万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌2000 天の川1833

2016年01月23日 | 万葉短歌

2016-0123-man2000
万葉短歌2000 天の川1833

天の川 安の渡りに 舟浮けて
秋立つ待つと 妹に告げこそ  

1833     万葉短歌2000 ShuE413 2016-0123-man2000

あまのがは やすのわたりに ふねうけて
 あきたつまつと いもにつげこそ
=柿本人麻呂歌之集出(1996~2033、38首の第5首)。
【編者注】「七夕」(しちせき、1996~2093、98首)の第5首。秋雑歌(10-1996~2238、二百四十三首)の第5首。
【訓注】天の川(あまのがは=天漢)。安の渡り(やすのわたり=安渡)[安の川は記紀神話所出の川]。


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌1999 赤らひく1832 | トップ | 万葉短歌2001 大空ゆ1834 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事