YMCA東京日本語学校です

東京・千代田区にある、YMCA東京日本語学校のニュース、先生やスタッフのつぶやきなどをお伝えします!

台湾での全国YMCA合同学校説明会に参加しました

2009年09月28日 | 日記
25日に台北YMCA、26日に台南YMCAと彰化YMCA、27日に台中YMCAにおいて、それぞれ日本全国のYMCA日本語学校合同による学校説明会を開催しました。
いずれの会場も大盛況で、4会場合計で400名近くの参加者が集まりました。
開催のためご尽力くださった台湾の各YMCAおよび日本のYMCAの担当者の方々に深く感謝申し上げます。

期間中、たくさんの日本留学希望者の方とお話することができました。
「東京は生活費が高くかかるから…」という声を多く耳にしました。
確かに東京は地方都市と比べると物価が若干高いとは思いますが、学校としてもなるべく登録しやすい費用やコース(期間)の設定、学校から近くて家賃も安い住居の紹介などに努力しています。
日本の最新事情を知り、最新の文化に触れながら、日本語を勉強するには、東京は最高に恵まれた環境だと思います。
行ってみたいけれど、不安があるという方は、どうぞご遠慮なく、担当者までご相談ください。

たくさんの台湾の皆さんと学校でいっしょに勉強できることを待っています。
コメント

テレビに映りました!

2009年09月25日 | 日記
1週間前のことになってしまいましたが、先週9月18日(金)の19:00~20:00、
日本テレビ「サプライズ」をご覧になりましたか?
「外国人が好きな日本語は何か」について調べるコーナーではYMCAの学生もインタビューを受け、
ほんの短い時間でしたがインタビューを受けた学生は全員テレビに映っていました!

見逃した人は、今学期の最終日(9月30日)に、全員で録画したものを見るので
楽しみにしていてください 

みなさんの好きな日本語は何ですか?
いつ、どこで、インタビューを受けるかわかりませんから
考えておきましょう



コメント

校長旅日記 9月21-24日 済南、北京

2009年09月25日 | 日記
21日は済南に滞在しました。
済南は初めての訪問でしたので、できれば市内の名所を少し見学してみたかったのですが、飛行機が遅れて到着したため、現地の日本語学校しか訪ねることができませんでした。
ホテルの部屋からは市内の中心部を流れるきれいな川が見えましたが、川のほとりの公園には朝早くから年配の人たちが集まって来て、太極拳や体操をしていました。
次回済南を訪れるときは川や湖、泉(泉城と呼ばれるだけあり、市内には有名な泉がいくつかあるそうです)のほとりをゆっくり散策してみたいです。

22日からは北京に滞在しています。
北京の中心部は10月1日の国慶節(今年は10年ぶりに大規模な閲兵式があるそうです)を控えて、警備がたいへん厳しくなっています。
大きな通りが交差する四つ角ごとに小銃を構えた武装警察が立っています。
でもその周囲では一般市民が普段どおりといった様子でのどかに座って語り合っています。
ホテルから近いので天安門広場を見学に行って来ましたが、広場に入るのにも荷物検査とボディチェックがありました。でも飛行機に乗るときほどの厳しいものではありませんでした。

今日の夕方には北京YMCAの日本語学校を訪問しました。
貴重なお話をお聞かせいただき、先生方には深く感謝申し上げます。

YMCAへの行き帰りの道で、オリンピックスタジアム(鳥巣、北京国家体育場)とプール(水立方、国家水泳センター)を初めて見ることができました。

明日は朝早い飛行機で台湾に向かいます。
寝坊しないように早く寝ることにします。
コメント

校長旅日記 9月16-20日 長春、大連

2009年09月21日 | 日記
14日月曜日に東京を発ち、早いもので一週間が過ぎました。
日本はシルバーウィークの真っ最中ですが、こちらは休みなく中国で現地の日本語学校の訪問や留学希望者の面接を続けています。

水曜の午後から金曜の午後までは長春に滞在し、金曜の夜から大連に来ています。

長春から大連に移動した18日は、「満洲事変」勃発から78周年を迎えた日でした(中国東北地方に駐留していた日本陸軍(関東軍)が南満州鉄道の線路を爆破した事件(柳条湖事件)を、中国では「9・18事変」と呼んでいます)。
こちらのテレビや新聞でも今年はあまり報道されていなかったようですが(今は10月1日に迎える建国60周年のキャンペーンであふれかえっています)、長春の地下街の電光掲示に「9・18を忘れるな」と出ているのを目にしました。
長春は、かつて日本がつくった「満洲国」の首都とされ、「新京」と呼ばれた歴史を持っています。

今、私が立っているこの中国東北地方の地を、近い過去において日本軍が侵略し、その後多くの日本人が移住し、さまざまな民族、民衆の間で無数の悲劇が発生したという事実を、この日、この場所で、あらためて心に刻みました。

大連はたいへん多くの日系企業が進出しており、中国の中でも日本語学習者が多い都市として知られています。
市内で最大の書店をのぞいたところ、日本語学習書のコーナーには実にたくさんの教材が並んでいました。

明日は済南に移動します。
コメント (1)

校長旅日記 9月15日ハルビン

2009年09月15日 | 日記
昨日から学生募集のための出張で中国に来ています。

今日はハルビンで、午前中は留学生募集業者を訪問し、午後は2010年1月からの留学希望者の面接を行いました。

昼食をごいっしょしたこちらの業者の若いスタッフは、日本への留学経験はないそうですが、とても上手な日本語で通訳を務めてくれました。日本語を勉強しようと思ったきっかけは、あだち充のマンガが好きだったからだそうです。おいしい餃子を食べながら、中国の若い人と大好きな日本のマンガの話ができて、とてもうれしかったです。

宿泊しているホテルは市内でいちばんの繁華街である中央大街にあります。ハルビンは「東方のパリ」「東方のモスクワ」と言われるだけあって、石畳の中央大街の街並みはとても素敵です。

時間があれば、黒竜江省内の名勝として知られる鏡泊湖などにも足を伸ばしてみたいところですが、仕事で来ていますのでそういうわけにはいきません。今度はぜひプライベートで訪れたいです。
コメント (2)