万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌0673 まそ鏡0608

2012年07月28日 | 万葉短歌

2012-0728-man0673
万葉短歌0673 まそ鏡0608

まそ鏡 磨ぎし心を ゆるしてば
後に言ふとも 験あらめやも  大伴坂上郎女

0608     万葉短歌0673 ShuB592 2012-0728-man0673

□まそかがみ とぎしこころを ゆるしてば
 のちにいふとも しるしあらめやも
○大伴坂上郎女(おほともの さかのうへの いらつめ)=第380歌(初出)など84首参照。
【編者注】題詞原文は「大伴坂上郎女歌二首」。その第一首。
【訓注】まそ鏡(まそかがみ=真十鏡)[572歌]。ゆるしてば(縦者)。あらめやも(将在八方)。


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌0672 しつたまき0607 | トップ | 万葉短歌0674 真玉つく0609 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事