10吋のタンノイ(IIILZ )で聴きたい音楽は何か?

釣好き、カメラ好き、音楽好きの、オーディオ好きのダメオヤジの金ちゃんです。

CAT.7用にLANケーブルを替えケイコ・リー、Jポップの名曲を歌い上げたカバー・アルバムを聴く。

2019年05月28日 | JAZZ・ボサノヴァ

先日CAT.7というLANケーブルの良い物があると聴いた、オーデイオマニアの性か少しでも良いと

言われれば?価格も安価なら尚更試して見たい、取り敢えず近所の家電販売店に行き商品の確認を

した、LANケーブルのコーナーに勿論一般的な商品なので直ぐに見つけ、価格個そこそこなので、

取り敢えず2本を早速購入してみた。

たかがLANケーブルで、果たして音質まで変わるのか疑問ですが、取り敢えずルーター〜LAN〜PC

と取り敢えず2本購入、最短が良いと思い1メートル2本を購入した。

詳しい事はわからないがこのCAT.7というLANケーブルを利用しRCAケーブルを作り音質が良くなっ

たという方もおられる、勿論スピーカーケーブル利用も良いと聞く。

実際RCAケーブルを自作され聴いていつ方の話によればすべてのケーブルをCAT.7というLANケー

ブルに取り替えられ随分音質は向上したと言われていた。

通信速度と音楽ソフトへの影響はあるのか?現在筆者の使用するケーブルは1年前に交換したカテゴ

リー6Aを使用しているが、現在の物より可也太くなった、今回のCAT.7は支那製でもあり、華為技術

(ファーウェイ問題)の関係性があるのかも知れない?アメリカ(トランプ)の影響でソフトバンク

等も早速対応策を発表している、今後通信機器の会社は影響が多いのだろう。

今後値上げという自体に進むのかも知れない?確かに筆者も支那製の真空管のPSVANE 300Bを使用

しているが、製品安心度も最近の支那製品は可也安定し、未だに多少の割安感な特徴があり、儲かる

と思えば何でも手を出す中国は益々脅威である。支那製品は品物をよく吟味しなければ痛い目に合う

が其の辺りは十分注意しなければならないが、かなり昔から言われているが支那製品も未だ台湾の会

社が管理している支那製品の品物は良いのかも知れない?

この商品の説明には取り付け部分は金メッキを使い今まで使っていたものより高級な感じはする。

話は戻すが通信設備が整ってなくとも、他のコード類は先端を走る技術は何処にいくのか?支那の野

望か今後に注意です?10Gbpsにも対応しているカテゴリー7(CAT.7)を購入し、いざ接続!

代理店はサンワサプライ株式会社ツメ折れ防止コネクタと丈夫で取り回しの良い細径メッシュを採用

した10GBASE対応のCAT7 LANケーブル、ある情報ではこのケーブルを使いRCAケーブルに使用して

いると聞くが・・・また単線使用も記してあるが、単線RCAケーブル制作も興味あります、良ければ

スピーカーケーブルも試して見たいですね!

CAT.7の謳い文句は「すると、これまで遅かった通信速度が劇的に速くなった。元のカテゴリー5に比

べると6倍速これでストレスなくネットが使えて、万事解決」とあるが現在仕様のカテゴリー6Aと比べ

実際には速度は全く体感できなかった?やはり一般家庭の仕様はカテゴリー6Aで十分であろう!

理由はカテゴリーの数字が5→6→7→8と高くなるほど性能も良くなるが、一般家庭では現状10Gbps

は普及していない(NUROでも2Gbps)ため、カテゴリー7以上はだとオーバースペック気味になる。

またノイズが乗りやすいという欠点もあるので、現状ではカテゴリー6Aか、コスパ重視ならカテゴ

リー6がオススメ!だそうですが筆者のPCソフトはiTunes(月払い)を使用しオーディオインターフ

ェースを経由して音楽を楽しんでいる、ソフトも新しソフトも配信され重宝していますので、筆者と

してはCAT.7んp交換で音楽の音質が良くなればと思い早速交換して視聴する、交換して聴くと音楽

全体に静かになった感じがする?いわゆるスッキリ聴こえる・・・・・当分このLANケーブルを使い

エージングしてみないと評価はできないが、交換して意外と良いのではないかと思う。価格は高額に

なるが単線があるので、RCAケーブル、スピーカーケーブル交換も期待が持てる。撚り線と比べ価格

は高額となるのが考え所なのですが?

しかし現状の製品はCAT8 LANケーブルが主流になるのでしょう。通信設備の今後に期待します。

勿論初段MT管は松下製をこの前仕入れた物を使っている、逆輸入より良く聴こえるが理由は解らな

い。ロゴマークにナショナルのロゴが見えるこの管は比較的新しいものかも知らない・・・・・・・

色々初段MT管は試したが現在多くの種類の6BM8管の中では一番相性は良い物を使い視聴している。

LANケーブル音楽がスッキリ聴こえる、一聴すると綺麗さが感じるが、ボリュームを上げると、確か

に細かなニュアンスは隅々まで繊細に聴こえる、今までより自然に感じた。確かにこのケーブルは情

報量が多く伝わっているかも知れない?

