万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌2864 我が背子を2676

2018年06月26日 | 万葉短歌

*** 万葉集 巻12 正述心緒の部(2864-2963、100首) 始 ***

2018-0626-man2864
万葉短歌2864 我が背子を2676

我が背子を 今か今かと 待ち居るに
夜の更けゆけば 嘆きつるかも  

2676     万葉短歌2864 ShuF490 2018-0626-man2864

わがせこを いまかいまかと まちをるに
  よのふけゆけば なげきつるかも
=出典未詳。
【編者注】「正述心緒」(せいじゅつしんしょ、2864-2963、100首)の第1首。女。
【原文】12-2864  吾背子乎 且今々々跡 待居尓 夜更深去者 嘆鶴鴨  作者未詳


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌2863 浅葉野に2675 | トップ | 万葉短歌2865 玉釧2677 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事