万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3731 思ふ故に3468

2020年09月28日 | 万葉短歌

2020-0928-man3731
万葉短歌3731 思ふ故に3468

思ふ故に 逢ふものならば しましくも
妹が目離れて 我れ居らめやも  中臣宅守

3468     万葉短歌3731 ShuH273 2020-0928-man3731

□おもふゑに あふものならば しましくも
  いもがめかれて あれをらめやも
〇中臣宅守(なかとみの やかもり)=第3723番歌注参照。
【編者注】中臣宅守・・・六十三首(3723~3785)の第9首、贈答歌群48首(3731~3778)の第1首。男。
【訓注】思ふ故に(おもふゑに=於毛布恵尓)[読下し<故/ゑ>訓は、集中ここだけ。「<ゆゑに>の約・・・」]。しましくも(之末思久毛)。離れて(かれて=可礼弖)。我れ(あれ=安礼)。


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌3730 畏みと3467 | トップ | 万葉短歌3732 あかねさす3469 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事