三食昼寝つき

映画・ドラマ・本・ニュースなどで感じた事を、
「思うがまま、ありのまま」綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もう、完成予想を見せるのはやめよう

2005-01-31 12:04:14 | ボヤキ・グチ系
日曜日というのは本当に家事をする気がしない。
まず、洗濯は決してしないぞと勝手に自分の中でルールを作っている。
出来れば本当に何もしたくないけれど、そうもいかないのでとりあえず
ご飯は作るが、それも出来れば手を抜きたい。

というワケで、夕飯は昨日作った混ぜご飯の残りと、料理雑誌に載っていて
簡単に出来そうな「手羽先のグリル」、それに豆腐のお味噌汁というメニューにする。

「手羽先のグリル」
手羽先とれんこんとエリンギに塩とコショウ、それにオリーブオイルをまぶして
オーブンでグリルするだけの簡単料理。
なのに、焦げ目がついて、ちょっと手をかけた風になるハズ。
相方も、雑誌を見て美味しそうだと言っている。

オーブンで13分加熱。しばし待つ。
出来上がりは、雑誌程焦げ目がつかず、色もどんよりと黄土色をしている。
「本通りにやったんだからいっか」
と相方の前に出すと、いつもなら何らかの感想を述べるのにやけに静かだ。

「ねえ、どうよ?」
と聞いても歯切れが悪い。けど聞かないと気が済まないのでまた同じ事を聞く。
「う~ん、もっとこう、パリッとしてると思ってたからさ~、予想と違ったと
いうか。味は悪くないんだけどね、味は」
などと言い訳しながらも、どう見ても予想を裏切られてガッカリといった感じなのだ。

確かに、オーブンから出した時、私も多少ガッカリした。
これまで本を見ながら何度作ったかは知れないが、本ソックリに出来るというのは
私の場合かなり低確率だ。

「本通りにやったんだから、オーブンが悪いんだ!」
と、わりと最新型のオーブンに責任を転嫁する。

食べ物に関しては期待を裏切られるとひどくがっかりするものだ。
何でも美味しいと言って欲しいとは言わないけれど(出来れば言って欲しいけど
黙って食べてくれた方が良かったよなどと、自分からムリヤリ聞きだしたくせに
恨めしく思った。

多分、料理雑誌を見せなければ「こんなもん」だと思って食べてくれたハズだ。

完成予想図など見せてはいけなかったのだ。
プロが作り、カメラマンがいかにも美味しそうに撮った写真など。

これからは、何も見せないで差し出そう。
いかにも「前から知ってたのよ、この料理」といった顔をしながら。

コメント (2)

江国香織 「赤い長靴」

2005-01-29 16:50:53 | 読書感想文
ネタバレバレ

私的、本の面白度 5点満点 ★★★★☆(4点)

「話が通じない夫」
というフレーズに、私の母親の言葉を思い出した。
「お父さんと話しても話が通じないのよ。キャッチボールが出来ない人なのよね」

この話の主人公である結婚10年目の夫婦は、仲が悪いワケではなく、
妻は質問に答えをまともに返さない夫を、呆れ、悲しいと思いながらも何故か笑う。
悲しいのに笑う妻の「泣く事と笑う事は似ている」というセリフに、
よりいっそうの深い悲しみを感じてしまった。
そしてそんな感情を感じながらも、決して別れようとはしない。
「相手がいなくても生きていける」「私といない方があの人は幸せ」と思いながら。

お互い、相手の事を愛していないワケではないけれど、
相手がいない時や相手の持ち物を触る時に、よりその人を愛しいと思う。
二人の時間を10年間過ごす内に、妻は「夫といる以外の、かつて自分にとって
大切だったはずの友人や外での時間が怖い」と思うようになる。

相方がいない時、例えば、洗濯物を畳んでいる時だとか、靴を磨いている時だとかに
より相方の事を思うというのは、判る気がする。
私も幸せを感じる時を振り返る時、案外1人でいる時の事が多い。

子供がおらず、毎日夫とだけ正面から向かわざるを得ない日々が続くと、
こういう風な考えが浮かんでくるのかと、物語ながら薄ら怖いような。
これからもこの夫婦は、相変わらず妻は言葉の通じなさに悲しみ、時には怒りながら
笑い、そして夫婦生活を続けていくに違いない。
「あの人がいなくても生きていける」と言いながら、きっとこの二人はもうひとりでは
生きていけないのだ。

起伏が激しいワケでもなく淡々と進みながら心情を繊細に描く「江国ワールド」炸裂。
結婚生活がまだ短い私に、「夫婦って何?」と考えさせてくれる本だった。

コメント

「ブーツ履き間違え事件その後」&レッツ、ケーキ作り!

