万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌1911 さ丹つらふ1745

2015年10月25日 | 万葉短歌

2015-1025-man1911
万葉短歌1911 さ丹つらふ1745

さ丹つらふ 妹を思ふと 霞立つ
春日もくれに 恋ひわたるかも  

1745     万葉短歌1911 ShuE336 2015-1025-man1911

さにつらふ いもをおもふと かすみたつ
 はるひもくれに こひわたるかも
=未詳。
【編者注】「寄霞」6首(1909~1914)の第3首。「春相聞(10-1890~1937、四十七首)」の第22首。
【訓注】さ丹つらふ(さにつらふ=左丹頬経)[03-0420、-509(各長歌)狭丹頬相、06-1053(長歌)狭丹頬歴、10-1911左丹頬経、11-2523散頬相]。春日(はるひ)。くれに(晩尓)[08-1539闇尓(くらけくに)]。


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌1910 春霞1744 | トップ | 万葉短歌1912 たまきはる1746 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事