万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3764 山川を3501

2020年11月01日 | 万葉短歌

2020-1101-man3764
万葉短歌3764 山川を3501

山川を 中にへなりて 遠くとも
心を近く 思ほせ我妹  中臣宅守

3501     万葉短歌3764 ShuH294 2020-1101-man3764

□やまかはを なかにへなりて とほくとも
  こころをちかく おもほせわぎも
〇中臣宅守(なかとみの やかもり)=第3723番歌注参照。
【編者注】中臣宅守・・・六十三首(3723~3785)の第42首、贈答歌群48首(3731~3778)の第34首。男。
【訓注】山川(やまかは)。へなりて(敝奈里弖)。心を近く(こころをちかく=許己呂乎知可久)。思ほせ我妹(おもほせわぎも=於毛保世和伎母)。
【2020年11月01日】2010年11月01開設から満10年 3652日
【アクセス数】トータル閲覧数999703PV トータル訪問数289778UU


この記事についてブログを書く
« 休載期間 | トップ | 万葉短歌3765 まそ鏡3502 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事