2005-01-28 23:36:35 | 単なる日記
履き間違え事件から2日が経過し、今日、たまたま友達と
料理教室主催のケーキ作りのイベントに参加する事になっていたので
例の「誰のだか判らないブーツ」を持ち、教室へと向かった。

後ろめたさアリアリなので、デパ地下でちょっと美味しそうなお菓子をチョイス。
それを添えて磨いたブーツを受付の人に渡す。

「その方、今来られてますけど」
という言葉に、合わせる顔がない私はひどく焦ったが、その人が授業中という事で
何とか顔を合わせずにすんだ。フーッ

とにかく、何とか「事件」は無事、解決へと向かった。


そして、友達とショコラフォンデュなるものを作成する。
生クリームのあわ立て具合、生地の混ぜ方、カップへの流し方、
とにかく判らないコトだらけで、イチイチ冷や汗が出る。
先生がやると生地をカップに流し込むのもスムーズに出来るけれど、
私がやると、ボトボトと下へ落ちてしまい、台がやたら汚れる。
先生の指導で、怪しいながらも何とか出来上がったのが写真の代物。

家に帰り、いかにも「私達(だけ)が作ったのよ!」とばかりに
相方へと食べさせる。
「美味しいじゃん」
その一言に、冷や汗の数々も報われた気がする。
先生が大事な所はやってくれたコトは、あえて言う必要もないだろう。

友達のつきそいで、来週も「タルト」作りをするコトになってしまった。

どうなるコトやら。
楽しみやら、怖いやら
コメント

ブーツ履き間違え事件

2005-01-27 09:23:21 | 単なる日記
昨日、料理教室へ行きラザニアを作った。

同じグループの生徒さんは私を含め4人。
粉から作る本格的なモノで、生地担当にされてしまった私は、粉にくぼみを作り、
その中に落とした卵を混ぜる際、溶岩のように外へ流れ出しそうになるのを
必死にかき集めながら、先生の助けも借りてまとめていく。
冷汗をかきながらねっちゃりした生地と格闘していると、何とかそれらしい形になった。

「この生地、しっかししてるから絶対美味しいですよ」
先生のリップサービスに(ホント!?生地がまずかったら、他の生徒さんが作った
ミートソースもホワイトソースも台無しじゃ~ん)
ドキドキしながら出来上がったラザニアを口に運ぶと、まあ確かに美味しい。

と、そこまでは良かった。

教室が終わり、スリッパからブ-ツに履き替え、荷物を持って外へ出た。
そして散々デパートをウロウロし、家に帰ったのが3時すぎ。
そんでもって、洗濯物を取り込んでアイロンをかけ、ご飯を作っている最中、ふと留守電の
ランプが点滅しているのに気づいた。
「○○料理教室です。今日こられた生徒さんに確認させて頂いてるのですが、
今日、黒いブーツを履いてこられなかったでしょうか?」
との伝言。

嫌な予感がした。

ゲタ箱へしまった黒いブーツを取り出す。
そして、ジッパーを下げてメーカー名を見て・・・「私のブーツじゃない!!!」

いい訳にしかならないが、私のととてもよく似たデザインで、しかも、
確かに私が置いていたスペースにこのブーツはあった。
まわりに間違えそうなブーツはなかった。だから何も考えず、履いてしまった。

今思い返せば、確かに履いた瞬間ふくらはぎがちょっとキツイなと思ったけど、
立ちっぱなしだったからむくんだのだと対して気にしなかった。

教室に電話すると、私が間違えて履いて帰ったブーツの持ち主は、取り残されている
私のブーツを置いて帰ったらしい。(当然といえば当然だけど)

というコトは、その人、何を履いて帰ったの~?
まさかスリッパ~~?  ごめんなさ~~~い!!!!

