10吋のタンノイ(IIILZ )で聴きたい音楽は何か?

釣好き、カメラ好き、音楽好きの、オーディオ好きのダメオヤジの金ちゃんです。

哀愁ある『アート・テイタム~ベン・ウェブスター・クァルテット』のJAZZを聴く!

2019年05月08日 | JAZZ・ボサノヴァ

連休も終わり何時も通りの生活に戻る、5月は比較的フリーの時間が多くゆったり出来るようだ、午

前中に仕事を片付け、昼食後は好きな音楽でもと、愛機SV-501SEパワーアンプに火を入れる。暫く

して、突然雑音が?SV-501SEの初段管松下製「6BM8」の色が変化しいる、慌てて、メインスイッ

チを切り先日購入したOEM品松下製に両方のMT管を取替えると、音は戻ったようです、

松下製のMT管も1セットご臨終でした。

まるで真空管って人間臭いですネ!予備球の必要性を感じる。

300Bの真空管アンプに変えて断然ピアノの音は良くなった、弦も良いがピアノの音が良くなるとい

うより、塩梅よく響く感じに聴こえる、個人的には松下管の独特の繊細な部分も気に入っている。

ただ気になるのはSV-501SEに相性の良いと言われるTELEFUNKEN製の音、それとなく海外のMT

管を見渡すとTELEFUNKEN製「6BM8 2本 PCL82」が販売サイトに製品はイギリスにあり到着ま

で3週間程かかるが、以前より欲しかったMT管なので早速発注した、世界の物が手軽に入手出来る

インターネットは便利で到着がたのしみです。後日到着してある程度のエージングが済次第、待望

の初段管TELEFUNKEN製プリ管の事をブログアップします。

最後に気になる事は以前ハーモナイザー等で12AU7/ECC82のMT管探しをしたがMULLARD製との

縁がなくリイシュー( Reissue)のMULLARD製しか聴いて無いので機会があればPCL82のMT管は

是非比べて見たいと思う。

最近(購入)集めた300BとMT管は

Electro Harmonix300B 1セット、PSVANE 300B Hifi 1セット

東芝製6BM8 1セット、松下製6BM8 1セット、AWA社ブランドで販売されたOEM品の松下製

6BM8 2セット、AMPELEX : ECC88/BugleBoy (made in U.S.A)物 2セット、RCA6BM8 

1セット、SIEMENSの6BM8 1セット、ELECTRO-HARMONIXの6BM8 1セットと今回購入の

TELEFUNKEN製と増えてしまった。これだけでもまとめれば相当の金額になった。

TELEFUNKENとの相性は良いとされているが果たして本当なのか?国産品も相当良いと思うが・?

と同時にメインの300Bとの相性も或るかも知れない?現在使用のPSVANE 300B Hifi 真空管との

相性はたまた以前のElectro Harmonix300Bが良いのか試聴しなければ判断はつかない、以前購入

のSIEMENS製の様な事もあるので注意です。

ついでに管球王国のバックナンバーvol. 63特集記事「タンノイIIILZと現代英国ミドルスピーカーを

管球式インテグレーテッドアンプで鳴らす300B/2A3/6BQ5/6L6GC/KT66/EL34/KT88ア

ンプ14モデル試聴 テスター=高津修/和田博巳 ヴィンテージと現代のUKブランド・ミドルクラ

ススピーカーを、大掛かりになり過ぎない管球式インテグレーテッドがいかに鳴らすか。様々な出

力管種、回路設計のアンプで新たな“黄金の組合せ”を探ります。」バックナンバーを注文した。どち

らかと言えば昔から追求する事は好きなのでこの際タンノイIIILZの追求を深く静かに行っています。

でも最近恐ろしい同居人「山の神」からネットでの支払いが多いと厳重注意を受けた!確かに此処

1年でのオーディオ関係の支払いが多く、月末の支払いにドキドキしている。歳とともに好き嫌いが

特に激しくなった感がする、意外と必要以上にMT管の購入したようだ、その影響か最近特にJAZZ

系統も1960年代の演奏者が多く聴く様になっている。

現在筆者の奏でる音で甘く切ない音が聴けます、当にIIILZ音には驚ます。

以前もこの偉大なピアニストは紹介しているが今回は是非聴き残したい一枚です。

心温まるアート・テイタムのピアノと滋味あふれるベン・ウェブスターのテナーが織りなす、珠玉

のスタンダード集。テイタムが亡くなる2ヵ月前に録音された作品で、テイタム不朽の名盤。

ピアノの神様とテナーの重鎮が出会い、当時のヒット曲を心のおもむくままに演奏した名盤。豊か

でのびやかな演奏は、珠玉の輝きを放つ。

<パーソネル>アート・テイタム(p)ベン・ウェブスター(ts)

レッド・カレンダー(b)ビル・ダグラス(ds)

