10吋のタンノイ(IIILZ )で聴きたい音楽は何か?

釣好き、カメラ好き、音楽好きの、オーディオ好きのダメオヤジの金ちゃんです。

笑っちゃうようなスタンダードを・・・大好きな三流アーチスト、Eddie Higginsを聴く・・・

2016年09月12日 | JAZZ・ボサノヴァ

最近、自宅で聴く音楽の割合は、弦楽器の音の割合が多くなってます。

どうもボリュームを上げても余り変化が無い・・・

変わらないんですね?少し音に物足りない?

でも偶にはJAZZ系統も聴いてみたい! でも満足する音がでない!

そうだア・レをためそう!

現在裏方でお休み中の、オンキョーM-8000を繋いで見よう!

(かなり古いアンプですが・・・元気の良い音は請け合います)一般的にはジャズ系統には良いとされる、

この頃のオンキョー製品のアンプが現代の安定してきたアンプの魁の作品になったアンプかも知れない?

ただ此のアンプは点灯してから最低でも10分程は音が安定しないようで、

まるで真空管のアンプのようです(笑)早速結線して音を出し始めます。

尚スピーカーのKEFにつきましたは、十分JAZZも楽しめます。

でも最終的にはアルテックやJBLのような乾いた歯切れの良いアメリカ的な(刺激的)な音はむりそうですが・・

でも、M-8000が、JAZZ、POP系は元気の良い此のアンプが良いのですかね!

ドラムのブラッシュワーク、ウットベースの撓るような音。いい感じで聞こえます。

 最近は程度の良い中古品のLINNのLK100にパワーアンプ変えてからは、

少し細身なところもありますがこのパワーで聴いています。全体の雰囲気と品格が勝ります

このシステムにあった音楽は???そうですエディ・ヒギンズEddie Higginsです。

ビル・エヴァンス、キース・ジャレット、バド・パウエル、セロニアス・モンクと同列に語ろうものなら、

目の色をかえて猛烈な反論反撃をしてくるくそまじめな精神の持主

(ドグマ好き/権威好き/守旧派/脳味噌の中身はオガクズかオカラ)どもがいるが、

彼奴らのたわ言など知ったことではない。

一流だろうが二流だろうが有名だろうが無名だろうが革新的だろうが凡庸きわまりなかろうが

類を見なかろうがどこにでも転がっていようが、いいものはいい。わるいものはわるい。

話は簡単だ。

硬直した権威主義者と取り澄ました教養主義者と頑迷蒙昧な教条主義者は「物静かに退場しろ」

ということである。筆者も好きなピアノ・トリオの紹介

エディ・ヒギンズ◆Eddie Higgins

エディ・ヒギンズと言えば、1932年生まれですから、若かりし頃はバップ・ピアニスト。

1958年に初リーダー作を出しましたが、サイドメンを務めることが多く、

リーダー作が話題になることもなく、知る人ぞ知るという感じのピアニストでした。

しかし、突如、晩年、1990年代になって、

日本のヴィーナス・レーベルに数多くの録音を行い、ジャズ・ファンを驚かせました。

ヴィーナス・レーベルは、

「オーディオ好き,美女ジャケット好き,スタンダード好き」といった、

あの頃は、どちらかと言えば、中高年のジャズ「おやじ」向けのレーベルです。

エディ・ヒギンズのピアノは、何といっても上品で聴き易く、リリカルなプレイが特徴で、

日本人好み(特に中高年でしょう)の音傾向です。

いわゆる「カクテル・ピアノ」的な演奏です。

 筆者が大好きなCDです。凄いスタンダード!

●煙が目にしみる  ●木の葉の子守唄   ●星に願いを

●あなたは恋をしらない  ●ビギン・ザ・ビギン

もう笑ちゃう位スタンダードを旨く弾く、此のようにおしゃれな、ノリの良い所

大いなる三流アーチストによる演奏、凄く良いですよ!

All The Things You Are - Eddie Higgins Trio 

エディ・ヒギンズ/Eddie Higgins. 超一流でも一流でもなく、二流あるいは三流。

大いなる二流。あるいは一流の二流もしくは二流の美学を持ったピアノ弾き。

ジャズ・ピアノについて語られるとき、エディ・ヒギンズの名が挙がることはほとんどない。

革新的なことをしていないから?カクテル・ピアニストだから?

