万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌1884 冬過ぎて1720

2015年09月30日 | 万葉短歌

2015-0930-man1884
万葉短歌1884 冬過ぎて1720

冬過ぎて 春し来れば 年月は
新たなれども 人は古りゆく  

1720     万葉短歌1884 ShuE310 2015-0930-man1884

ふゆすぎて はるしきたれば としつきは
 あらたなれども ひとはふりゆく

=未詳。
【編者注】題詞は「歎旧(たんきう)」(1884~85、2首)、その第1首。「春雑歌(10-1812~1889 七十八首)」の第73首。
【訓注】冬過ぎて(ふゆすぎて=寒過)。春し来れば(はるしきたれば=暖来者)。


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌1883 ももしきの1719 | トップ | 万葉短歌1885 物皆は1721 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事