10吋のタンノイ(IIILZ )で聴きたい音楽は何か?

釣好き、カメラ好き、音楽好きの、オーディオ好きのダメオヤジの金ちゃんです。

今改めて聴く『Ella & Louis』エラ・フィッツジェラルド、ルイ・アームストロングによる1956年録音バックはオスカー・ピーターソンのカルテット編成、究極の一枚か?

2019年04月06日 | JAZZ・ボサノヴァ

上の写真を見ると、大御所の「ELLA AND LOUIS」には見えない写真が好印象です。

勿論リリースは1956年と記してある、この頃はJAZZの名盤が多い。

先日購入したステレオサウンド誌『TANNOY』の記事に10吋(IIILZ)を使いCornettaに試聴記事

が詳しく乗っていた、勿論興味津々で熟読したが、

筆者も現在のシステムの記事も掲載しているので紹介するが

GOODMANSのARU付きAXIOM80の箱にIIILZを組み入れたもので、

当然オリジナルのTANNOY IIILZ inCabinet mkIIと比べ随分低域が響き、

今まで味わった事のない響きに感動していたが、

この記事を読むと瀬川氏曰く、「IIILZの重低音の量感など期待したら、完全に裏切られる・・・」

と言う書き出しで始まっているのが不安を感じる・・・

現在の筆者の住居は木造2階建の1階の書斎約11.5畳に上記のGOODMANSのARU付きAXIOM80の箱に

IIILZを組み入れたもので聴いているが余り不満は無い、むしろ満足している。低域は十分聴け、

不満も無く響き以前より低域も自然に響く音、佇まいも日本家屋にも合っていると思う。

筆者の使用するAXIOM80の箱はCornettaをステレオサウンド誌の試聴室で試聴された

神戸在住の「松波 濤」氏監修の物と同じタイプと伺ってます。

勿論Cornettaの音は聴いたことが無いので音の比較などは不明ですがTANNOYの10吋の

IIILZは凄く癖はあるが、とても良いスピーカーな事は確かで

、エンクロージャーもアンプを選ぶ傾向がある。

ピントが合えばJAZZからクラシックまで幅多い音楽が楽しめるとこは事実である、

置き場所、音楽の傾向等で相当癖の強いせいかアンプも選ぶ傾向は強い、

特に設置場所には要注意でSPには壁を近づけなく最低1Mは離すのが良い音が期待出来る、

又多分Cornetta等のコーナー型SPも壁から塩梅よく離して聴くのが良いのじゃないかな?

近づけるとやけに低域が出すぎる様に感ずる。

今まで駆動するアンプだけでも8台を投入したが、

やはり直熱真空管がこれででやっと落ち着き音楽を楽しめそうである。

もちろんラックスのおまけの真空管のハーモナイザー、2Wのプリメインアンプも価格的に

はそれなりの音はするが、現在の300B使用のSV-501SEパワーアンプで聴くには

大変良いエンクロージャーに癖があるので、アンプはなるべく癖のない物が良いと思うが、

TANNOYの性格上其の辺りのアンプ選びが面白い、

以前筆者もいずれも使用したマッキン、ラックス等は昔から相性の良いとされ定評があるようですが、

何故かいずれもアンプの癖が鼻に付き今は違う物を選んで聴いている。

貧困老人のしがないオーディオ愛好家には高価なアンプは使えないが、

今まで使った英国の石のアンプとの相性は良かったが300Bを聴くと思わず笑ってしまった。

現在仕事は半分程リタイヤして音楽は平均毎日4~5時間程度効く時間が多く、

最近やっと相性の良いSV-501SEパワーアンプに出会えた。


最近良く聴くのがヴォーガルが多い、特にバッハのカンタータ、オペラ、ワグナー等が多い、

勿論JAZZもヴォーガルを聴く事が多くなった。勿論昔からヴォーガルは好きだったが、

今までは筆者のオーディオ装置がヴォーガルを上手く鳴らせなかったが

最近やっと聴ける音の様になった。

このシステムで聴くいかにもリアルに「ELLA AND LOUIS」は目の間で歌うようだ。

一番大切な事はエンクロージャーが歌うんじゃなく、ELLA AND LOUISに歌って欲しい。
今回リニューアルされた改良ロット品と紹介された PSVANE 貴族之声 300B Hifi マッチドペア
を購入し100時間のエージングも済新しい300Bで聴くが大変よろしい。

兎に角SV-501SEから流れる音は今までの音と違い2人が1950年代後期にヴァーヴ・レコードから出した

コラボレーション・アルバムは、ジャズの歴史において最高の、そして記憶に残るデュエット作品

今まで聴けなかった昔の音を醸し出してくれるようなアンプなんですよ!