Eddie Higgins Trio - Like Someone In Love

理由はいくらでもあり、いくらでもつくられる。実にイキの良いサウンドなんです。

実に軽くノリが良く、スイングしてるって感じが良いのである。

例えば 一流の映画監督よりも三流の映画役者をこよなく愛す。

    カネがあろうがなかろうが自分の生活を匂わせない。

    60歳を過ぎても少年の好奇心が旺盛である。

    謎めいた部分を持っている。

    家庭のことはいっさい口にしない。等々

くそまじめな精神の持主どもがいるが、たわ言など知ったことではない。

一流だろうが二流だろうが有名だろうが無名だろうが革新的だろうが・・・・・(爆)

凡庸きわまりなかろうが類を見なかろうがどこにでも転がっていようが、

いいものはいい。わるいものはわるい。一流の映画監督よりも三流の映画役者、

脇役をこよなく愛する吾輩としては、当然にエディ・ヒギンズを愛する

「たかが音楽、されど音楽」だけれども、やはり、

音楽など「たかが」という括りをしておくくらいがちょうどいい。

音楽に対して憎まれ口減らず口を叩こうと思えばいくらでも叩けると思います。

You must believe in spring - Eddie Higgins

Trio

 こんな楽しい演奏を提供してくれるJAZZマンはもういないのかも知れません。

ちょっと過去の話になりますが、ジャズ・ピアノの超ベテラン、エディ・ヒギンズが、8月31日、

フロリダ州フォート・ローダーデールにあるホリー・クロス病院で死去されました。享年77歳でした。

最近筆者がよく聞くタイトルは Fine Romance Import

Eddie Higgins Trio - Historia De Un

Amor

現在iTunesでエディ・ヒギンズ・トリオを探せば50枚ほどの演奏が楽しめます。

昔は筆者もラムゼイ・ルイスも好きでしたが、

エディ・ヒギンズ・トリオを知ってからは此の三流アーチストが大好きになりました。

聴いたことのない方は是非一度お楽しみください

それと今回色々パワーアンプを替えて聴きましたが、やはり素直なアンプで聴くのが良い。

最終的にはAurex SC-M15/SC-M15☓2BTL接続でモノラルパワーアンプとしての使用で

一番落ち着き長く聴くには実に良いパワーアンプのようである。

気軽にスイングするEddie Higginsに、ブラボー!


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 久しぶりにオーデオショップ... | トップ | 観ました・・・・・「超高速... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
三流は可哀想です!(T^T) (永井虚風)
2016-09-12 21:13:44
エディ•ヒギンズ、聴いてて愉しいピアニストですね〜!(^Д^)
三流は可哀想です。せめて、偉大な大衆作家とでも言いましょう!*\(^o^)/*

オスカー•ピーターソンも、ジャズの歴史を塗り替えた訳でもなく、新しいジャンルを創造した訳でもないピアニストですが、たくさんの人に愛され、沢山の楽しいアルバムを残しました。

エディ•ヒギンズも同じで、スタンダードを楽しく演奏してくれるピアニストなのでは?
以外と隠れファンは、たくさんいると思いますよ!
因みに私は、イージーリスニングというジャンルも大好きなのです。(^Д^)
古いいトランジスターアンプは付けっ放しで! (永井虚風)
2016-09-12 21:28:42
オンキヨーM8000 ですが、古いトランジスター•アンプは、なかなか良い音になりません。
24 時間電源を入れて置かないといけないという、オーディオマニアもいます。
もし、無音状態の消費電力が、10W 以下ならば、電源入れっぱなしをお勧め致します。

因みに、音の良いジャズ喫茶で有名な、一関のベイシーの菅原さんは、もう40年位JBL のアンプの電源を入れっぱなしで、決して落とさないのが良い音の秘訣だと言っています!(^Д^)
Unknown (金ちゃん)
2016-09-13 06:33:00
コメントありがとうございます。
実に参考なるご意見ありがとうございます24時間電源を入れっぱなしですか?
小生最近は益々楽しめるJAZZサウンドとタンノイでなんとかJAZZを楽しみにと考え音楽を楽しんで見たいと考えて、現在古い機器をなんとか再生しようと企んでいます。今後共気軽に遊びに来たください。
エディ•ヒギンズも大好きなピアニストですが、ビージー・アデールも良いんですよ。今後共宜しくご指導ください。

コメントを投稿

JAZZ・ボサノヴァ」カテゴリの最新記事