婆は仰天しました

「左側の扉が開きます、って言った」
「左側ってどっちのことかなあ??」

左右がわからない、という話じゃないんです。
電車に乗ってて、どこを基準に右とか左とか言ってるのか、と。
一瞬ぱかーんと開きかけた口を何とか閉じて、説明しました。
「電車が向かってる方が前で、前を向いた時に左側か右側か、って事だよ」
「ああ!」と頷くみー。
いやいやいや〜そこで躓くとは夢にも思わなかったよ…

果たしてこんな理解の程度で大丈夫なのか?
二人で放り出して無事帰ってこられるのか?
ハラハラドキドキ神経すり減らす前に、もう一度おさらいした方がいいかもしれません…

見知らぬ場所へ慣れぬ交通手段で出かけた上に、駅までの往復5km以上を歩いた双子ですが
みーは晩御飯をひと口食べたところで、真っ青になって吐いてしまいました。
汗をかいていたのでシャワーだけ何とか使わせて、8時前に布団に横にしたら、3分で就寝。早い!!
疲れたのね…ゆっくりお休み。

今日を振り返って、電車に乗り間違えて迷子になることを考えたら
やっぱりもう一度行かなくちゃならないかなーと悩ましく思う婆なのでした。
ICカード持たせるかなぁ…


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

小学校算数の山

2018-06-07 23:11:56 | 孫。
ふたごは
生まれが一緒ですから学年は同じで、学校でも同じ勉強をしています。
当たり前ですね``r(^^;)

同じ勉強をしていますが、ふたごとは言え別々の人間なので
勉強の方法も理解度も宿題のやり方もそれぞれ違います。

むーは空間把握能力?が高い?のか、図形の問題や地図を見ることが得意です。
「あそこのお店はどこで曲がるんだっけ?〇〇の信号?」などと息子と話していると
むーが「もう一つ先の角です」なんて教えてくれたります。

みーは漢字の勉強や読書が好きで得意です。
算数はあんまり得意じゃないようで、よく四苦八苦しています。

先日つまずいたのは小数の計算。
学校の勉強も教科書も次第に変わるものですから
見た事もないむずかしい解き方をしていて、婆には本当に分かり難いやり方でした。
婆にはわからなくても、みーはちゃんと答えを導き出せないと困ります。

何に躓いているか判らず、正解にならない「直し」を繰り返してぽろぽろ涙をこぼしてるみーを
「もしかしたら入院中の授業だったかもね?」と
しーーーばらく抱きしめて落ち着かせてから、説明をしました。
自分の子供が五年生の時は手も繋がなかったけどなぁ…(笑)

婆は教育の専門家ではありませんが
小学五年生の算数、小数点を含んだ数の計算は、ギリギリ解ったので
一生懸命教えて、なんとか「わかりました!」と笑うところまで漕ぎ着けました。
そこで
「昨日まで苦手だったことが得意になった!!すごい!!」と
全力でおだてて「もっと小数の問題やりたい」ところまで引っ張り上げました。
単純 素直な子で良かった〜〜〜

今回は「苦手だったけどわかると得意科目にできる!」ことを覚えたのが収穫でした。
今後もっと難しい問題が出ても、必ず今回のように解けるからね!
それを忘れずに、これからも頑張って欲しいと思いつつ、食事の支度にかかる婆でした。



ところで手術から戻って来たばかりのみーは
こんな状態でした。

二度目の手術は「もう怖くない」と言ってたみー。
つまり一度目は怖かったのね。本当に、本当によく頑張りました。
もう一度、頑張ろうね!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怪我その後(眼窩骨折 その6)

2018-06-04 23:21:55 | 孫。
孫(小五女児)の怪我その後の記録です。

みーの手術日程が決まりました。

眼底骨折の手術は転倒の翌々日でしたが
目の下にプレートが入ったため、これを取り除く手術が待っています。
幸い「三ヶ月後」は夏休みなので、学校を休む必要はありません。
本人も「次は大丈夫」と言っていました。
裏を返せば、今回は大丈夫じゃなかったと言う事です。
「自業自得」と片付けてしまうにはちょっと可哀想だったなぁ…

今年の夏はあれこれ制約があります。

身体や目に力が入るようなことはしてはいけない。
体育も水泳もだめ、金管楽器はもちろんご法度、洟もかんじゃダメ。
毎日必ずリハビリをして、薬を飲んで、激しい運動を控える。
怪我した方の目を下にして寝るのもいけない。

みーは「三ヶ月の我慢」と思ってるけれど
三ヶ月経ったらもう一度手術なのだから、そこからまた制限があるのではないかしら?
どちらのしろ秋の運動会でマーチングには参加できないと思われます。
残念。でももう一年あるから、来年は頑張ろうね!


双子の学校は五年生で林間学校があります。
その林間学校にみーは一部別メニューで参加出来る事になりました。
「山登り」はかなり急な勾配などがあるため「平坦な場所だけ」参加とか。
身体全体を使って登るような道になったら、保健の先生が一緒について戻ってくださるそうです。
でも参加出来るのは本当にありがたい事です。学校の配慮に感謝します。

あとは一日も早く普通の生活に戻れるよう、先生の仰ることを良く聞いて早く治そうね♪



ところで
手術が必要なほどの勢いで転んだので、当然、メガネは壊れました
その修理のため眼鏡屋さんに行ったみーから、プレゼントを貰いました

カメレオンのメガネ拭きです❣️

青がみー、婆には赤いのを選んでくれました。


口からメガネ拭きが出て来ます。尻尾を引っ張ると収納されます。
かーーーーわいーーーーー
ありがとう、みー、ありがとう、息子!大事にするよ✨





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(今更ですが)書き初めの事

2018-06-02 22:31:40 | 孫。
こんばんは
月が改まって衣替え、間も無く梅雨入りの話題も出て来ますね。
(憂鬱です…洗濯物が乾かなくて

一年が半年も過ぎようとしている今更ですが
年頭の「書き初め」の記録を残しておこうと思います。
或いはあとで記事の日付を弄るかもしれません、お許しください。

双子は三年生になる直前からお習字教室に行っています。
婆が字を教えていて限界を感じたため(早い)本職に委ねました。

今年一月、学校で書き初め大会があった中で
むーとみーの作品はそれクラス代表として揃って市の書き初め展に出品されました。


二人揃って選ばれて、嬉しい限りです。
右側がむー(男児)左側がみー(女児)です。


が、しかし。
そんなにずば抜けて上手いとは…思えないのですが…
お習字を習ってない子に比べたらマシだったのかも??
それとも婆が上を望みすぎる?

いやいや、折角認めて貰ったので勿論意欲を削ぐような事はしません。
良かったね、頑張ったね!とがっつり褒めました。
特に男の子は年齢的にもそろそろ嫌になるんじゃないかとも思うし
むーは左利きで若干のハンデもあるので、いつ辞めたいと言うかハラハラしているのです。
出来れば見苦しくない字が書けるよう、もう暫く続けて欲しいと思います。

お習字の先生は大変喜んでくださいました。
生徒の中で選ばれる子は時々いるけど、兄妹揃って代表、というのは初めて!
だったのだそうです。
先生のご指導にほんの少しでも報いることが出来て良かったと思います。
これからもよろしくお願いします!

それでね。みーは普段から丁寧で上手な字を書くんだけど
むーは…
お習字は人並みなのにノートの字は人並みはずれて下手くそなのよねぇ…^
これ、どーにかならないのかしら???


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加