音質が良いなどの次元が違う懐かしい匂いのする、エラの声はあくまで上品で、

滑らかなメロディ・ラインが心地よく耳を愛撫してくれる。

一方ルイのヴォーカルは対照的にザラついたダミ声で、耳障りな咆哮はまるで垢抜けないものだ。

そんな二人の声を並べて聴いてみると、まさしく美女と野獣の出逢いとでも表現すべき

マッチングではあるものの、その声質のコントラストが生み出す特異な音楽的ケミストリーが、

彼らのレコードを聴く人たちの心を動かし、忘れられないものにしているのである。

Ella Fitzgerald and Louis Armstrong - Ella and Louis (1956) -[Classic Vocal Jazz Music]

今回は筆者も昔から大好きな演奏がピーターソントリオプラスをバックに歌う

「ELLA AND LOUIS」が大変雰囲気も良い。

この二人の作品は多く素晴らしい演奏です。演奏の再現ならある程度の装置で鳴るが、

ヴォーガルは「ELLA AND LOUIS」の個性の強い歌声は簡単には聴こえない。

今まで聴きたいが聴かなかった歌が何時でも聴けるようになったのは大変ありがたい。

【レーベル】(Verve)

1.お友達になれない?00:03:48  Can't We Be Friends

2.イズント・ジス・ア・ラヴリー・デイ00:06:16 Isn't This A Lovely Day

3.ヴァーモントの月00:03:43  Moonlight In Vermont

4.誰も奪えぬこの思い00:04:39  They Can't Take That Away From Me

5.青空の下で00:04:18  Under A Blanket Of Blue

6.テンダリー00:05:09  Tenderly

7.霧深き日00:04:33       A Foggy Day

8.アラバマに星落ちて00:03:34  Stars Fell On Alabama

9.チーク・トゥ・チーク00:05:54  Cheek To Cheek

10.あなたのそばに00:05:42  The Nearness Of You

11.エイプリル・イン・パリ   April In Paris

此処に見つけた一枚の写真、いかにも田舎の夫婦のような穏やかなショットが最高であるよく見ると

LOUISの手にはトランペットを持っている、スタジオでの写真が印象的である。

【演奏者一覧】

Ella Fitzgerald(vo) Louis Armstrong(tp,vo)

Oscar Peterson (p) Herb Ellis (g) Ray Brown(b) Buddy Rich (ds)

