ビジネスの読書メモ

気に入った名言や読書メモを書きます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

好き嫌い健康法(石原結實)

2009-11-29 14:38:04 | 成功法則
○125歳まで元気に生きる25の法則

1.本能が求めるものをどんどん食べる

2.排出に気をつけて塩は欲しいだけ摂る

3.飲みたくない「水」は無理に飲まない

4.酒は体の声に耳を傾けながら存分に飲む

5.病気のときは無理に食べない

6.現代人は一日二食で十分

7.汗や排泄で血液中の老廃物をどんどん出す

8.他人と競ったり嫌々ながらの運動は絶対にしない

9.発熱は熱をもって制す

10.女性は涙を流してますます健康になる

11.作り笑いではなく心の底からどんどん笑う

12.駄ジャレやオヤジギャグで脳を活性化する

13.飲んだときはカラオケで歌い悪酔いを防ぐ

14.セックスで老化を防止する

15.タバコはゆったりふかしてストレス解消

16.わがままで文句をいう患者になる

17.人事を尽くしたらくよくよ悩まない

18.ペット飼育と音楽鑑賞で免疫力アップ

19.嫌なことは書いて吐き出す

20.血圧は薬で無理して下げない

21.睡眠の質は「長さ」と「深さ」で考える

22.年齢は「もう」より「まだ」で考える

23.情熱と感謝の心で「朗働」する

24.健康の第一歩は「プリーズ」の気持ちから

25.間違った生活習慣を気づかせてくれる病気に感謝


◎第1章ポイント
 人間の本能が示す「好き嫌い」を大切に!
 ・本能とは、30億年続いてきた生命を次代に継いでいくための能力である。
 ・人間の体は、陽性体質と陰性体質に分けられ、それぞれの体質に合った食べ
  物、食生活がある。
 ・体質に合った食べ物、食生活で、体を間性体質にすれば、健康になれる。
 ・体が必要としている食べ物は、本能的に「おいしい」と感じる。
 ・本能が欲する通りに食べることこそ、健康増進につながる。


◎第2章ポイント
 塩分と水分の量は本能が教えてくれる!
 ・「塩分=悪」の常識を見直そう。本能が欲すれば、塩はしっかり摂るべき食
  品。
 ・人間の体は、塩分をいかに排泄するかではなく、必要な塩分をいかに体内に残
  すかという方向に働く。塩分過剰より塩分不足の方が人体への影響が大きい。
 ・塩分の害は、摂りすぎた塩分を排泄しないことである。
 ・水分過剰により、十分な水分が排泄されず体内にたまった状態、水分不足より
  人体に悪影響を及ぼす。
 ・冷えや水毒からくる不調は、体を温め、利尿・発汗を促すことにより改善する。


◎第3章ポイント
 食べたくないときは無理して食べないと超健康に!
 ・現代日本人の運動量、筋肉労働量からすると、われわれは明らかに食べすぎで
  あり、一日二食までが限度。
 ・食べ過ぎにより生じた老廃物や有害物質は、血液を汚す。
 ・西洋医学が「悪い」と考えている症状や病気は、東洋医学では「汚れた血液を
  浄化し、健康になろうとする反応」と考える。
 ・朝は血液を浄化する時間帯なので、胃腸に負担をかけない生姜紅茶やニンジン
  りんごジュースを朝食の代わりにするとよい。


◎第4章のポイント
 「出す」ことを日々の生活で工夫する
 ・「出す」現象は「リラックスの神経」副交感神経によって行われる。
 ・体を温めて十分に排泄すれば、血液が浄化され免疫力があがり、種々の病気を
  防ぐことができる。
 ・汗を流すサウナやスポーツは、「気分がよい」と感じる程度が効果的。
 ・悲しみ、苦しみ、痛みといった感情もため込まず外に出せば、副交感神経が優
  位に働くので、免疫力があがる。


◎第5章のポイント
 ポジティブな生き方は免疫力を上げる!
 ・好きなこと、気分のよいこと、好きなものを食べることは、副交感神経の働き
  を高めるので、健康のためには大いに「好き嫌い」をすべき。
 ・考えても何の解決にもならないようなことは、いつまでもくよくよ考えない。
 ・感謝の心をもち前向きに明るく働けば、「労働」は「朗働」になり、副交感神
  経がよく働き、心身の健康状態が改善される。
 ・病気になったら、今までの間違った生活習慣を改めるチャンスだと考え、むし
  ろ病気に感謝する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 組織で使える論理思考力(飯... | トップ | 細野真宏の数学嫌いでも「数... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
好き嫌いに自由と平等を (上原卓)
2010-03-31 21:57:48
「好き嫌い健康法」という本を読みました。人が嫌いなものでも我慢して食べるべきだと考える理由は大まかに2つあると思います。
1.健康管理の一環。バランスの良い食事をとるため。
2.人からいただいたものを喜んでいただくことが礼儀であり、断るのは失礼という思想から。

私は「1」については納得ですが、「2」の考え方は嫌いです。2はいかにも日本特有という感じがします。西洋のような個人主義の社会では、嫌いな食べ物は断っても全然OKなんです。

好き嫌いといえば、「ナルちゃん憲法」を思い出します。ナルちゃん憲法では、皇太子が小さかったころ、食事は好き嫌いをすることが許されず残さず食べるようにしつけられたことが書かれています。晩餐会もあることだし、天皇たるもの好き嫌いはいけないとのことのようです(「2」の雰囲気いっぱいですね)。健康管理の観点から偏食をせず残さず食べるようにするというのは一般社会でも同じですが、その反面、嫌いなものを無理やり食べさせるのはよくないと考える人も少なくないです。今後外国から日本への移民が増加すると、イスラムでは豚肉がダメなどの宗教的タブーをもつ人も増え、そうなると「宗教上の理由なら良いが、単なる好き嫌いは許さないというのは不公平だ」という考えも台頭して、嫌いなものを無理して食べる必要はないという考え方がいっそう広がる可能性もあります。そんな中で天皇制を続けるのはかわいそうです。

また、天皇や皇族は職業選択の自由や住むところを選ぶ自由がなく、プライバシーもない状態で、基本的人権が制限されているので、天皇制は廃止して日本も台湾やアメリカなどのように共和制になるべきだと思います。

コメントを投稿

成功法則」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事