万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3790 あしひきの3527

2020年11月27日 | 万葉短歌

2020-1127-man3790
万葉短歌3790 あしひきの3527

あしひきの 玉縵の子 今日のごと
いづれの隈を 見つつ来にけむ  ○

3527     万葉短歌3790 ShuH351 2020-1127-man3790

□あしひきの たまかづらのこ けふのごと
  いづれのくまを みつつきにけむ
○=作者未詳、壮士(をとこ)三。
【編者注】第1部(3786-3815、三十首)の第5首。男。
【訓注】あしひきの(足曳之)。玉縵の子(たまかづらのこ=玉縵之児)。今日(けふ)。隈(くま)[「異霊のこもる場所・・・他界に連なる間所」。01-0017(長歌)道隈(みちのくま)、-0025(長歌)隈毛不落(くまもおちず)、など]。


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌3789 あしひきの3526 | トップ | 万葉短歌3792 死なばこそ3528 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事