10吋のタンノイ(IIILZ )で聴きたい音楽は何か?

釣好き、カメラ好き、音楽好きの、オーディオ好きのダメオヤジの金ちゃんです。

二匹目の泥鰌になるのか?ヴィオラ版「バッハの無伴奏」で試聴、PSVANE 貴族之声 300B (70mA, Cossor 銀色脚座)の考察。

2019年10月09日 | 真空管アンプ・オーディオ

300Bファンは大変大勢いらっしゃると思う、皆さん出来れば本物のWEで聴きたいと思うが
しかしWE社でも製造は行ってないので、代替品で聴く方も多いと思う、勿論筆者もその一人だが
先日購入した梱包箱が大理石風にリニューアルされた改良ロット品。
PSVANE 貴族之声 300B マッチドペア(黒袴)を購入し
エージングも進み以前購入のPSVANE 貴族之声 300B(白袴)と比べ
随分同一メーカーでも音質の傾向同じだが、黒袴の音が良い。エージングが進むに連れ、
今回購入品が生々しく聴こえ300Bの直熱管のポテンシャルの高さを味わえた。
今回PSVANEを扱っている、キャッチフレーズが気になる・・・・・・・・・・
[Shadow Oasis] PSVANE 貴族之声 300B マッチドペア 2本1組 正規工場産 真空管 (70mA, Cossor 銀色脚座)
今回購入のCossor300Bである、表示面に大きめのCossorのロゴが目立つ。


Cossorとは・・・・・・
アルフレッド・チャールズ・コッサー(1861-1922)は、1890年頃に
クラーケンウェル(ロンドン)に小さな科学ガラス製品事業を設立しました。
アルフレッド・コッサーは職人であり、
彼の事業はクルークス管やX線管などの専門機器を製造しました。 
1902年、ブラウンブラウン管の最初の英国の例が彼らによって作られました。
そのCossor社のような感じの球とメーカーは称しているようです。
本品は英国Cossor社の古典球レプリカで、古典球のほんのり甘いコクと、
現代技術によるキレとの両方の特徴を併せ持った孤高の商品です、とある。
もちろん音質や信頼性への評価は高く、
メッシュプレートと独特のブルーガラスもそれらのプレミアム感を演出しています。
パッケージも以前と違いペアー商品のような梱包も購買意欲をそそる、
価格は以前購入のPSVANE 貴族之声 300Bより高額だが、
それが事実なら英国の音の匂いを味わいたく購入を決めた。
最近消費税は10%に値上がりしたが、ネット上にはヤフオク、Amazonから購入できる
価格の安価なAmazonで購入してみる。配送費用込で価格は税込み約3万円也であった。
こうなると筆者も相当のおバカぶりを発揮する。でも興味津々である。
以前も仕入れ先の本人様より連絡あり、WE300Bと比べるとさすがWE300Bには敵わない、
とのコメントを頂く、真とこに親切な方で信用できます。


注文して3日程度にてCossor300Bが到着する、試聴が楽しみです。
目立つ赤ベタ白抜きのCossorが明記された小箱は硬く中はクッション材が入り
意外と頑丈な箱に入って想像以上頑丈は梱包も意外と丁重である、



頭の部分は前回のPSVANE 貴族之声 300B(黒袴)と同様です。
よく見るとWEの作りによく似た、釣り竿型のようである。


本体も勿論、足部分は金メッキで施してあり実に丁重な作りを物語る。
前回のPSVANE 貴族之声 300B マッチドペア(黒袴)の足部分より綺麗な感じです。
良く見るとElrog300Bの作り方に似ている。丁寧な作りに共感を覚える。
このような少し違った300Bを見て思うはビジュアルの綺麗さもある程度の満足感はある。


データーも丁寧に明記され、このような梱包で届くと音まで期待してしまう。
でもいくらデーター状優れていても実際聴くと、唖然として違う音が感じる
データーだけの情報なら石のアンプが優れていることは承知のうえです。その辺りは趣味の世界だ。
例えば300Bも本家のWE、高槻、Elrog(ドイツ製)等構造は同じだが音は違うであろう