最悪

立ち直れない私は、妹や友達に電話しまくった。
「お姉ちゃん、何で間違えるかなあ。信じられん」

遠慮ない妹の一言で、「×10」くらいに落ち込みは加速した。
コメント (2)

「20分で晩ごはん」

2005-01-25 15:00:19 | 単なる日記
NHKでやっている、わりとお気に入りの料理番組
高額な(と私は思う)受信料を払っているんだから、じゃんじゃんNHKを見てやるわ!
という感じで意識的に1日に何度かはチャンネルを合わせるようにしている。

何がお気に入りかというと、20分という短い時間に数品(3品、4品くらい)を
作ってみせましょう!という番組なのだが、いかに料理の先生とはいえ、
段取りをちゃっちゃとこなさないと20分という時間は短いらしく、先生の目は
忙しなく動き、たえず時計(らしきもの)をチラチラと見て時間配分に余念がない。
バットやボールを使いまくり、フキンで何度もまな板を拭き、本当に忙しそうだ。
人が焦っているのを見るのはちょっと面白い(性格、悪すぎ・・・)

「前もって準備してあるし、後片付けがないんなら、20分でも出来るかもしれない
けどさ。調理以外の手間がめんどくさいんじゃん」などとツッコミを入れたくもなるけれど、
それは段取りの悪い私のやっかみというものだろう。

「出来る主婦」への道は、限りなく長くて険しい
コメント (1)

もう、自宅からの着信も信用出来ない?

2005-01-24 15:26:59 | 単なる日記
テレビの特集で、携帯電話に自宅の電話番号の表示で電話がかかって来て、
自宅からだと思って出てみると、「振り込めサギ」の電話だったという事件が
起こっているらしい。

海外の電話会社を通してコールバックという形でのサギらしいが、
最近では80万円くらいかければ(機材を購入?)、日本国内ででも同様に
その人の自宅電話番号を携帯電話に表示させるのが可能らしい。

怖い~。手、込みすぎじゃあ~
電話で振込みに応じる事など決してない(新聞や訪問販売断るの大得意)
であろう私だけれど、自宅からの電話番号だと信じてしまうかもしれない。

これからは、自宅からかける場合の暗号(古典的だけど「山」「川」とか(;^_^A)
を考えなければ!

この手の事件の度に思うけど、「そんな手口を考える頭があるなら、ソレ使って働けよ~!」
働いてない私が言った所で説得力も何も無いけど
コメント

趣味満喫 昼寝三昧

2005-01-23 18:45:19 | 単なる日記
今日もまた、一歩も外へ出なかった。というか、出たくないし、何もしたくない。
相方が仕事なのをいい事に、食べては朝寝食べては昼寝
日曜日だし、こんな日もなきゃやってられないのだと自分に言い訳し、
デロンギヒーターの側を離れない。グズグズグズグズ

結果オーライのB型なので、相方が帰ってくる前にとりあえず部屋が片付き、
洗濯が終わっていればいいかなあという感じの毎日を送っている。
相方が帰ってきそうな時間を予想し(それまでの帰宅時間を考慮して)それまでに、
いかにギリギリに片付けるか。それなりにスリリングだ。
たまに予定より早く帰るコールがあると、焦ってすぐにテンパッてしまう私は小心者だ。

そろそろ夕飯作り始めないと帳尻合わないなあ。
めんどくさいけど、作るかあ。
コメント

祝!初ブログ 「相性最悪夫婦」

2005-01-22 19:44:23 | 単なる日記
昨年の今頃は、現役の「負け犬」だった私。
杉田かおるのセレブ婚などを見ていても、「結婚」したらとりあえず「勝ち組」のような
報道の仕方が多いような気がするけど、例のベストセラーを読むと(立ち読みゴメンなさい)
結婚していても30代で子供ナシだと「負け犬」らしいので、正確にはまだ「負け犬」現役なのかもしれない。
相方(ダンナ)は、B型の私と、あらゆる血液型同士の組み合わせで最悪とされる「A型男」だ。
生活してみて思うのは、基本的に「違う人種」なのだという事。
今の所(?)何とか折り合いをつけ、仲良くするようにはしている。(やはり結婚は努力??)
とりあえず、今日はネタがないのでこのへんで終わり。

コメント (2)