広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

誰も知らない

2004年08月24日 | 映画レビュー
実際に起きた事件をモチーフにした映画

親に置き去りにされた4人の子供の物語。


母性や絆を感じさせる母との生活を描く前半が,後半の悲しみを際立たせる。


送られてくるお金を持って買い物に出かけるうち友達が出来た長男。

上辺だけの関係ですぐに離れてしまうが第三者が家に入った結果,
4人の心に孤独が増してゆく。

あきらめにも似た悲しく苦しい生活だけど,
子供らしいエネルギーに満ちた彼らの姿は輝いていた。
4人とも凄く生き生きとして可愛かった。


本当に兄妹のような子役たちが凄く良い。 
特に,無邪気な笑顔の下に,やり場のない悲しみ憤り投げ遺りな感情を匂わせる
長男役の柳楽君が印象に残る。


子供は産まれて来た瞬間から誰だって親を信じている。
その信頼を裏切り,自分の幸せに走った母親はひどいと思うけれど,
彼女だけを責められない。4人の父親にも責任は大いにあるし,
根強い非嫡出子への差別など社会の悲しい現実にも責任がある。

メッセージ性を前に出さず,子供たちの姿を通して,
明るい事ばっかりじゃないけれど,希望というか未来に光を,
生きる強さを感じさせ強く心に残りました。

人のぬくもりが恋しくなる映画,人に優しくなれる映画でした。



タイトル:誰も知らない(NOBODY KNOWS)

監督:是枝 裕和

出演:柳楽 優弥,北浦 愛,木村 飛影,清水 萌々子,韓 英,YOU ほか

上映時間:141分



誰も知らない


バンダイビジュアル
2005-03-11
売り上げランキング 117

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
「誰も知らない」ができるまで 映画「誰も知らない」サウンドトラック あの頃のこと―Every day as a child そら 茶の味 グっとくるBOX


映画「誰も知らない」サウンドトラック
コメント (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 華氏911 | トップ | シンクロ »
最近の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
人にやさしく、ぬくもりが恋しく・・ (オハロハ)
2004-08-24 21:51:38
今私は自分が置かれている環境には重ね合わせることができず。私は。他人にを思いやることが欠落してるのかなと思います・・・口下手は困り物です。



どんな状況であれ、自分にかかわる人に対して

いつも本当の意味でのやさしさをもてたらと思いますが。実際、忘れがちな私だから、そんな大切なメッセージを直視できなかったりするのかな。



今度、この映画観たいとおもいます。
トラックバック経由で来ました。 (リム)
2004-08-25 01:20:50
ちょうど、

友達の娘に「ユキちゃん」という子がいて、

ダンナと離婚をして母親一人で育てていて・・・

もちろん幸せに過ごしているけれど、

なんだかその娘を思い出しちゃいました。



この映画を観て、

たまらなく、あの子に会いたくなりました。

他所の子だけど、優しくしたくなりました。



そうですね

「人に優しくなれる映画」でしたね・・・。
Unknown (AKIRA)
2004-08-25 12:32:54
もっともっとヒットして沢山の人に観てほしい映画ですね。
Unknown (bitter)
2004-08-28 11:52:19
はじめまして、trackbackありがとうございます。



「人に優しくなれる映画」

という表現、とても素敵だと思います。

この映画を見た後、しっくりくる言葉が

なかなか浮かびませんでした。



良いとか悪い映画とかではなくて、

何かもっと深い所に響く感じがしました。



本当に一人でも多くの人に見て

もらって、何かを感じて欲しいですね。

Unknown (AKIRA)
2004-08-29 12:15:42
ありがとうございます。m(_ _)m



鑑賞前は後味悪そうな映画だろうと思っていましたが,

全然違いましたね。



余韻が静かに残る秀作でした。
Nobody knows (giants-55)
2004-08-29 21:03:51
トラックバック有難うございました。



「誰も知らない」の余韻は未だ残っています。全く救いのない映画と書いたのですが、他に書き込み下さった方から、「強いて言えば、コンビニの店員さんの行為(廃棄予定のお弁当を、分けてくれた)が唯一の救いかも」とあり、確かにそれはそうかもと思った次第です(^o^;;;。



現実には、こういう事件が多く起きてるんでしょうね。そういう事実から目を逸らさないで、正すべきは正すという人間になりたいですね。



これからも宜しく御願い致します。
つくられる、つくる。考えてゆく、考える。 (Mohara Syoan)
2004-08-29 23:40:35
極めて慎重に、構想され、計算され、造られた映画でありましょう。ある意味、ベテランの俳優を使うよりも、慎重に配役され、子供達の行動を読み、構成し編集されたこの映画は、極めて難しい位置に立つ映画であります。見る側の私たちも、慎重に、なるべく多くの言葉を用いて、それぞれの意見を語らなければなりません。日本人が最も苦手な分野の映画でありましょう。でも今後、最も多く必要とされる映画であることに違いありません。
Unknown (ペペロンチーノ37373)
2004-08-30 01:17:24
トラックバックありがとうございます。



僕はこの映画を見て、強い印象はうけたのですがその裏にあるものを汲み取ることが出来ませんでした。受け取るのが辛かったということがあるのかもしれませんね。



こういう映画っていろんな見方を拝見することが出来るという点で面白ッですねぇ。普段考えないことを考えさせてくれるので、物事に対する見え方を変化させてくれるきっかけになります。
Unknown (AKIRA)
2004-08-30 10:26:34
実際の事件はもっともっと辛いものであったでしょうが,

あえて声高に非難糾弾せずに,そっと見守る様に,

生きるエネルギーに満ちた映画に仕上げた監督は凄いと思う。



こんな底の深い邦画を,これからも沢山観られるといいなぁ。
はじめまして (kyoya)
2004-09-10 00:40:21
トラバありがとうございます!

元ネタになった事件については、

映画を観たあとに調べました。

俺としては観た後にしておいて良かったと思いました。

現実はあまりにも過酷で残酷でしたし。

人の親になる前に観れて良かった、と思える作品でした。

映画レビュー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事