万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3767 魂は3504

2020年11月04日 | 万葉短歌

2020-1104-man3767
万葉短歌3767 魂は3504

魂は 朝夕に たまふれど
我が胸痛し 恋の繁きに  狭野弟上娘子

3504     万葉短歌3767 ShuH307 2020-1104-man3767

□たましひは あしたゆふへに たまふれど
  あがむねいたし こひのしげきに
〇狭野弟上娘子は(さのの おとかみの をとめ)=第3723番歌参照。
【編者注】中臣宅守・・・六十三首(3723~3785)の第45首、贈答歌群48首(3731~3778)の第37首。女。
【原文】15-3767  多麻之比波 安之多由布敝尓 多麻布礼杼 安我牟祢伊多之 古非能之気吉尓  狭野弟上娘子
【編者注-魂】<たましひ>訓の出現は、集中この1か所。


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌3766 愛しと3503 | トップ | 万葉短歌3768 このころは3505 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事