万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌0893 世の中を0820

2013年03月10日 | 万葉短歌

2013-0310-man0893
万葉短歌0893 世の中を0820

世の中を 厭しと恥しと 思へども
飛び立ちかねつ 鳥にしあらねば  山上憶良

0820     万葉短歌0893 ShuC186 2013-0310-man0893

よのなかを うしとやさしと おもへども
  とびたちかねつ とりにしあらねば
山上憶良(やまのうへの おくら)=第63歌参照。
【編者注】題詞原文は、「貧窮問答歌一首 并短歌」(末尾三字は脚注)。第892歌は、憶良の代表作「貧窮問答歌」(びんぐもんだふか/ひんきゅうもんどうか)。「<反歌>の一行がなく、それが長歌に対して独立する形になっている」。
【訓注】[真名仮名略対応](下記原文参照)。
【第893歌原文】世間乎 宇之等夜佐之等 於母倍杼母 飛立可祢都 鳥尓之安良祢婆


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌0891 一世には0819 | トップ | 万葉短歌0895 大伴の0821 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事