万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌2425 山科の2237

2017年03月27日 | 万葉短歌

2017-0327-man2425
万葉短歌2425 山科の2237

山科の 木幡の山を 馬はあれど
徒歩より我が来し 汝を思ひかねて  

2237     万葉短歌2425 ShuF100 2017-0327-man2425

やましなの こはたのやまを うまはあれど
 かちよりあがこし なをおもひかねて
=柿本人麻呂歌集。
【編者注】「寄物陳思」(2415~2507、93首)の第11首。男。
【訓注】山科の木幡の山を(やましなのこはたのやまを=山科強田山)[宇治市北、JR木幡駅東、平尾山。西に京都市伏見区、山科区が隣接する]。徒歩より我が来し(かちよりあがこし=歩吾来)。汝を(なを=汝)。


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌2424 紐鏡2236 | トップ | 万葉短歌2426 遠山に2238 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事