★1956年9月11日、ロサンゼルスにて録音

Tatum Group Masterpieces #8

1. Gone With The Wind

2. All The Things You Are You

3. Have You Met Miss Jones?

4. My One Only Love

5. Night And Day

6. My Ideal

7. Where Or When

8. Gone With The Wind (alt take)

9. Gone With The Wind (alt take)

10. Have You Met Miss Jones? (alt take)

Recorded 1956

My One And Only Love Art Tatum & Ben Webster 

 アート・テイタム(p)1910年10月13日オハイオ州トレド生まれ。ジャズ・ピアノのヴァーチュオ

ーゾ。生まれつき弱視で片目は失明状態。13才でピアノに転向、トレドのラジオ局でプロ入り。

32年ニューヨーク進出。38年ロンドンで公演。40年代中期よりスラム・スチュアート、タイニー

・グライムスのトリオで人気を博す。40年代を通して人気投票のベスト3の常連。1956年11月5

日ロスで死去。

ジャズ・ピアノのヴァーチュオーゾ。かのホロヴィッツもアート・テイタムのピアノを絶賛したほ

どである。菊池雅章もその昔スイング・ジャーナルのアンケートか何かでアート・テイタムを一番

好きなピアニストに推していた。しかしテクニシャンという評判が先行した故かまたソロピアノが

多かったためか「すごいんだけどねえ~」で終わってしまっている。僕もどちらかというと敬して

遠ざけてしまっているミュージシャンの一人かもしれない、モダンジャズのテクニシャンといえば

まずオスカー・ピーターソン、フィニアス・ニューボーンなどが挙げられる。アート・テイタムはも

ちろんスイング時代のピアニストであるからリズムのノリはあくまで4ビート、しかしオスカー達

に比べるとピアニスティックな音の響かせ方やものすごいフレージングをさりげなく弾いている点

など彼らを上回る。また実にエレガントなのだ。だから本来はソロ・ピアノで聴くべき人なのだろ

う。ある時オスカー・ピーターソンが映像無しで音だけでアート・テイタムを聴きつぶやく!

これは一人の音じゃなく二人で演奏している、あのピーターソンがそう呟いと言われるアート・テ

イタムそれはゴットハンドの音楽だと言われた

ART TATUM LIVE [EXTREMELY RARE FOOTAGE] 

だけどモダン・ファンとしてはどうしてもベース・ドラムとのトリオを好む。70年代に一時モダン

ピアニストのソロ・ピアノがブームになったことはあったがそれもすぐに終わった。やはりドライ

ブするスイング感が欲しいのだ、・・・・・ファンとは贅沢です。

アート・テイタムにドライブ感やスイング感が無いと言ってるわけではないがソロピアノにはどう

しても限界がある。猛烈なスピード感や素晴らしいフレージングなどほんとにすごいと思う。だけ

どずっと聴いているとちょっとね、あきるです。

というわけで今回紹介するのは当時のレギュラートリオにゲストでベン・ウエブスターが加わった

カルテットです。ヴァーヴでは「ART TATUM-BEN WEBSTER QUARTET」というタイトルでリ

リースされました。

リリースは1956年9月11日とあるが筆者がまだ小学生時代に販売したレコードなんです、このア

ルバムを買ったのは学生時代に、実はこういった一聴甘い演奏は高校生の僕にピンと来なかった。

まあ当たり前ですね、やっぱ20年早かったかな・・・・・・?

今この演奏を聴くとなんと素晴らしいアルバムかと思います。全ジャズアルバムの中でもトップに

ランクされる素晴らしい演奏だと確信しています。演奏される曲目はすべて人口に膾炙したスタン

ダード、それもスロー・バラードです。アート・テイタムも幾分控えめに弾いています。それでも

ソロやベン・ウエブスターのバックに付けるオブリガートなど実にエレガントです。

アート・テイタム~ベン・ウェブスター・クァルテット 『アート・テイタム~ベン・ウェブスター・

クァルテット』 Art Tatum – Ben Webster “The Tatum Group Masterpieces” 045

驚くほどにニュアンスに富むピアノ。アート・テイタムは視力がほとんどなかったそうですが、聴力

をたよりに鍛えた驚異的なテクニックは、多くの音楽家から注目され賞賛を得ていたようです。鍵

盤からよどみなく流れ出す旋律と音色。この流麗な繊細さと低く太く振動するベン・ウェブスター

の男性的な響きとのコントラストが、心に深い印象を残します。#1 “Gone With The Wind” 「

風と共に去りぬ」、#4 “My One Only Love” 「マイ・ワン・オンリー・ラブ」、#5 “Night And

Day” 「夜も昼も」、#6 “My Ideal” 「マイ・アイディアル」など親しみのあるスタンダードをはじ

め、選曲も抜群。静かにゆさぶられる狂おしさ、胸の内に溢れんばかりの余韻の疼き、ジャズとは

一体何なのでしょう。今聴いても納得する最高のクァルテットかも知れない?ブラボー!


コメント   この記事についてブログを書く
« 最近疑問に感じる事、タンノ... | トップ | 温かな歌声と端正な美貌でリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

JAZZ・ボサノヴァ」カテゴリの最新記事