TERUZO's Photo Blog

TERUZOの趣味の写真とか。たまに自転車の話も。

アサギマダラを見に行く

2017-09-16 16:18:06 | 昆虫
アサギマダラ、ハイキング中に何度か見かけたことがあるものの、写真を撮る準備をしているうちにどこかへ行ってしまい、いままで写真におさめることができませんでした。

ということで、初秋の開園が始まった「赤城山自然園」に行って撮ってきました。

赤城自然園はセゾンカード系の運営なので、セゾンカード、UCカードを持っていると、
入場料が半額です。UCカードをもって25年、「UCカードで良かった~」と思ったのは初めてです。

さて、園内は入ってすぐにアサギマダラがたくさん居るのを想像していましたが、居るのはヒョウモンチョウばかり。自然の状態なので、いつもいるわけではないし、ヒョウモンチョウもまあ、それはそれで悪くないですし。

ヒョウモンチョウ



色がちょっと違う…たぶんミドリヒョウモン


アサギマダラになかなか出会えず、池のところに出たらオニヤンマが。
藤沢あたりだと、ギンヤンマは目久尻川で見かけますが、オニヤンマは見かけません。

嬉しくなって写真を撮りますが、全然止まってくれないので難しいです。
連写で追いかけて、何とか平凡な写真が2枚だけ。



オニヤンマに比べてアキアカネはすぐ止まるので、簡単でいいですね。


園の中央付近、芝生広場で休憩中に、嫁チャンがビーズ作品の撮影を始めました。

よ~く見ると、真ん中にいるのは…ザトウムシ。かわいい。


敷地の中には「昆虫館」という無人の施設があり、なぜかカブトムシをフィーチャーしています。
15倍精密模型はちょっと気持ち悪い。



さて、メインのアサギマダラ。園の奥のほうで、まとまっていました。


吸蜜していると、ヒョウモンチョウにどかされます。


まあ、目的は達したので良い1日となりました。



コメント (2)

江の島~茅ヶ崎~大磯

2017-02-04 19:53:16 | 昆虫
先月は仕事がらみで某認定試験を受けねばならず、週末の自分の時間は
ほぼ勉強にあてていたため、今日は久々のフリーな休日。

嫁チャンも夜は勤務先の仲間の送別会とかで、夕食はいらない、と。
晩御飯もつくらなくていい日。ラッキー。

ということで、久々に自転車で走ってきました。天気も最高。
江の島に出て、そこからR134をひたすら西へ。
とりあえず、サザンビーチで1回目の休憩。烏帽子岩がきれいに見えます。


そこからは自転車道で相模川の河口へ。
下水処理場の温かい排水で魚が集まるので、それを狙う鳥も集まるのです。
でも、今日はメインターゲットのミサゴは現れず。ユリカモメを撮ってみました。




天気がいいので、飛行機もよく見えます。JALですね。
なお、旧株主として嫌な思いをしたので、プライベートではJAL乗りません。


ふたたびR134に戻り、平塚を抜けて大磯へ。大磯では西湘バイパスと並行して走る自転車道を走ります。
大磯港から旧吉田邸のあたりまでつながっています。
西湘バイパスを見下ろし、海を見ながら走るのは爽快です。時々、覆面PCにつかまってる人いますしね。


本日は以上。
サイクルコンピュータによると、今日は2時間21分の走行で49.6km。消費カロリーは1,782kcalだそうです。
脂肪にすると198g分。
コメント (3)

大透翅(オオスカシバ)

2013-10-14 22:16:04 | 昆虫
今日は横浜にお出かけ。

横浜市の花でもあるバラ、その秋バラが見頃との連絡があり、
さっそく行ってきました、横浜イングリッシュガーデン(YEG)。

YEGは初めて訪問したのですが、丸1日いても飽きないような気がします。はまりそう。

それなりに有名なところなので、人は多いですが、庭もそこそこ広いので、
それほど混んでいるような気はしません。
ところどころにあるベンチに腰掛け、バラの香りに包まれてぼんやりしていると、
1日が一瞬で過ぎてしまいそうです。
加齢臭が出てきたおっさんですが、バラの香りの中では加齢臭は目立ちません。

バラなので、レンズは「和製ズミクロン」ことXR RIKENON 50mm F2Lしか
持って行かなかったのですが、そういう時に限って昆虫が…

ネオ一眼で液晶モニタを見ながら、マニュアルフォーカスレンズで
動き回る昆虫を撮るのは至難の業です。カメラもレンズも選択ミスです。

写真は、オオスカシバ。スズメガの仲間の大型の「蛾」です。
ホバリングしながら蜜を吸っています。
黄緑色のモフモフな感じがいいですね。

撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
撮影日時:2013年10月14日 13:43
使用機材:カメラ PENTAX K-01
       レンズ ROCOH XR RIKENON 50mm F2L
撮影条件:焦点距離 50mm 露光時間 1/500秒 絞りF2.0 ISO 100

コメント (2)