今気になるのはElrog300BがST管の形でなく普通の形の音が気になりますが
価格は相当高額ですが、現行の球ですので、何時でも入手できる点は良い。
勿論WEのオリジナルは大変良いと思うが、
復刻版のWE入手もままならずの程度の状況でアウトである。
復刻版のWE製作の噂は聞くが状況は全くわからないのが現状である。
そのため現行メーカーの球は消費者に取っては誠に有り難い。
簡単に入手できる製品が良いと思う。
今思うは、PSVANEでもある程度「らしさ」があれば満足してしまう・・・・
下写真は動作中の写真で、見た目にはこのように見える
少しアンダー気味で撮るとそれなりにアンテーク感が漂いいい感じに撮れた
シャター速度1/30で遅く久しぶりに三脚を使って撮影してみた。



早速新しいPSVANE 貴族之声 Cossor300BをSV-501SEに装着します。
前段管は定評のあるプリ管は6BM8 松下電器(ナショナル)で聴く、
6BM8のペアー管の東芝製と比べるが松下製の音が澄んでいる。
ある程度の電源を入れエージングを試み、Cossor300Bを早速視聴する、
聴き始め感じたことは、全体的におとなしめの音がする・・・当初の感想だ!


音源は今井信子(ヴィオラ奏者)日本ではカザルスホールの音楽アドヴァイザーを務めたほか、
<カザルスホール・アンサンブル>、<ヴィオラスペース>などの企画・演奏に携わる。


バッハ:無伴奏チェロ組曲(全6曲)を試聴する、実はこの曲は見事なバッハの音楽世界だが、
原曲よりオクターヴ高い音なので、幾分あかるくかろやかな印象を残す。
特に音質チェックには最適でこれが上手く鳴れば弦楽器の響きが想像できる、
明るく爽やかな透明感溢れるヴィオラ演奏が好きです。
けっして表面的な軽量級の演奏ではありません。
聞き手のどんなシチュエーションでも構えることなく自然に聞き始められ、
聞いているうちに曲の素晴らしい世界に浸ることができるでしょう。
今井信子は高音に美しい響きがあり思わず聴き惚れてしまう。


リリアン・フックスは有名なジョセフ・フックスの妹であり、のヴィオラ版「無伴奏」も良い、
特にけっこう太い音のビオラで好きです。
バッハ:無伴奏チェロ組曲〔ヴィオラ編曲版〕(全曲)
 リリアン・フックス(Va)
 録音:1952~1954年(モノラル)
テンポを自由に変えたり、ポルタメントをきかせたり、激しいアタックで弾いたりが気になるのですが、


それ以上に表現しようとするものが伝わってくる深い演奏だが
何せ録音が古く音質は劣るがヴィオラで演奏する先鞭をつけたことで知られ、
これは彼女の代表的な録音として有名なもの。
でもじっくり味わうとリリアン・フックスの線の太さの豊かさが魅力で味わいがある。
このような音は真空管でした味わえない倍音の美しさなんだろう。


エージングも余り進んで無いが、今後このPSVANE 貴族之声Cossor300Bの変化が楽しみである。
JAZZ系統も良いが、特にクラッシックには向いているような感じがする。
何となくおとなしい感じはする匂いがり、今後ヴォーガルもじっくり聴いて見ます。
本物のWE300Bは店頭でしか聴いてなく比べる事はできないが、
筆者の持参するCossor300Bの球ではこれが最右翼であろう、
色々コメントを頂いたKeller Walterさんありがとうございました。
見た目も美しくビジュアル的にも良い感jがした、ブラボー!
コメント   この記事についてブログを書く
« かなり曖昧な記憶だが最初に... | トップ | 真空管Cossor300Bに交換し、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

真空管アンプ・オーディオ」カテゴリの最新記事