【収録情報】1956/08/16

ジャズ界の大兄貴”サッチモ(ルイ・アームストロング)”と大姉御”エラ(・フィッツジェラルド)の軽妙

なやりとりの共演、”サッチモ”は本職(?)のトランペットと持ち替え、ながら”エラ”と楽しんで唄って

おります。

”エラ”は元々最高に唄の上手い歌手ですが、その実力を如何なく発揮しております。

サイドメンはやたら凄いメンバーで演奏だけでも聴きたいメンバーでもです。

ピアノのオスカー・ピータソン、ギターのハーブ・エリス、ベースの”レイ・ブラウン、ドラムスの

バディ・リッチ”と夢のメンバーです。

歌うはブロードウェイのヒットソングの数々、もう文句はありません。

この二人も多くのヒットレーベルがありますが、共演のレコードはこれだけだと思います。

エラとルイの組み合わせは、運命によって導かれた音楽的婚姻関係であり、

それから60年以上が経過した

今日においても、彼らのレコーディングはその魅力も輝きもまるで何ひとつ失っていない。

そのことは『Cheek To Cheek: The Complete Duet Recordings』を

一度聴いただけで分かるはずだ。

これは2人の関わりを讃えるために新たに発売された4枚組CDコレクションである。

ヴァーヴで2人が一緒にレコーディングした3枚のアルバムに加え、

デッカからリリースされた全シングル曲と、ハリウッド・ボウルで録音されたライヴ音源、

更にレアな別テイクやNGテイクまでが網羅されている。

豊かな才能の宝庫という表現がぴったりの、ジャズ史に残る最高のデュオの記録だ。

2人によるヴァーヴのためのアルバムのレコーディング・セッションの開始日は1956年8月16日、エ

ラとルイがグランツが手掛けた中でも最も記憶に残るJ.A.T.P.コンサートのひとつだったハリウッド・

ボウルでのライヴの翌日だった。エラ・フィッツジェラルドは明らかにルイ・アームストロングにゾ

ッコンだった。元々彼の長年のファンであった彼女は、ジャズ界の大先輩が気持ちよくいられるよう

絶えず気を配り、彼のコンフォート・ゾーンを侵すようなことは一切しなかった。ノーマン・グラン

ツによれば、彼女はレコーディング全編にわたってすべてルイに決定権を委ね、憧れの人とスタジオ

での時間を分かち合えることにただただ喜びを感じている様子だったそうだ。「ルイとアルバムを作

っていた時の彼女は、曲選びも彼に任せると言って譲らなかったし、全曲彼のキーに合わせて歌って

いたよ、それがどんなに彼女には歌いにくくてもね」。

下のペットはルイ・アームストロング愛用のものだそうです。

大物どうしの豪華なカップル。ジャズ史上、いまだにエラ&ルイを凌ぐ顔合わせは実現していないの

ではないか。聴く者を楽しませるエンタテイナーとして、共に卓越したセンスと実力のキング&クイ

ーンだけに、息の合った歌声を堪能できる。

Louis & Ella - Dream A Little Dream Of Me (HD)

今後も、少し古いが音質より素敵な音楽を、楽しみたいと思う「名盤」を見つめ(聴き)直していき

たい。2人が本物の恋人のような雰囲気を醸し出しているのも素敵だ、

其れとサイドメンは大好きなピーターソン・トリオが光る。ヴィンテージエンクロージャーで聴くこ

のSV-501SEの300Bのパワーアンプで1950年台の「ELLA AND LOUIS」音に勿論手放せなくなる

匂いの音が鳴った、このような匂いを聴きたかったのかもしれない。決してトランジスターアンプで

は味わえない香りの音です。彼らのデュエットをこんなにも耳に心地よいものにしているのは、2人の

ヴォーカルのくだけた会話のような掛け合いぶりである。19歳という年齢差にも拘わらず、2人の醸

し出す親近感は、世代間の壁などたちまちのうちに消え去ったのだろうと思わせる。

実際、この組み合わせの最初のアルバムのジャケットに使われた写真、エラとルイがスタジオの中で、

普段着らしい夏服姿で隣同士に座っているオフショットからは、

彼らが互いに一緒に過ごすことをどれほど快く感じていたかが伝わってくる。

もっとも、エラ・フィッツジェラルドは自分のヒーローのパロディを披露することに臆するような歌手ではなく、

ルイ・アームストロングのハスキーながなり声も完璧にマスターしていた。

1961年の彼女の珠玉のライヴ・アルバム『Ella In Berlin』を聴いた方は誰でも、彼女が

ルイ・アームストロングお気に入りのナンバーだった「Mack The Knife」で即興的に彼の魂を召喚

した様子が忘れられないだろう。また、エラとルイの組み合わせは、運命によって導かれた

音楽的婚姻関係であり、それから60年以上が経過した今日においても、

彼らのレコーディングはその魅力も輝きもまるで何ひとつ失っていない。

大変申し訳無いが最近のジャズボーガルを聴く前に是非Ella & Louisを聴いて欲しい。

今回購入のPSVANE 貴族之声 300Bは以前の白袴と比べ音にコクがでた感はある。ブラボー!


コメント   この記事についてブログを書く
« PSVANE 300B Hifi 真空管でケ... | トップ | 房総、いすみ鉄道のムーミン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

JAZZ・ボサノヴァ」カテゴリの最新記事