万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3877 紅に3609

2021年02月19日 | 万葉短歌

2021-0219-man3877
万葉短歌3877 紅に3609

紅に 染めてし衣 雨降りて
にほひはすとも うつろはめやも  ○

3609     万葉短歌3877 ShuH581 2021-0219-man3877

□くれなゐに そめてしころも あめふりて
  にほひはすとも うつろはめやも
○=作者未詳。
【編者注】第3部(3855-3889、三十五首)の第22首。女。題詞に、「豊後(とよのみちのしりの)国白水郎(あまの)歌一首」。
【訓注】豊後国[大分県の大半]。にほひ(尓保比)。うつろはめ(移波米)。


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌3876 豊国の3608 | トップ | 万葉短歌3881 大野道は3610 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事