TERUZO's Photo Blog

TERUZOの趣味の写真とか。たまに自転車の話も。

第一只見川橋梁

2012-11-04 20:59:13 | 風景
週末いろいろと忙しくて、写真を撮りに出かけられず、約1カ月ぶりの更新となりました。

春と並んで秋も、花、景色いろいろ撮りたいものがあるのですが、そういうときほど
いろいろとイベントがあって自分の時間が取れない…

愚痴はさておき、紅葉の名所はいろいろありますが、ここ数年は北関東~南東北を攻めています。

3年前は袋田の滝(茨城)、一昨年は花貫渓谷(茨木)、昨年は塔のへつりと大内宿(福島)、
で、今年は紅葉を含む景色では「東日本一」との呼び声高い、只見線の
第一只見川橋梁(福島)に行ってきました。
昨年からは「がんばろう東北」の意味も込めて、行った先で少しでもお金を使うようにしています。

金曜日に仕事を終えて、夕食を食べてから22時過ぎに茅ヶ崎を出発、途中、何時間かPA/SAで
仮眠をとりながら、朝5時頃に最寄りの道の駅(尾瀬街道みしま宿)に到着。奥会津は遠いですね。
心理的には仙台より遠いように感じます。おまけに夜中の磐越道では前も後ろも対向車線も
走っている車がいない…真っ暗で怖いよ。

残念ながら雨模様でしたが、9時台の列車上下が過ぎたあとから晴れてきました。
9時台に第一只見川橋梁を望む高台に登りましたが、先客の鉄ヲタっぽいおじさん連中が
良い場所を占拠しており、結局列車が通る風景を撮れませんでした。せめて奥の高台に
行きたかったのですが、通路に三脚を立てて占拠しており、通り抜けることすらできませんでした。

私も夜通しの運転でかなり疲れていたこともあり、罵声合戦でこれ以上疲れたくなかったので、
9時台の列車はあきらめて少し降りたところで待機していましたが、
最近は鉄ヲタ(特に撮り鉄)に対する風当たりが強いのですから、少しは考えてほしいものですね。

9時台の列車が過ぎると、次は13時なので、占拠していたおじさん連中は撤収しました。
次の13時台の列車を待つかどうしようか、と悩みながら機材をセットアップしていると
雨があがり、日が差し始めました。すると、なんと鉄橋のある谷に虹がかかりました。
しかも主虹と副虹のダブルです。鉄橋と合わせ、谷に3本の橋がかかりました。

3本の橋(かなりデータをいじってあるので、撮影条件は省略します)


私は鉄オタではないものの、やはりこの景色で鉄橋の上に列車がいないのは寂しいので、
13時前まで一度降りて最寄りの道の駅で買い物をしたり、昼食を食べたり、
第3橋梁を見に行ったりして時間をつぶしました。
道の駅には地元の採れたての野菜や地場の米、酒など、いろいろ売っていて、目移りしました。
自分用に米(地場産のコシヒカリ)と、会社の同僚へのお土産として柿羊羹・栗羊羹、
そしてお世話になっている自治会長に酒を買いました。
9時台で撮り鉄のおじさん連中にやられちゃったので、今度は少し早めに高台に移動して
待機していましたが、列車が来る直前にまた雨が降り出し、視界が悪くなってしまいました。
(しかも、私以外誰も上がってこないという…)

13時台の列車 (かなりデータをいじってあるので、撮影条件は省略します)


雨や、豪雨被害の復旧工事による川の濁り等、コンディションはよくありませんでしたが、
それでも紅葉を含む景色では「東日本一」といわれるだけのことはあります。
来年になるか再来年かわからないけれど、再チャレンジしたいです。
コメント (1)