最近狭い筆者の仕事場兼書斎も本棚も一杯で物の置き場所がなくなっている、MT管等も後ろ横もダ

ンボール箱に並べた真空管が一杯だ、現状打破を考慮しなくてはならない、本も最近管球王国も買っ

ている、MT管もハーモナイザー用の管も含め、現在作業台の上に多くのMT管を置き作業台は手狭で、

これで管球自作すれば又々手狭になる、はんだ付けも儘ならない筆者にはキット制作も遠い夢かも知

れないが、何時かはと思ったりする。勿論この他にもRCAケーブル、スピーカーケーブルも多くある

がどれも大切である。

現状アンプも石のアンプも含め7台もあるが、処分となると迷うのだ・・・・・・?何時まで続くか

ごみの部屋になっていく、アンプ付近も交換用の真空管で一杯になった。この辺りが石のアンプには

アンプ付近がスッキリするが、音質を考えると火屋のアンプは手放せない。知らぬ間に初段MT6BM8

管の保存管は26本程にに増えてしまった冷静に考えればPSVANE WE300Bが購入できた金額だ(笑)

以前もこのブログに掲載したKEIKO LEEを今回再度じっくり聴いたが

余分な音がしなくなって、以前より彼女の哀愁のような感じが聴こえる、なにか嬉しくなる。

やはり、歌が上手いのですね!尊敬するはカーメン・マクレエなどのジャズ・シンガーというのも頷

ける。Jポップカバー・アルバムだが中身はJAZZの世界が垣間見える。

愛知県で生まれたケイコ・リー(本名は李敬子)。彼女はけっして幼い頃から教育された生え抜き

ではなく、努力の人である。というのも、ピアノを始めたのはなんと21歳の時であり、しかも独学。

しかし、もともと音楽のセンスには天賦のものがあったのだろう。いつしかプロのピアニストとな

り、ジャズのライヴハウスやホテルのラウンジなどで弾き始めていた。そして、音楽教室を開いてい

る際に、周りの勧めもあって歌も歌い始める。また、ピアニストとして煮詰まり始めていた頃に米国

を旅行。カーメン・マクレエなどのジャズ・シンガーのパフォーマンスに触れ、自らもヴォーカリスト

になることを決意した。

アルバム、Timeless 20th Century Japanese Popular Songs Collection

1. あまく危険な香り

2. ラブ・ストーリーは突然に

3. 桃色吐息

4. ワインレッドの心 feat. TOKU & 小沼ようすけ

ケイコ・リー 『ワインレッドの心』Short PV

5. 胸の振子

6. 我が良き友よ

7. 卒業写真 Keiko Lee Solo(Japanese Version)

8. リバーサイドホテル

9. ルビーの指環

10. かがやき~キッチンより~

11. いい日旅立ち

12. 海を見ていた午後

13. ロンリー・チャップリン feat. Shiho & 五十嵐一生

14. 卒業写真 featuring 佐藤竹善(English Version)

海を見ていた午後、卒業写真、共ユーミンのカバーだが筆者はケイコの歌がうまく感じる

ケイコ・リー 「TIMELESS」トレイラー

音楽プロデューサー 松任谷正隆による「Graduation Photograph(卒業写真) featuring 佐藤竹善」

が印象に残る。スイングジャーナル誌人気投票女性ヴォーカル部門で堂々13年連続(トータル15回)

の第1位に輝く、人気・実力ともNo.1ジャズヴォーカリストとして国内外で人気を確立しているケイ

コ・リーのアルバム。今回のアルバムでは、「ワインレッドの心」、「ルビーの指環」など、誰もが

知る20世紀のエヴァーグリーンなJポップの数々を上質なジャズ・センスでしなやかに歌い上げる、

大人が落ち着いて聴ける作品に。「あまく危険な香り」はミディアム・スローに、「桃色吐息」はケ

イコ・リー最大のヒット曲「ウィ・ウイル・ロック・ユー」のアレンジを手がけた内山肇による多重

ヴォーカルのアレンジになっており、歌本来の魅力を別の角度から浮き彫りにするような内容になっ

ています。

2014年にアルバム「KEIO LEE sings THE BEATLES」でデュエットもした、この歳3月に亡くなっ

た朋友ムッシュかまやつを追悼した「我が良き友よ」も収録したそうだ。

歌本来の魅力を別の角度から浮き彫りにするような感じが好感を持てる、ブラボー!

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 朝の目覚めは淹れたての熱い... | トップ | 初夏の千葉を行く、水郷佐原... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

JAZZ・ボサノヴァ」カテゴリの最新記事