万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌2225 我が背子が2056

2016年09月16日 | 万葉短歌

2016-0916-man2225
万葉短歌2225 我が背子が2056

我が背子が かざしの萩に 置く露を
さやかに見よと 月は照るらし  

2056     万葉短歌2225 ShuE620 2016-0916-man2225

わがせこが かざしのはぎに おくつゆを
 さやかにみよと つきはてるらし
=未詳。
【編者注】「詠月」(10-2223~2229、七首)の第3首。秋雑歌(10-1996~2238、二百四十三首)の第230首。
【訓注】我が背子(わがせこ=吾背子)。萩(はぎ=芽子)。


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌2224 この夜らは2055 | トップ | 万葉短歌2226 心なき2057 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事