熊澤良尊 将棋駒工房

元将棋博物館顧問。将棋駒研究と制作。

JR加茂駅、徒歩2分。
見学訪問は、0774-76-5911へ。

太陽と山茶花

2018-11-15 19:24:20 | 文章

今朝は、5℃くらいでしょうか。いつもより寒かったです。                                             それでも7時半には彫って埋めた2組の駒の外仕事の整形作業。寒さ対策は2重ズボンと上着、それに首にはタオルを一巻き。やがて、山の端から暖かな太陽に、ほっとしました。 

この時期、花は菊と山茶花。山茶花は2週間くらい前から開花を始めました。その映像。                      

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 鰭崎英朋書の駒 | トップ | 彫り埋め、巻菱湖 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
駒作成の依頼について (涼太)
2018-11-17 10:25:41
熊澤先生初めまして。
この度熊澤先生に盛上駒の製作を依頼させていただきたくご連絡いたしました。
経緯ですが、私の父親が長年将棋を趣味にしておりまして、いつか熊澤先生の駒で将棋を指してみたいと話しておりまして父の退職祝いに駒を渡したいと思ったのです。
しかし、私自身今年就職したばかりの23歳の者ですので、金銭的な余裕があまりありませんが、今まで世話になった父親にどうしても熊澤先生の盛上駒を渡したいと思っています。
そこで、熊澤先生に依頼させていただく場合、料金はおいくらくらいになりますでしょうか。
父親は熊澤先生の水無瀬兼成書の駒が本当に素晴らしい物だと話していたので書体はその書体でお願いしたいと思います。
私自身現在出張中で日中お電話できないことが多いので失礼だと存じますがメールにてやりとりさせていただければと思います。
よろしくお願い致します。
涼太さんへ (熊澤です)
2018-11-17 20:12:30
コメント、ありがとうございます。
お父様のお話。うれしく拝見しました。そして涼太さんの篤い思いにもうれしく存じます。
小生が作ります駒もいろいろで、盛り上げ駒の場合、通常は50万円を基準に、木地によって値段も変わりますので、本当は現物をご覧になって判断願うのが、一番良いのではと思います。
ところで、涼太さんは、どちらにお住まいですか。手元には出来上がった駒もいくつかありますし、木地もたくさんご覧いただけますので、買う買わないとは別に、もし小生の仕事場に来ていただけるなら、大歓迎です。
なお、小生、メール(パソコン)はあまり得意ではないので、
電話、FAX、 あるいはハガキ(手紙)を下さればありがたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

文章」カテゴリの最新記事